構成設定

Posted by muchag | CakePHP 3.x | 2018-02-14 (水) 13:12:41


公式:構成設定

【環境】
CakePHP: 3.5.8
php: 7.1.5
独自設定ファイル

CakePHP3 の設定ファイルは

/config/app.php

だけど、独自設定ファイルも配置できる。

配置
/config/my_conf.php

プラグイン内なら

/plugins/MyVendor/MyPlugin/config/my_conf.php
読込
/config/bootstrap.php

try {
    Configure::config('default', new PhpConfig());
    Configure::load('app', 'default', false);
    Configure::load('my_config', 'default', false);
} catch (\Exception $e) {
    exit($e->getMessage() . "\n");
}

このように追記することで
独自設定ファイルを追加できる。

プラグイン内(全体 bootstrap.php)

プラグイン内に追加した場合は


Configure::load('MyVendor/MyPlugin.my_config', 'default', false);

こう書くのだけど、


Plugin::load('MyVendor/MyPlugin');

プラグイン読込宣言よりも後ろに記述しないといけないので
実際には、プラグイン読込宣言を前に持ってくるか
プラグイン読込宣言の後ろで定義する。

プラグイン内(プラグイン bootstrap.php)

プラグイン側の bootstrap.php に記述する手法。

/plugins/MyVendor/MyPlugin/config/my_conf.php
/config/bootstrap.php

Plugin::load('MyVendor/MyPlugin', ['bootstrap' => true]);
/plugins/MyVendor/MyPlugin/config/bootstrap.php

try {
    Configure::load('MyVendor/MyPlugin.my_config', 'default', false);
} catch (\Exception $e) {
    exit($e->getMessage() . "\n");
}
参考サイト

新人Webエンジニアの記録。:CakePHP3のConfigureクラスに関して調べました(2015-01-18)

CakePHP 3.x | 2018-02-14 (水) 13:12:41 |

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment