インストール 1.7.3 VirtualHost 編

Posted by muchag | XAMPP | 2011-05-17 (火) 23:50:10

インストール 1.7.3
の番外編記事。

1.8.1 のときの記事

【環境】
XAMPP for Windows: 1.7.3

私は、Eclipse PDT を利用するに当たって
Eclipse ワークスペースを DocumentRoot としたいがために利用した。

XAMPP ディレクトリ\apache\conf\httpd.conf

に設定してもよいのだが
せっかく httpd.conf に

  1. # Virtual hosts
  2. Include "conf/extra/httpd-vhosts.conf"

とファイルを切り分けてあるようなので

XAMPP ディレクトリ\apache\conf\extra\httpd-vhosts.conf

に設定する。

  1. # Be sure to only have this line once in your configuration
  2. NameVirtualHost 127.0.0.1:8080
  3. # This is the configuration for your project
  4. Listen 127.0.0.1:8080
  5. <VirtualHost 127.0.0.1:8080>
  6.     DocumentRoot "J:\Eclipse_PDT\cakeprojects\myapp"
  7.     DirectoryIndex index.php
  8.     <Directory "J:\Eclipse_PDT\cakeprojects\myapp">
  9.         AllowOverride All
  10.         Deny from All
  11.         Allow from 127.0.0.1
  12.     </Directory>
  13. </VirtualHost>

 
このように設定してやることで

J:\Eclipse_PDT\cakeprojects\myapp\index.php

に、ブラウザから
http://localhost:8080
でアクセスできる。

XAMPP | 2011-05-17 (火) 23:50:10 |

MySQL が起動しない

Posted by muchag | XAMPP | 2010-07-11 (日) 17:42:37

本日PCを起動したら、突然 XAMPPMySQL が起動しなくなった。

【環境】
[OS] WindowsXP SP3
[XAMPP] 1.7.3
状況

コンパネには
busy…
MySQL service started
と出ているのに
running にならないし
ブラウザから PHP ファイルにアクセスしてもエラーになる。

「サービス」のチェックを外しても動かない。

「Start」「Stop」を繰り返しているうちに
コンパネに「terminating worker thread 1」と表示された。
 

模索

早速グーグル先生に聞いてみたが
「terminating worker thread 1」に関連する直接的な解決方法は得られず
「以前インストールした MySQL のゴミが・・・」
という情報ばかり。

MySQL インストールは今回が初めて。

ポート関連も調べてみたけど
「3306」は競合していない。

大体昨日の夜まで問題なかったやんか~!

ん~。探し方が悪いのか。。。

作業ができないので、ひとまずは XAMPP の再インストールで誤魔化そう。
 

一部解決

1日経って 2010-07-12。本日もまたMySQLが動作しなくなった。
全く同じ症状である。

再現性について考えてみると、PCの再起動。

・・・
・・・・
・・・・・

あああああああああああ!

my.ini

か!

文字化け対策で my.ini の改変をするのに
面倒くさいから、別PCにセットしてある XAMPP の中から my.ini をパクった。

開いてみると・・・あ~ 確かにパスがおかしい。
パスを現在のPCに合わせて修正し、保存。

うん、動く。MySQL が動く。

これが「terminating worker thread 1」への対処かどうかはわからないけど
ともあれ、動くようにはなった。

それにしても、これが原因ということは、my.ini をいじった後
MySQL を再起動しなかったっていうことか・・・。大反省。
 

別の問題

ところで、なぜ一部解決か、というと。

MySQL は、手動では動くようになったものの
Windowsサービスとしては動かない。

なぜだろう。

XAMPP | 2010-07-11 (日) 17:42:37 |

インストール 1.7.3

Posted by muchag | XAMPP | 2010-05-24 (月) 23:20:41

2年ぶりに XAMPP のインストールに挑戦!

今回は

【環境】
[OS] WindowsXP SP3
[XAMPP for Windows] 1.7.3

前回の備忘録 インストール 1.6.6

1.DL


XAMPP 公式(日本語ページ) より DL
ファイル名:xampp-win32-1.7.3.exe
2010-05-24 現在、XAMPP の最新バージョンは、1.7.3
 

2.インストール&起動

DL したファイルをダブルクリック

む? 前回と違い言語選択が出ない・・・。

インストール先は、ご随意に。以降、インストール先を「XAMPPフォルダ」とする。

インストール後、コマンドプロンプトウィンドウが起動する。

お? タイムゾーンを自動的に”Asia/Tokyo”に設定してくれたようだ。
 
インストールが終了したら
デスクトップにできた XAMPPコントロールパネル のショートカットから起動。

 

最低限 Apache に、
後は必要なサービス(Svc)にチェックを入れて、それぞれ「Start」。
と、あちこちのサイトに書いてあるが
MySQL は、Svc にチェックを入れると動かないことが多い・・・私だけ?

 

3..htaccess の配置

インストールしただけだと、外部からアクセスできる設定らしいので

  1. Order deny,allow
  2. Deny from All
  3. Allow from localhost 127.0.0.1

以上の3行をメモ帳などのテキストエディタで作成し、

XAMPPフォルダ/htdocs

へ保存。
ローカルの別PCからアクセスしたい場合は、

  1. Allow from ***.***.***.*** ←ローカルIPアドレス

を追加。

みゅ?
htaccess.txt というファイル名を .htaccess にしようとしたら
Windowsに「ファイル名を入力してください」と怒られた・・・
まぁ 確かに拡張子だけっぽいわな・・・

仕方ないので、Web上で作った .htaccess をDLして
上書きして作った。
前回はどうやったんだろうなぁ。
 

4.セキュリティ の設定

ダラダラ長い手続きだけど、1行ずつ進めていけば大丈夫♪
 

MySQL と XAMPP

XAMPPメニュー上で、MySQL と XAMPP の設定
http://localhost/xampp/index.php
にアクセスする。

ここで、左図のような画面が出なければ何かが間違っているので
手順の見直しが必要。

日本語を選択。

 

左メニューの [セキュリティ] をクリック。

 

ページ中央くらいにあるリンク
http://localhost/security/xamppsecurity.php
をクリック。

 

MYSQL 項目:”ROOT” パスワード
XAMPPコントロールパネルでMySQLを起動していないと、この項目はいじれない。
◆新しいパスワードを設定(必須)

◆PhpMyAdmin を検出しました。:
これは、認証方法の問題らしい。
http だとBasic認証だった。
ということは、cookie は、ブラウザの cookie を利用する ということだろうか。
複数PCからアクセスする予定の私は、http を選択した。

◆Set a random password for the phpMyAdmin user ‘pma’:
パスワードをランダム生成? ランダムめんどいから No に。

◆(File: XAMPP フォルダ/security/mysqlrootpasswd.txt) にチェック
これにチェックをすることで、mysqlrootpasswd.txt にMySQLのUserIDとパスワードが保存される。

◆パスワードを変更しました。 をクリック。

→ XAMPPコントロールパネルから、MySQLを再起動
 
XAMPPのディレクトリ制御 (.htaccess)
◆ユーザとパスワードを設定(必須)

◆(File: XAMPP フォルダ/security/xamppdirpasswd.txt) にチェック
これにチェックをすることで、xamppdirpasswd.txt にXAMPPのUserIDとパスワードが保存される。
同時に、xampp.users というテキストファイルも同じディレクトリに保存される。

◆安全な XAMPP ディレクトリを作成してください。 をクリック
 

phpMyAdmin
テキストファイル

PHPテキストファイルを直接編集して、phpMyAdmin の設定

XAMPPフォルダ/phpMyAdmin/config.inc.php

内の

  1. /* Authentication type and info */
  2. $cfg['Servers'][$i]['auth_type']            = 'http'; /* Authentication method (config, http or cookie based) */
  3. $cfg['Servers'][$i]['user']                 = 'root';
  4. $cfg['Servers'][$i]['password']            = '********';
  5. $cfg['Servers'][$i]['AllowNoPassword']      = false; ← true から flase へ変更

19~21行目は、先ほど設定した情報が表示されている。

ちなみに、19行目の ‘http’ が先ほど選択した認証方法のようだ。
‘config’ というのもあるらしい。。。
‘http’ とすることにより、phpMyAdminのログインパスワードが有効になるようだ。

22行目は前回と異なり ‘AllowNoPassword’ という項目になっている。
パスワード無しを許可・・・するわけない・・・。
 

phpMyAdmin

phpMyAdmin 上で、phpMyAdmin の設定。

XAMPP 設定画面左メニューの [ツール] にある [phpMyAdmin] をクリック。

 
ID:root PASS:先ほど設定したもの。
 

phpMyAdmin 画面の左上にある5つのデータベースから をクリック。

現れた多くのテーブル名一覧から [user] をクリック。

 

出てきたユーザ一覧から、[Host] が [localhost]、[User] が [root] のものの左にある鉛筆マークををクリック。

多くの解説サイトでは、[Host] が [%] のものも設定するように書かれているが、
[%] の正体がよくわからないのでひとまずは放置してみる。

 

出てきた詳細データで
[password] フィールドの関数のドロップダウンリストから [PASSWORD] を選択。

更に、[値] に先ほど決めたパスワードを入力して、[実行する] をクリック。

各解説サイトだと、「値が空白になっている」とあるが
私の手順でやると既に暗号化された文字列が入っている。

だからといって、[PASSWORD] を選択するだけで終えると次からログインできなくなる

検証していないので怪しいが、実は、私の手順でやる場合は、
このパスワードの設定はいらないのではないだろうか。。。

いずれにせよ、[PASSWORD] を選択後、既に入っている値を消して
パスワードを入力して [実行する] をクリックすれば、ちゃんと動作する。

実行した後の画面を見ると、改めて入力したパスワードも
ちゃんと暗号化されて表示されている。

 
前回はここで

→ phpMyAdmin 本画面の上部にあるタブの中からから [SQL] をクリック
→ 出てきたテキストエリアに既にある文字列を消して [FLUSH PRIVILEGES] と入力後、[実行する] をクリック

を行ったが、FLUSH PRIVILEGES とはサーバに権限テーブルをリロードさせることらしいので
今回はMySQLサーバの再起動でリロードさせることにする。

問題が起きるようなら後日追記。
 

5.MySQL の設定

各種 XAMPP 解説サイトでは、MySQL を UTF-8 で利用するための設定が載っているが
XAMPP 1.7.3 では、MySQL の文字コードが UTF-8 になっているようなので、ひとまずそのまま利用してみる。

phpMyAdmin の サーバ: localhost というところをクリックする(つまりトップページ?)と
右の「MySQL」という項目に
MySQLの文字セット: UTF-8 Unicode (utf8)
と書いてある。
 

my.ini の設定
2015-05-22 追記

文字コード
こちらで、改良及び 5.5 対応版を記述。

 

使ってみたが、バッチリ文字化けした。
全角文字が全部半角「?」になってもーた。
phpMyAdmin にはちゃんとUTF-8って出てるのにぃ!

あれこれググりまくったけど、XAMPPのバージョン違いのせいか
書いてあることもまちまち。
試してみてもうまくいかないことが多々。

で、解決策と各サイトのお話をあれこれ。

結論からいうと
XAMPP for Windows のインストール
こちらのサイトの情報通りで解決。

  1. [mysqld]
  2. # 2010-05-28 追加
  3. default-character-set=utf8
  4. skip-character-set-client-handshake
  5. # 2015-05-22 追記
  6. #default-character-set=utf8
  7. character-set-server=utf8
  8.  
  9. [mysqldump]
  10. # 2010-05-28 追加
  11. default-character-set=utf8
  12.  
  13. [mysql]
  14. # 2010-05-28 追加
  15. default-character-set=utf8

場所は、それぞれの項目のTOPに入れた。
だって・・・どこに入れていいかよくわからないんだもの・・・。

これらは各サイト様々な記述があったが
私はこれで(現在のところ)解決。

この情報を探している途中で気になった情報を。

my.ini のファイル名

これは、MySQLのバージョンによるようで
my.ini と my.cnf の2種類が存在するらしい。
私は上記のバージョンで my.ini だった。
 

my.ini の場所
xampp/mysql/bin/my.ini

 

mysql.exe は、おばかさん・・・

(今回はこの処置は必要なかった。古いバージョンで必要なのかな?)
なんでも mysql.exe は、同じディレクトリにある my.ini の場所を見つけることができないそうで
場合によってはパスを通してやらないといけないらしい。

この情報は、上記参考サイトでも
17.環境変数 PATH の設定
という項目があるが
参考元:WindowsでMySQLの文字化けを直したい
参考元:MySQL4.1/3.MySQLサーバ Windows版の設定
にもあり、両者はコマンドプロンプトでやっている。

でも私はコマンドプロンプトは苦手・・・(´ヘ`;)

そこでWindowsから設定する方法を。
[マイコンピュータ]右クリック-[プロパティ]-[詳細設定]-一番下[環境変数]
-下の枠の中の変数[Path]-[編集]
下の変数値テキストボックスの最後尾に
まずセミコロン(区切り文字のようだ)
その後ろにxampp/mysql/binフォルダのフルパスをコピペ。

と、試しにやってはみたけど、私の場合はパスを通さなくても問題なく動いている。

参考元:2.1 環境変数PATHの設定
 

MySQL のバージョンダウン

今回はバージョンダウンはしないので
知りたければ前回の記事を参照。
 

6.php.ini の設定
XAMPP フォルダ/php/php.ini
[mbstring]

の中の [mbstring](結構下のほうにある)項目を変更。
(前回とはパスが違うよ~)

変更前
  1. ;default_charset = "iso-8859-1"
  1. [mbstring]
  2. ;mbstring.language = Japanese
  3. ;mbstring.internal_encoding = EUC-JP
  4. ;mbstring.http_input = auto
  5. ;mbstring.http_output = SJIS
  6. ;mbstring.encoding_translation = Off
  7. ;mbstring.detect_order = auto
  8. ;mbstring.substitute_character = none;

の各行先頭の「;」を取り、文字コードを UTF-8 に変更。

変更後
  1. default_charset = "UTF-8"
  1. [mbstring]
  2. mbstring.language = Japanese
  3. mbstring.internal_encoding = UTF-8
  4. mbstring.http_input = auto
  5. mbstring.http_output = UTF-8
  6. mbstring.encoding_translation = Off
  7. mbstring.detect_order = UTF-8,SJIS,EUC-JP,JIS,ASCII
  8. mbstring.substitute_character = none;
2011-05-10 Symfony 用に追加
[PECL]

998行目のコメントアウトを外す。

  1. [PECL]
  2. extension=php_apc.dll

PHP のコンフィギュレーション

[apc]

1934行目をコメントアウト

  1. [apc]
  2. apc.shm_segments = 1
  3. apc.shm_size = 128M
  4. apc.ttl = 7200
  5. apc.user_ttl = 7200
  6. apc.num_files_hint = 1024
  7. ;apc.enable_cli = 1

APC のインストールに際してのエラー

2011-05-14 デバッグ用に追加

Xdebug の導入

7.開発サイトの確認

http://localhost/ < => XAMPP フォルダ/htdocs/
となるので、XAMPP フォルダ/htdocs/ 内に、開発サイトのフォルダを作成し、
そこへ、サイトファイルをコピーし、
(例) http://localhost/example/index.php
へアクセスしてみよう。

注意:別 PC からアクセスしたい場合は、「localhost」の部分を XAMPP PC のローカルIPアドレスへ書き換える
(例) http://192.168.1.***/example/index.php
 

8.番外編
VirtualHost

XAMPP の導入2 VirtualHost 編
 

OpenSSL

XAMPP の導入2 OpenSSL 編

XAMPP | 2010-05-24 (月) 23:20:41 |

内容物のヴァージョンの遷移2

Posted by muchag | XAMPP | 2010-05-24 (月) 13:57:02

内容物のヴァージョンの遷移1

【環境】
[XAMPP for Windows]
XAMPP リリース日 Apache MySQL SQLite PHP phpMyAdmin
1.7.7 2011-09-20 2.2.21 5.5.16 5.3.8 3.4.5
1.7.5 2011-09-14
1.7.4 2011-01-26 2.2.17 5.5.8 2.8.17
3.6.20
5.3.5 3.3.9
1.7.3 2009-12-23 2.2.14 5.1.41 2.8.17
3.6.20
5.3.1 3.2.4
1.7.2 2009-08-10 2.2.12 5.1.37 2.8.17
3.6.16
5.3.0 3.2.0.1
1.7.1 2009-04-13 2.2.11 5.1.33 ? 5.2.9 3.1.3.1
1.7.0 2008-12-22 2.2.11 5.1.30 2.8.15 5.2.8 3.1.1
XAMPP リリース日 Apache MySQL SQLite PHP phpMyAdmin
XAMPP | 2010-05-24 (月) 13:57:02 |

php.ini の場所

Posted by muchag | XAMPP | 2008-09-15 (月) 0:36:04

【環境】
[XAMPP for Windows] 1.6.6

XAMPP において、php.ini がいくつもあるが(あちこちの記述を見ると5箇所くらい)
有効なのは

XAMPPフォルダ\apache\bin\php.ini

らしい。

参考元:Minor Problem~【ダウナー系プログラマの日常】~ XAMPPにSmartyをインストールする時の注意点

XAMPP | 2008-09-15 (月) 0:36:04 |

内容物のヴァージョンの遷移1

Posted by muchag | XAMPP | 2008-05-31 (土) 17:13:09

【環境】
[XAMPP for Windows]
XAMPP リリース日 Apache 2.x MySQL 4.x MySQL 5.x PHP 4.x PHP 5.x
1.6.8 2008-09-28 2.2.9   5.0.67 4.4.9 5.2.6
1.6.7 2008-07-06 2.2.9   5.0.51b 4.4.8 5.2.6
1.6.6a 2008-02-21 2.2.8   5.0.51a 4.4.8 5.2.5
1.6.6 2008-02-04 2.2.8   5.0.51 4.4.8 rc2 5.2.5
1.6.5 2007-12-23 2.2.6   5.0.51 4.4.6 5.2.5
1.6.4 2007-10-07 2.2.6   5.0.45 4.4.7 5.2.4
1.6.3a 2007-07-26 2.2.4   5.0.45 4.4.7 5.2.3
1.6.3 2007-07-22 2.2.4   5.0.45 4.4.7 5.2.3
1.6.2 2007-05-28 2.2.4   5.0.41 4.4.7 5.2.2
1.6.1 2007-04-17 2.2.4   5.0.37 4.4.6 5.2.1
1.6.0a 2007-02-21 2.2.4   5.0.33 4.4.5 5.2.1
1.6.0 2007-02-18 2.2.4   5.0.33 4.4.5 5.2.1
1.5.5 2006-11-26 2.2.3   5.0.27 4.4.4 5.2.0
1.5.4a 2006-10-04 2.2.3   5.0.24a 4.4.4 5.1.6
1.5.4 2006-09-10 2.2.3   5.0.24a 4.4.4 5.1.6
1.5.3 2006-05-28 2.2.2   5.0.21 4.4.2-pl1 5.1.4
1.5.2 2006-04-26 2.2.0   5.0.20 4.4.2-pl1 5.1.2
1.5.1 2006-01-08 2.2.0   5.0.18 4.4.1-pl1 5.1.1
1.5.0-pl1 2006-01-08 2.0.55   5.0.15 4.4.1-pl1 5.0.5
1.5.0 2005-11-06 2.0.55   5.0.15 4.4.1 5.0.5
1.4.16 2005-10-03 2.0.54 4.1.14   4.4.0 5.0.5
1.4.15 2005-08-14 2.0.54 4.1.13   4.4.0 5.0.4
1.4.14 2005-06-19 2.0.54 4.1.12   4.3.11 5.0.4
1.4.13 2005-04-10 2.0.54 4.1.11   4.3.11 5.0.4
1.4.12 2005-02-20 2.0.53 4.1.9   4.3.10 5.0.3
1.4.11 2004-12-25 2.0.52 4.1.8   4.3.10 5.0.3
1.4.10 2004-12-05 2.0.52 4.1.7   4.3.9 5.0.2
1.4.9 2004-10-02 2.0.52 4.0.21   4.3.9 5.0.2
1.4.8 2004-09-25 2.0.51 4.0.21   4.3.9 5.0.2
1.4.7 2004-09-18 2.0.51 4.0.21   4.3.8 5.0.1
1.4.6 2004-08-16 2.0.50 4.0.20   4.3.8 5.0.1
1.4.5 2004-07-14 2.0.50 4.0.20   4.3.8 5.0.0
1.4.4 2004-07-03 2.0.50 4.0.20   4.3.7  
1.4.3 2004-06-12 2.0.49 4.0.20a   4.3.7  
1.4.2 2004-04-06 2.0.49 4.0.18   4.3.6  
1.4 2004-03-25 2.0.49 4.0.18   4.3.4  
1.3 2004-02-10 2.0.49 4.0.18   4.3.6  
1.2 2003-11-04 2.0.48 4.0.16   4.3.4  
1.1 2003-10-13 2.0.47 4.0.16   4.3.3  
1.0 2003-09-03 2.0.47 4.0.14   4.3.3  
0.9 2003-07-22 2.0.47 4.0.14   4.3.3 rc2  
XAMPP リリース日 Apache 2.x MySQL 4.x MySQL 5.x PHP 4.x PHP 5.x

XAMPP 内容物のバージョンの遷移2

参考元:cl.pokari.org XAMPP に含まれる Apache,MySQL,PHP のバージョンの遷移

XAMPP | 2008-05-31 (土) 17:13:09 |

インストール 1.6.6

Posted by muchag | MySQL,PHP,XAMPP | 2008-02-25 (月) 0:39:12

以前からの懸案事項であった XAMPP に、いよいよ着手。
今回のPC再編で後衛に回ったマシンに導入することにした。

【環境】
[OS] Windows2000 SP4
[XAMPP for Windows] 1.6.6

開発環境用として、XAMPP をインストール
よって、外からはアクセスできないような設定
文字コードは UTF-8 を基本とする

1.DL


XAMPP 公式(日本語ページ) より DL
2008/02/23 現在、XAMPP の最新バージョンは、1.6.6
以下は、1.6.6 についての記述である。
インストーラ付・インストーラ無2種 の合計3種があるが、初心者な私はインストーラ付にした。
 

2.インストール

DL したファイルをダブルクリック
→ 言語を Japanese
インストール先は、ご随意に。以降、インストール先を「XAMPPフォルダ」とする。
→ 次の画面の「デスクトップ」と「スタートメニュー」は、デフォルト通り選択。
「サービス」は、バックグラウンドで動かしたい=XAMPP起動時に自動的に動かしたい ものらしい。
なので、私は、Apache と MySQL にチェックした。
逆にチェックなしでインストールすると、MySQL がうまく起動しなかった。。。

がい~ん・・・Apache が起動しない・・・。
 

3..htaccess の配置

インストールしただけだと、外部からアクセスできる設定らしいので

  1. Order deny,allow
  2. Deny from All
  3. Allow from localhost 127.0.0.1

以上の3行をメモ帳などのテキストエディタで作成し、
XAMPPフォルダ/htdocs へ保存。
ローカルの別PCからアクセスしたい場合は、

  1. Allow from ***.***.***.*** ←ローカルIPアドレス

を追加。
 

4.セキュリティ の設定

ダラダラ長い手続きだけど、1行ずつ進めていけば大丈夫♪
 

MySQL

XAMPPメニュー上で、MySQL の設定
http://localhost/xampp/index.php
にアクセスする。
(ここで、XAMPP の画面が出なければ何かが間違っているので、手順の見直しが必要)
→ 左メニューの [セキュリティ] をクリック
→ ページ中央くらいにあるリンク http://localhost/security/xamppsecurity.php をクリック
→ MYSQL 項目:”ROOT” パスワード で、パスワードを設定
→ PhpMyAdmin を検出しました。: これは、認証方法の問題らしい。
http だとBasic認証だった。 ということは、cookie は、ブラウザの cookie を利用する ということだろうか。
複数PCからアクセスする予定の私は、http を選択した。
→ (File: XAMPP フォルダ/security/security/mysqlrootpasswd.txt) にチェック
これにチェックをすることで、mysqlrootpasswd.txt にMySQLのUserIDとパスワードが保存される。
ちなみに、実際のパスは XAMPP フォルダ/security/mysqlrootpasswd.txt になる。
→ パスワードを変更しました。 をクリック
→ XAMPPコントロールパネルから、MySQLを再起動
 

phpMyAdmin
テキストファイル

PHPテキストファイルを直接編集して、phpMyAdmin の設定

XAMPPフォルダ/phpMyAdmin/config.inc.php

内の

  1. /* Authentication type and info */
  2. $cfg['Servers'][$i]['auth_type']     = 'http';      // Authentication method (config, http or cookie based)
  3. $cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
  4. $cfg['Servers'][$i]['password'] = ''; ← ここへ、先ほど設定したMySQLのパスワードを入力
  5. $cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysql';

21行目へ、先ほど設定したMySQLのパスワードを入力。
ちなみに、19行目の ‘http’ が先ほど選択した認証方法のようだ。
‘config’ というのもあるらしい。。。
 

phpMyAdmin

phpMyAdmin 上で、phpMyAdmin の設定
XAMPP 設定画面左メニューの [ツール] にある [phpMyAdmin] をクリック
→ phpMyAdmin 画面の左上にある5つのデータベースから をクリック
→ 現れた6つのテーブル名一覧から [user] をクリック
→ phpMyAdmin 本画面の上部にあるタブの中からから [表示] をクリック
→ 出てきたユーザ一覧から、[Host] が [localhost]、[User] が [root] のものの左にある鉛筆マークををクリック
多くの解説サイトでは、[Host] が [%] のものも設定するように書かれているが、
[%] の正体がよくわからないのでひとまずは放置してみる。
→ 出てきた詳細データの中から、[password] フィールドの関数のドロップダウンリストから [PASSWORD] を選択
→ 更に、[値] に先ほど決めたパスワードを入力して、[実行する] をクリック
各解説サイトだと、「値が空白になっている」とあるが、私の手順でやると既に暗号化された文字列が入っている。
だからといって、[PASSWORD] を選択するだけで終えると次からログインできなくなる。
検証していないので怪しいが、実は、私の手順でやる場合は、このパスワードの設定はいらないのではないだろうか。。。
いずれにせよ、[PASSWORD] を選択後、既に入っている値を消して、パスワードを入力して [実行する] をクリックすれば、ちゃんと動作する。

→ phpMyAdmin 本画面の上部にあるタブの中からから [SQL] をクリック
→ 出てきたテキストエリアに既にある文字列を消して [FLUSH PRIVILEGES] と入力後、[実行する] をクリック
 

XAMPP

XAMPPメニュー上で、XAMPP の設定
→ XAMPP のディレクトリ制御(.htaccess) で、ユーザとパスワードを設定
→ (File: XAMPP フォルダ/security/security/xamppdirpasswd.txt) にチェック
これにチェックをすることで、xamppdirpasswd.txt にXAMPPのUserIDとパスワードが保存される。
ちなみに、実際のパスは XAMPP フォルダ/security/xamppdirpasswd.txt になる。
同時に、xampp.users というテキストファイルも同じディレクトリに保存される。
→ 安全な XAMPP ディレクトリを作成してください。 をクリック
 

5.MySQL の設定

各種 XAMPP 解説サイトでは、MySQL を UTF-8 で利用するための設定が載っているが
XAMPP 1.6.6 では、MySQL の文字コードが UTF-8 になっているようなので、ひとまずそのまま利用してみる。
 

MySQL のバージョンダウン

レンタルサーバの環境にできるだけ近づけるために、MySQL をバージョンダウンすることにした。
XAMPP の DL センター へ行くと、ページ最下部に
XAMPP Windows
というコーナーがあるので、更にそこの最下部の
View older releases in the XAMPP Windows package »
をクリックすると、XAMPP の古いバージョンをGETすることができる。

◆PCが1台の場合
MySQL の必要とするバージョンが同梱されている XAMPP バージョンを上記から DL してインストール。
→ XAMPP フォルダ/mysql をデスクトップ等へコピーして、XAMPP をアンインストール。
→ 利用したいバージョンの XAMPP を、上記から DL して、インストール。
→ XAMPP フォルダ/mysql をリネームする。
→ 先ほどコピーしておいた mysql フォルダを、XAMPP フォルダ以下へ設置。

◆PCを複数使える場合
以下
XAMPP を利用するPC=>XAMPP PC
XAMPP を利用しないPC=>別PC

MySQL の必要とするバージョンが同梱されている XAMPP バージョンを上記から DL して別PCへインストール。
→ XAMPP PCのXAMPP フォルダ/mysql をリネームする。
→ 別PCのXAMPP フォルダ/mysql を、XAMPP PCの XAMPP フォルダ以下へ設置。
→ 別PCの旧バージョン XAMPP をアンインストール。

 

my.conf

my.conf (画面上では my と表示されるようだ)の編集
XAMPP フォルダ/mysql/bin/my(以後 本物版 とする)

XAMPP フォルダ/mysqlリネーム版/bin/my(以後 リネーム版 とする)
をテキストエディタで同時に開き、
XAMPP のバージョン違いによるパスのズレを修正をすると共に、いくつかの項目を追加及び修正する。
この内容は、MySQL 及び XAMPP のバージョンによって異なると思われる。

私の場合は、
MySQL 5.0.51 (XAMPP 1.6.6)
から
MySQL 4.0.21 (XAMPP 1.4.9)
へとバージョンダウンするために、以下のような変更を行った。

  1. [mysqld]
  2. basedir
  3. tmpdir
  4. datadir

[mysqld]内の上記3項目のパスをリネーム版より移植。
また、[WinMySQLadmin] という項目は、リネーム版には存在しなかったので、
既に移植したパスを参考に手動で書き換えた。
この際、パスが “” (ダブルクォーテーション)で囲われていたりいなかったりするので、
本物版の書き方に合わせる。

上記作業後に phpMyAdmin にアクセスしてみると
「お使いの PHP MySQL ライブラリのバージョン 5.0.51 が MySQL サーバのバージョン 4.0.21 と異なります。これは予期しない不具合を起こす可能性があります。」
というエラーメッセージが出る。
解決法不明・・・あるサイトでは、これは放置でOKともあるが・・・
私が利用する「さくらインターネット」では、2008/03/02 現在で
phpMyAdmin 2.11.2.1
MySQL サーバ 4.0.27
MySQL クライアント 4.1.20
で、このエラーメッセージは出ていない。
ということは、MySQL クライアントバージョンを落とすのが良さそうだが
・・・その方法がわからない orz

 

6.php.ini の設定
XAMPP フォルダ/apache/bin/php.ini

の中の [mbstring](結構下のほうにある)項目を変更。

変更前

  1. [mbstring]
  2. ;mbstring.language = Japanese
  3. ;mbstring.internal_encoding = EUC-JP
  4. ;mbstring.http_input = auto
  5. ;mbstring.http_output = SJIS

の各行先頭の「;」を取り、文字コードを UTF-8 に変更。

変更後

  1. [mbstring]
  2. mbstring.language = Japanese
  3. mbstring.internal_encoding = UTF-8
  4. mbstring.http_input = auto
  5. mbstring.http_output = UTF-8

尚、PHPのヴァージョンを 4と5 で切り替えるたびに、php.ini のファイルが書き換わるそうで、

XAMPP フォルダ/php/php.ini
XAMPP フォルダ/php/php5.ini
XAMPP フォルダ/php/php4/php.ini
XAMPP フォルダ/php/php4/php4.ini

のそれぞれの php.ini ファイルも上記と同様の変更をしておくとよいらしい。
 

7.開発サイトの確認

http://localhost/ < => XAMPP フォルダ/htdocs/
となるので、XAMPP フォルダ/htdocs/ 内に、開発サイトのフォルダを作成し、
そこへ、サイトファイルをコピーし、
(例) http://localhost/example/index.php
へアクセスしてみよう。

注意:別 PC からアクセスしたい場合は、「localhost」の部分を XAMPP PC のローカルIPアドレスへ書き換える
(例) http://192.168.1.***/example/index.php
 

Apache が起動しない > Skype とのポートの競合

Skype の [ツール]-[設定]
→ 左メニューの [詳細]-[接続]
→ 上記のポートに代わり、ポート80を使用 のチェックを外す
→ PCの再起動
で、私の場合は、Apache の起動に成功した。

XAMPP が利用するポート一覧の確認

XAMPP ディレクトリ/xampp-portcheck.exe

を実行すると、コマンド画面が出てきて
XAMPP のサービス、利用ポート番号、利用状況の一覧が出る。

参考元サイト(順不同)
phpspot XAMPP のインストール
MySQL のバージョンダウンと設定
power.scianto.net XAMPP 設定 セキュリティー編
power.scianto.net XAMPP 設定 PHP 編
XAMPP の設置メモ
XAMPP に含まれる Apache,MySQL,PHP のバージョンの遷移
WindowsでRuby on Rails その1 XAMPPのインストール:不真面目SEの生活
Exxaxon サポートフォーラム -> Windows用 Xampp -> エラー:MYSQLの起動中にエラーが発生しました。[-1]
karate style XAMPPでのphpMyAdmin#1045エラー
WEB2.0 Labo XAMPPインストール&Mysql文字化け対策
やらいでか! XAMPP -> MODx の導入(1

MySQL,PHP,XAMPP | 2008-02-25 (月) 0:39:12 |
« 前ページへ