Flash Builder -> toolTip

Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-25 (日) 22:49:21 | 最終更新:2010-07-25 (日) 22:49:21

toolTip プロパティとは、コンポーネントにマウスオーバーしたときに表示されるヒントのこと。

HTML でいうところの title プロパティ。

toolTip

[mxml][/mxml]

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. Button.toolTip = "hoge";

 
以下のイベントを抱えている。

toolTipCreate

ツールヒントを作成するときにコンポーネントによって送出されます。

toolTipEnd

コンポーネントのツールヒントが非表示にされており、まもなく破棄されるときに、コンポーネントによって送出されます。

toolTipHide

コンポーネントのツールヒントが非表示にされる前に、コンポーネントによって送出されます。

toolTipShow

コンポーネントのツールヒントが表示される前に、コンポーネントによって送出されます。

toolTipShown

コンポーネントのツールヒントが表示された後に、コンポーネントによって送出されます。

toolTipStart

toolTip プロパティが設定されているコンポーネント上にユーザーがマウスを移動すると同時に、そのコンポーネントによって送出されます。
 
Adobe® Flex® 4.1 リファレンスガイド:UIComponent

Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-25 (日) 22:49:21 | 最終更新:2010-07-25 (日) 22:49:21

Flash Builder -> データサービスのエラー

Posted by muchag | Flash Builder 4,PHP |
初回投稿:2010-07-23 (金) 21:40:02 | 最終更新:2010-07-31 (土) 21:36:38

またやられた・・・。
PDO が上手く動作しない。

Server error Variable number of arguments is not supported for services (except optional parameters).

Number of function arguments must correspond to actual number of arguments described in a docblock.

引数の数が合わないって?
PHP のみではちゃんと動くのに~!

なんでだろ~ぉ なんでだろ~ ななななんでだろ~・・・。 😯
 

解決

あれこれやってみて、分かったかも・・・。

引数の数が合わない って書いてあるので数を合わせたらエラーが出ない。

  1. public function example($array = array()) {
  2.     $sql = "UPDATE table SET name=? WHERE id=?";
  3. }

これが問題だったらしい。

プレースホルダが2個あるのに
関数の引数は1個しかねーだろーがー!

そんなエラー言われてもね・・・こっちが 👿
配列で送ってるんだからええやんか~!

PDO と全然関係なかった。
 

新たな疑問

引数が合わないっていうなら、合わせますよ、合わせりゃいいんでしょ?

と投げやりな気持ちで、上記コードに $dummy を足してみた。
無論中身なし。

  1. public function example($array = array(), $dummy) {
  2.     $sql = "UPDATE table SET name=? WHERE id=?";
  3. }

これでデータサービスについてはエラーはでなくなった。

そこで サービスの生成 をして続けようとしたら

1067: 型 Array の値が、関連しない型 valueObjects:Array に暗黙で型変換されています。 Flex の問題

???

も、もしかして、サービスへの引数に配列は使えない?

入力値の設定 では、ちゃんと Array が選択肢にあるのに?
 

解決法

一応解決方法を見つけた。

Array 型 ではなく、Object 型 で送ればエラーにはならない。

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. var myArray:Array = new Array();
  2. var myObject:Object = new Object();
  3.  
  4. myObject.id = 1;
  5. myObject.name = "hoge";
  6.  
  7. myArray.push(myObject);
  8.  
  9. updateResult.token = test.update(myArray, 0, 0);

そして、「入力値の設定」で myArray を Object 型 に設定する。
 
 
これで一応は目的を達せられたが、相変わらず引数の個数の問題は残る・・・。

Posted by muchag | Flash Builder 4,PHP |
初回投稿:2010-07-23 (金) 21:40:02 | 最終更新:2010-07-31 (土) 21:36:38

Flash Builder 4 -> net.lifebird.ui.cursor

Posted by muchag | Flash Builder 4,Library & PlugIn & AddIn |
初回投稿:2010-07-23 (金) 3:23:51 | 最終更新:2010-07-29 (木) 20:45:00

Flash Builder 4 -> Drag & Drop に成功したら
マウスカーソルも変更したくなっった。

しかし、いくら探しても指差しと Busy カーソルの情報しかない。
後は独自画像の設定の仕方・・・。

FB4 には、他のマウスカーソルはないのかね。

 

net.lifebird.ui.cursor ver3.x

それでもめげずにグーグル先生を質問攻めにしたところ、以下のようなサイトを見つけた。
Life Bird:[AS3]Flashで色々なカーソルを使う

4.x 系が既成。 詳しくは記事の下へ

キタ~!!! これこれ♪

早速DLしてゴニョゴニョ。

ActionScript 3

  1. import net.lifebird.ui.cursor.*;
  2.  
  3. private function init():void
  4. {
  5.     cursor.init(stage);
  6. }
  7.  
  8. // 後は変更したい場所で・・・
  9. private function example():void
  10. {
  11.     cursor.cursor(CursorType.DEFAULT);
  12. }

大成功!

定数名 種類 画像
DEFAULT デフォルトカーソル
POINTER ポインター(指カーソル)
CROSS_HAIR 十字カーソル
HELP ヘルプカーソル
V_RESIZE 縦リサイズカーソル
H_RESIZE 横リサイズカーソル
MOVE ムーブカーソル(十字矢印カーソル)
SL_RESIZE 左斜めのリサイズカーソル
SR_RESIZE 右斜めのリサイズカーソル
TEXT テキストカーソル
WAIT ウェイトカーソル(砂時計カーソル)
ZOOM_IN ズームインカーソル
ZOOM_OUT ズームアウトカーソル
HAND ハンドカーソル
GRIP 握る(つかむ)ハンドカーソル

こんなにも多くの15種類に対応。

作成された方の知恵と労力に大感謝。 😀
 

net.lifebird.ui.cursor ver4.x

作者の方からコメントをいただき、ver4.x が既成であることがわかった。
Life Bird:[AS3]Flashのカーソルを拡張 Cursors4

変更点は、以下の通り。

  • CursorsクラスをStatic化。
  • デフォルトではカーソル設定なし(軽量・ミニマム化)
  • CS,Flex用のカーソルをプラグインを実行することで15種類一括設定。
  • 独自にプラグイン用asを作れば、カーソルを手軽にいろんなプロジェクトで使える。

種類は 3.x 系同様15種類。
 

ActionScript 3

  1. import net.lifebird.ui.cursor.*;
  2. import net.lifebird.ui.cursor.plugins.*; // v 4.x で新規追加
  3.  
  4. private function init():void
  5. {
  6.     Cursors.init(stage); // v 3.x から変更
  7.     FlexCursors.Set(); // v 4.x 新規追加
  8. }
  9.  
  10. // 後は変更したい場所で・・・
  11. private function example():void
  12. {
  13.     Cursors.cursor(CursorType.HAND); // v 3.x から変更
  14. }

無事に動作した。

ありがたく使わせていただきます。 感謝。
 

カーソル増設

移動禁止区域のカーソルが欲しくなり、増設させていただくことにした。

net/lifebird/ui/cursor/plugins/cursor

reject-cursor.png を上記フォルダに入れる。
 

net/lifebird/ui/cursor/CursorType.as
Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. public static const REJECT:String = "reject-cursor";

 

net/lifebird/ui/cursor/plugins/FlexCursors.as
Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. // 変数宣言
  2. [Embed(source = "cursor/reject-cursor.png")]
  3. private static var Reject:Class;
  4.  
  5. // function Set 内
  6. Cursors.addCursor(CursorType.REJECT, new Reject(), CursorPosition.TOP_LEFT);
Posted by muchag | Flash Builder 4,Library & PlugIn & AddIn |
初回投稿:2010-07-23 (金) 3:23:51 | 最終更新:2010-07-29 (木) 20:45:00

Flash Builder 4 -> Drag & Drop

Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 23:51:58 | 最終更新:2010-07-26 (月) 16:25:40

いよいよ HTMLPHP ではできなかったことを実践する日が来た!

Drag & Drop の実装♪

FB4 を始めた最初の目的はこれだったのだ~。

でも、何から手をつけてよいか分からず、グーグル先生にお伺いを立ててみた。

DIASPAR:Drag & Drop – Adobe Flex 版
検索の1位に出てきたこちらサイト。
と~っても参考になった。

そしていつもの如く、ちょこっと弄って練習。

カラータイルを D&D で入れ替えるアプリを作ってみた。

This movie requires Flash Player 9.0.0

 
[mxml]








[/mxml]
import mx.controls.Alert;
import mx.core.DragSource;
import mx.events.*;
import mx.managers.DragManager;

import spark.components.Group;
import spark.components.HGroup;
import spark.components.SkinnableContainer;

private var arrHGroup:Array = new Array();
private var arrMarker:Array = new Array();

// イニシャライズ
private function init():void {
var myColor:Array = new Array(“#ff0000”, “#00ff00”, “#0000ff”, “#ffff00”);

var i:int;
for (i = 0; i < 4; i++) { // カラータイルとマーカーを載せるコンテナを配置 var myHGroup:HGroup = new HGroup(); myHGroup.id = "myHGroup" + i; myHGroup.width = 95; myHGroup.height = 70; myHGroup.gap = 2; myHGroup.addEventListener('mouseDown', doDragStart); myHGroup.addEventListener('dragEnter', doDragEnter); myHGroup.addEventListener('dragExit', doDragExit); myHGroup.addEventListener('dragDrop', doDragDrop); arrHGroup[i] = myHGroup; myGroup.addElement(myHGroup); // ヒット判定のマーカーの配置 カラータイルの左側に表示 var myMarker:SkinnableContainer = new SkinnableContainer(); myMarker.id = "myMarker" + i; myMarker.width = 2; myMarker.percentHeight = 100; myMarker.setStyle('backgroundColor', "#333333"); myMarker.setStyle('backgroundAlpha', 0); arrMarker[i] = myMarker; myHGroup.addElement(myMarker); // カラータイルの配置 var myBox:SkinnableContainer = new SkinnableContainer(); myBox.percentWidth = 100; myBox.percentHeight = 100; myBox.setStyle('backgroundColor', myColor[i]); myHGroup.addElement(myBox); } } // ドラッグ開始 private function doDragStart(event:MouseEvent):void { var dragInitiator:HGroup = HGroup(event.currentTarget); DragManager.doDrag(dragInitiator, new DragSource(), event); } // ドロップゾーンに入った private function doDragEnter(event:DragEvent):void { // 相手 var dropzone:HGroup = HGroup(event.currentTarget); var markerId:int = arrHGroup.indexOf(dropzone); // 自分 var draggable:HGroup = HGroup(event.dragInitiator); // マーカーの表示 var ownId:int = arrHGroup.indexOf(draggable); if (markerId != ownId) { arrMarker[markerId].setStyle('backgroundAlpha', 1); } // ドロップの受け入れ体勢を整える // この行がないと dragExit, dragDrop イベントが発生しない DragManager.acceptDragDrop(dropzone); } // ドロップゾーンから出た private function doDragExit(event:DragEvent):void { var dropzone:HGroup = HGroup(event.currentTarget); // マーカーの初期化 var markerId:int = arrHGroup.indexOf(dropzone); arrMarker[markerId].setStyle('backgroundAlpha', 0); } // ドロップされた private function doDragDrop(event:DragEvent):void { // 相手 var dropzone:HGroup = HGroup(event.currentTarget); // 自分 var draggable:HGroup = HGroup(event.dragInitiator); // 相手の Index を取得し、自分の Index へ設定 myGroup.setElementIndex( draggable, myGroup.getElementIndex(dropzone) ); // マーカーの初期化 var markerId:int = arrHGroup.indexOf(dropzone); arrMarker[markerId].setStyle('backgroundAlpha', 0); }[/as3onfx4] ちょっと前に学習した コントロール配列(いまだに ActionScript での呼び方がわからない・・・) も役に立った。 Flash Builder 4 -> コントロール配列
 
Flash Builder 4 -> DragManager

<参考サイト>
Flex 3 開発ガイド / ユーザーインターフェイス:ドラッグ&ドロップの使用

Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 23:51:58 | 最終更新:2010-07-26 (月) 16:25:40

配列操作

Posted by muchag | ActionScript 3.0,Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 22:23:23 | 最終更新:2010-07-31 (土) 20:22:52

ActionScript 3.0 言語およびコンポーネントリファレンス:Array

追加

push() メソッド を用いる。

ActionScript 3

  1. var myArray:Array = new Array("Jun", "Feb", "Mar");
  2. myArray.pushu("Apr", "May");

ActionScript 3.0 言語およびコンポーネントリファレンス:push() メソッド
 

検索

indexOf() メソッドを用いる。

ActionScript 3

  1. var myArray:Array = new Array("Jun", "Feb", "Mar");
  2. var myIndex:int = myArray.indexOf("Mar");
  3. trace(myIndex);
  4.  
  5. // 2

ActionScript 3.0 言語およびコンポーネントリファレンス:indexOf() メソッド

Posted by muchag | ActionScript 3.0,Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 22:23:23 | 最終更新:2010-07-31 (土) 20:22:52

Flash Builder 4 -> DragManager

Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 18:26:40 | 最終更新:2010-07-25 (日) 2:41:28

DragManager クラスは、Drag&Drop の操作の管理をするもの。

Adobe® Flex® 4.1 リファレンスガイド:DragManager

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. import mx.managers.DragManager;

としておけば、インスタンス化は不要

acceptDragDrop

acceptDragDrop メソッドは、
dropEnter イベントが起こっている最中にドロップ先の受け入れ態勢を整える。

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. private function doDragEnterHandler(event:DragEvent):void
  2. {
  3.     var dropzone:HGroup = HGroup(event.currentTarget);
  4.     DragManager.acceptDragDrop(dropzone);
  5. }

 

doDrag

doDrag メソッドは、ドラッグを開始させる。

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. public static function doDrag(
  2.     dragInitiator:IUIComponent,
  3.     dragSource:DragSource,
  4.     mouseEvent:MouseEvent,
  5.     dragImage:IFlexDisplayObject = null,
  6.     xOffset:Number = 0,
  7.     yOffset:Number = 0,
  8.     imageAlpha:Number = 0.5,
  9.     allowMove:Boolean = true
  10. ):void

Adobe® Flex® 4.1 リファレンスガイド:doDrag() メソッド

mouseDown マウスイベントに引っ付けてドラッグ開始。

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. Object.addEventListener('mouseDown', doDragStart);
  2.  
  3. private function doDragStart(event:MouseEvent):void
  4. {
  5.     var dragInitiator:HGroup = HGroup(event.currentTarget);
  6.     DragManager.doDrag(dragInitiator, new DragSource(), event);
  7. }
dragInitiator

dragInitiator(ドラッグイニシエータ)は、ドラッグ元(ドラッグされる)オブジェクト。
マウスが触っているやつね。

ちなみに、ドラッグ中にマウスに引っ付いてくるやつ、この下の dragImage のことを
dragProxy(ドラッグプロキシ)と呼ぶらしい。
 

dragSource

dragSource は、よく分からない・・・。
参考にさせていただいたサイトでも new DragSource() なんて書いてあったから、普段はどうでもいいのかな?
 

mouseEvent

mouseEvent は、まんまマウスイベントオブジェクト。
 

dragImage (省略可)

dragImage は、ドラッグ中に表示されるイメージ。
デフォルト値 null にしておくと、ドラッグ元オブジェクトと同サイズの長方形が出てくる。

オリジナルを表示させたければ新たにイメージオブジェクトを生成する必要ありっぽい。

<参考サイト>
@IT:Flexアプリの直感的なドラッグ&ドロップを体験しよう
 

xOffset, yOffset (省略可)

xOffset, yOffset は、それぞれ x 方向、y 方向のオフセット値。
デフォルトは 0 。
 

imageAlpha (省略可)

imageAlpha は、dragImage のアルファ値。
デフォルトは 0.5 。
 

allowMove (省略可)

allowMove は、ドロップターゲットで、ドラッグしたデータの移動が可能かどうか。

Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 18:26:40 | 最終更新:2010-07-25 (日) 2:41:28

文字列操作

Posted by muchag | ActionScript 3.0,Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 18:09:23 | 最終更新:2011-01-09 (日) 19:31:39

結合

+ 演算子を用いる。

ActionScript 3

  1. var myString1:String = "アカサ";
  2. var myString2:String = "カサカス";
  3. var myString:String = myString1 + myString2;
  4. trace(myString);
  5.  
  6. // アカサカサカス
  7.  
  8. var myInt:int = 3;
  9. myString = myString1 + myInt;
  10. trace(myString);
  11.  
  12. // アカサ3

文字列と数字を結合すると文字列 になる。

分割

split メソッドを用いる。

AS3 function split(delimiter:*, limit:Number = 0x7fffffff):Array

ランタイムバージョン: AIR 1.0 Flash Player 9

指定された delimiter パラメータがある各位置で String オブジェクトをサブストリングの配列に分割します。

ActionScript 3.0 言語およびコンポーネントリファレンス:split() メソッド

 

検索
indexOf

indexOf メソッドは、検索文字列が最初に現れるインデックスを返す。
大文字と小文字が区別される

ActionScript 3

  1. var str:String = "The moon, the stars, the sea, the land";
  2. trace(str.indexOf("the")); // output: 10

第2引数には、開始位置を。
 

lastIndexOf

lastIndexOf メソッドは、検索文字列が最後に現れるインデックスを返す。
第2引数には、開始位置を。
先頭に向かって検索する。

Flash 用 ActionScript 3.0 のプログラミング:一致するサブストリングの文字の位置の検索
 

抽出

先頭の文字0番目(0文字目) であることに注意。

charAt

charAt は、1文字 抽出。

AS3 function charAt(index:Number = 0):String

ランタイムバージョン: AIR 1.0 Flash Player 9

index パラメータで指定された位置にある文字を返します。 index に指定された値が 0 ~ string.length – 1 の範囲外にある場合は、空のストリングを返します。

このメソッドは String.charCodeAt() に似ていますが、16 ビット整数の文字コードではなく文字が返される点が異なります。

ActionScript 3.0 言語およびコンポーネントリファレンス:charAt() メソッド

ActionScript 3

  1. var str:String = "Hello! World.";
  2. trace( str.charAt(7) );
  3.  
  4. // W

 

substr

substr は、開始位置から長さ で抽出。

AS3 function substr(startIndex:Number = 0, len:Number = 0x7fffffff):String

ランタイムバージョン: AIR 1.0 Flash Player 9

startIndex で指定された位置から len で指定された長さの文字を含むサブストリングを返します。
元のストリングは変更されません。

ActionScript 3.0 言語およびコンポーネントリファレンス:substr() メソッド

ActionScript 3

  1. var str:String = "Hello! World.";
  2. trace( str.substr(3, 2) );
  3.  
  4. // lo

 

substring

substring は、開始位置終了位置 で抽出。

AS3 function substring(startIndex:Number = 0, endIndex:Number = 0x7fffffff):String

ランタイムバージョン: AIR 1.0 Flash Player 9

startIndex で指定された位置から endIndex – 1 までにあるすべての文字を含むストリングを返します。
endIndex が指定されていない場合、String.length が使用されます。
startIndex の値が endIndex の値と等しい場合、空のストリングが返されます。
startIndex の値が endIndex の値より大きい場合、関数を実行する前にパラメータが自動的に入れ替わります。
元のストリングは変更されません。

ActionScript 3.0 言語およびコンポーネントリファレンス:substring() メソッド

ActionScript 3

  1. var str:String = "Hello! World.";
  2. trace( str.substring(3, 5) );
  3. trace( str.substring(3) );
  4.  
  5. // lo
  6. // lo! World.

第2引数 endIndex は入らない ことに注意。
つまり、endIndex – startIndex 文字抽出される。

endIndex を省略すれば、startIndex より後ろ全部が抽出される。
 

長さ

length プロパティを用いる。

ActionScript 3

  1. var str:String = "Hello! World.";
  2. trace(str.length);
  3.  
  4. // 13

0 文字目の H から 12 文字目の . までの 13 文字。

ActionScript 3.0 言語およびコンポーネントリファレンス:length プロパティ

Posted by muchag | ActionScript 3.0,Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 18:09:23 | 最終更新:2011-01-09 (日) 19:31:39

Flash Builder 4 -> Flex 3 から Flex 4 への移植

Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 15:14:50 | 最終更新:2011-01-24 (月) 12:16:20

様々なサイトを参考にしながら FB4 を習得しているが
参考サイトはまだまだ Flex 3 のものが多い。

そこで、参考サイトのコードを FB4 用に移植する際のポイントを列挙。

手探りなので大分怪しい が、直感で書き綴っていく。

 

必須項目
CSS
CSS セレクター “Application” 内の型 “Application” は、名前空間で修飾されている必要があります。 Flex の問題
タイプがアプリケーションで使用されていないので、CSS タイプセレクター ‘Application’ は処理されませんでした。 Flex の問題

 
タイプセレクター(コンポーネント丸ごと設定)の場合は、
Flex 4 では mxs などの名前空間を付けるルールになった。

名前空間を付けるだけでは動かないので、名前空間の宣言も加えて以下のように修正。

<移植前>

  1. Application { }

<移植後>

  1. @namespace s "library://ns.adobe.com/flex/spark";
  2. @namespace mx "library://ns.adobe.com/flex/mx";
  3.  
  4. mx|Application { }
  5.  
  6. または
  7.  
  8. s|Application { }

 

Flex 4 へ移植
MXML
コンポーネント

Spark コンポーネントで代替する場合は、以下のように。

<移植前>
[mxml]


[/mxml]

<移植後>
[mxml]


[/mxml]
 

Application タグ

名前空間の指定が変更になっている。

<移植前>
[mxml][/mxml]

<移植後>
[mxml]
[/mxml]
 

fx プレフィクス

Flex 4 では、Spark コンポーネント ということで、プレフィクス s を用いることが多いが
以下のような定義系では fx というプレフィクスを用いる。
[mxml]
[/mxml]
 

ActionScript ビルトインクラス

[mxml]

[/mxml]
 

AS
child と element

全部を調べたわけではないが、メソッド名の変更がある。

<移植前>
[mxml]

[/mxml]
これを AS で実現しようとすると以下のようになる。

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. var myPanel:Panel = new Panel;
  2. var myButton:Button = new Button;
  3. myPanel.addChild(myButton);

 
ところが Spark コンポーネントのときはこれが異なる。

<移植後>
[mxml]

[/mxml]
これを AS で実現しようとすると以下のようになる。

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. var myPanel:Panel = new Panel;
  2. var myButton:Button = new Button;
  3. myPanel.addElement(myButton);

このように addChild メソッドが addElement メソッドに変更になっている。
他でも child 系が element 系になっているようなのでチェック。
 
<参考元>
Shigeru Nakagaki:Flex 4 : setChildIndex じゃなくて、setElementIndex

Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 15:14:50 | 最終更新:2011-01-24 (月) 12:16:20

Flash Builder 4 -> StringUtil

Posted by muchag | ActionScript 3.0,Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 0:28:10 | 最終更新:2010-07-25 (日) 2:43:01

StringUtil クラスは文字列のユーティリティらしい。

使用の際はインスタンス化の必要がない代わりに、StringUtil と一体で用いる

Adobe® Flex® 4.1 リファレンスガイド:StringUtil

trim

trim メソッドは、文字列の前後のスペースを全て削除するもの。

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. import mx.utils.StringUtil;
  2.  
  3. myString = StringUtil.trim(myString);

しか~し! この trim メソッドは 全角スペースには無効

なので、一旦全てのスペースを半角に変換してから trim !

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. var pattern:RegExp = /\u3000/g;
  2. myString = myString.replace(pattern, " ");
  3. myString = StringUtil.trim(myString);

文字列の途中の全角スペースはそのまま残したい。
なんていう場合は・・・そのときがきたら考えようっと。 😎
 
<参考元>
PHP,MySQL,Flexな日々+イラストとか:Flex(ActionScript3.0)でのtrim

Posted by muchag | ActionScript 3.0,Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 0:28:10 | 最終更新:2010-07-25 (日) 2:43:01

Flash Builder 4 -> Alert

Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 0:28:04 | 最終更新:2010-07-25 (日) 2:20:51

Alert
mx.controls
Alert コントロールは、メッセージ、タイトル、ボタン(「OK」、「キャンセル」、「はい」、「いいえ」の任意の組み合わせ)およびアイコンを含むことができるポップアップダイアログボックスです。
Alert コントロールは モーダル です。
これは、ユーザーが閉じるまでフォーカスを保持することを意味します。

mx.controls.Alert クラスをアプリケーションに読み込み、次に ActionScript で静的な show() メソッドを呼び出し、Alert コントロールを表示します。
Alert コントロールは MXML では作成できません

Alert コントロールは、ユーザーがこのコントロールのボタンを選択したとき、または Esc キーを押したときに閉じます。

 

show

show メソッドを用いて Alert ウィンドウ(ダイアログ)を表示する。

public static function show(text:String = “”, title:String = “”, flags:uint = 0x4, parent:Sprite = null, closeHandler:Function = null, iconClass:Class = null, defaultButtonFlag:uint = 0x4, moduleFactory:IFlexModuleFactory = null):Alert

Adobe® Flex® 4.1 リファレンスガイド:show() メソッド

あ、Flex 4.1 になってる。(っていうのは置いておいて)

各引数について、ほとんどリファレンスの丸写しだけど
少しでも分かりやすく覚書。
 

text

Alert コントロールに表示される文言。
中央揃え。
 

title

Alert コントロールの左上のタイトルバーに表示されるタイトル。
左揃え。
 

flags

Alert コントロールに配置するボタン。
Alert.OKAlert.CANCELAlert.YES および Alert.NO の4種。
デフォルト値は Alert.OK
(つまり、Enter キーには Alert.OK が反応する)

複数配置するときは (Alert.YES | Alert.NO) のように、ビット単位の OR 演算子(パイプ)を用いて区切る。

指定順番に関係なく「OK」、「はい」、「いいえ」、「キャンセル」の順に配置される。
 

parent

Alert コントロールを配置する基準となるオブジェクト。
このオブジェクトに対して中央揃えで表示される。

デフォルトは this っぽい。
 

closeHandler

Alert コントロール上の任意のボタンが押されたときに呼び出されるイベントハンドラーを設定できる。
渡されるイベントオブジェクトは、CloseEvent のインスタンス。

このオブジェクトの detail プロパティには、値 Alert.OK、Alert.CANCEL、Alert.YES または Alert.NO が含まれる。

つまり、こういう風に結果を受け取れる。

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. Alert.show("Yeah!", "hoge", (Alert.OK | Alert.CANCEL), this, onClickHandler);
  2.  
  3. private function alertClickHandler(event:CloseEvent):void
  4. {
  5.     Alert.show(event.detail);
  6. }

アラートのイベント結果をアラートで示す。。。

 

iconClass

テキストの左に配置されるアイコンのクラス。
 

defaultButtonFlag

デフォルトボタンを変更したいときに用いる。
Alert.OK、Alert.CANCEL、Alert.YES または Alert.NO のいずれか 1 つを指定できる。
(Alert.OK はデフォルトだから設定することはないと思うけど・・・)
 

moduleFactory

この Alert が埋め込みフォントとスタイルマネージャーを検索する moduleFactory 。
(現在のところよくわからないので丸写し)
 

buttonWidth, buttonHeight

buttonWidth, buttonHeight プロパティは
Alert に配置する Button のサイズ指定。

デフォルト値は

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. buttonWidth = 65;
  2. buttonHeight = 22;
Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. Alert.buttonWidth = 100;

 

okLabel, yesLabel, noLabel, cancelLabel

okLabel, yesLabel, noLabel, cancelLabel プロパティは
Alert.OK、Alert.CANCEL、Alert.YES および Alert.NO の4種のボタンのラベルを設定できる。

おほ、これいいね。楽しい。 😎

デフォルトでは、「OK」、「はい」、「いいえ」、「キャンセル」となっている。

Actionscript 3.0 on Flex 4

  1. Alert.yesLabel = "ぉぅぃぇ";
Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-22 (木) 0:28:04 | 最終更新:2010-07-25 (日) 2:20:51
« 前ページへ次ページへ »