プラグイン開発 -> Template

Posted by muchag | CakePHP 3.x | 2018-02-25 (日) 21:45:15


公式:ビュー ビューテンプレート

【環境】
CakePHP: 3.5.11
php: 7.1.5
概要

View クラスから利用される実際の HTML 部、という理解で合っているのかしらね~。

また定義はよくわかっていないけど、要はフロント部分を格納する場所。

種類
  • テンプレート: テンプレートは実行中のアクション固有のページの一部分です。 アプリケーションの応答の中心となります。
  • エレメント: 小さな、再利用可能なちょっとしたコードです。エレメントは通常、 ビューの中で描画されます。
  • レイアウト: アプリケーションの多くのインターフェイスをくるむ表示コードを入れる テンプレートファイルです。ほとんどのビューはレイアウトの中に描画されます。
  • ヘルパー: これらのクラスはビューレイヤーの様々な場所で必要とされるロジックを カプセル化します。とりわけ、CakePHP のヘルパーはフォームの構築や AJAX 機能の構築、 モデルデータのページ切替、RSS フィードの提供などの手助けをしてくれます。
  • cells: これらのクラスは、自己完結型のUI部品を作成する 小さなコントローラー風の機能を提供します。 より詳しい情報は ビューセル を参照してください。

公式には、これだけの情報が載っているけど
プラス Bake で吐き出されるファイルのテンプレートも存在する。

ファイル配置

コントローラ名と同一のディレクトリ内に
アクション名の .ctp ファイルを配置することで
自動的に読み込んでくれる。


src
 ┣ Controller
 ┃  ┣ AdminController
 ┃  ┗ FrontController
 ┗ Template
   ┣ Admin
   ┃  ┣ index.ctp
   ┃  ┗ view.ctp
   ┗ Front
     ┣ index.ctp
     ┗ view.ctp

カスタマイズ

Controller 参照。

変数の受け渡し

Controller 参照。

継承

公式:ビュー ビューの継承
公式では「ビューの継承」となっている。

これもいいね~♪

CakePHP 3.x | 2018-02-25 (日) 21:45:15 |

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment