プロジェクト -> インポート

Posted by muchag | Android | 2011-04-26 (火) 14:16:45

既存のプロジェクトを
Eclipse へインポートする手法。

[ファイル]-[インポート] から

 
「既存のプロジェクトをワークスペースへ」を選択して
次へ。

 
プロジェクトフォルダが存在する場合は
「ルート・ディレクトリーの選択」->「参照」

プロジェクトの圧縮ファイル(.zip)が存在する場合は
「アーカイブ・ファイルの選択」->「参照」

で、当該ディレクトリなりファイルを指定する。

 
「ルート・ディレクトリーの選択」の場合、指定するフォルダは
「.project」ファイルがあるフォルダ、とも
「AndroidManifest.xml」があるフォルダ、とも書かれているが
Android の場合は結果的には同じことのようだ。

ただ、Eclipse の使い方で考えたら
「.project」ファイルがあるフォルダ、が正しい気がする。

 
というようりも、そもそもディレクトリを指定すると
それ以下のプロジェクトを全部拾ってくれる仕組みになっている。

複数ある場合は、必要なものだけをチェックすればよいわけで
あまり深く考える必要はなさそうだ。

Android | 2011-04-26 (火) 14:16:45 |

指定の位置に画像を配置 その2

Posted by muchag | Android | 2011-04-25 (月) 17:41:15

指定の位置に画像を配置
MapView の指定位置に画像を配置する手法を学習したが
別の手法も存在するようだ。

というのも、前の手法では、配置する画像が指定位置の右下に来ていたため
指定位置を中央とする手法を探していて発見した。

Android Developers:Google Map View Part 2: Adding Overlay Items

まず、ItemizedOverlay クラスを継承したサブクラスを作成する。

HelloItemizedOverlay.java
クラスファイルの作成

新しいクラスファイルを作成する際のダイアログで
① クラスファイル名(任意)入力
② スーパークラス入力
com.google.android.maps.ItemizedOverlay
③ 「スーパークラスからのコンストラクター」にチェック

 
とすると

  1. package com.example.sample;
  2.  
  3. import android.graphics.drawable.Drawable;
  4.  
  5. import com.google.android.maps.ItemizedOverlay;
  6. import com.google.android.maps.OverlayItem;
  7.  
  8. public class HelloItemizedOverlay extends ItemizedOverlay {
  9.  
  10.     public HelloItemizedOverlay(Drawable defaultMarker) {
  11.         super(defaultMarker);
  12.         // TODO 自動生成されたコンストラクター・スタブ
  13.     }
  14.  
  15.     @Override
  16.     protected OverlayItem createItem(int i) {
  17.         // TODO 自動生成されたメソッド・スタブ
  18.         return null;
  19.     }
  20.  
  21.     @Override
  22.     public int size() {
  23.         // TODO 自動生成されたメソッド・スタブ
  24.         return 0;
  25.     }
  26.  
  27. }

というクラスファイルが自動生成される。

自動生成の割には

ItemizedOverlay は raw 型です。総称型 ItemizedOverlay への参照は、パラメーター化する必要があります Java 問題

こんな警告が出てる。。。意味がわからない。。。後回し。。。
 

Overlay Item 格納コレクション

クラスのフィールドエリアに、Overlay Item を格納するための ArrayList コレクションを定義。

  1. private ArrayList<OverlayItem> mOverlays = new ArrayList<OverlayItem>();

 

Drawable 描画準備

Drawable リソースが描画されるために、メソッドを1つかます必要がある。

  1. public HelloItemizedOverlay(Drawable defaultMarker) {
  2.     super( boundCenterBottom(defaultMarker) );
  3.     populate(); // Android のバグ回避用
  4. }

これをかましていないと LogCat に以下のようなエラーが出て、マーカーが表示されない。
ERROR/MapActivity(226): Couldn’t get connection factory client
(かまさない時だけこのエラーが出るので、そうだと思う)
 

boundCenter

指定 GeoPoint が Drawable の中心にくるように指定。
 

boundCenterBottom

指定 GeoPoint が Drawable の下辺中央にくるように指定。
 

Android のバグ

また、Android にバグがあるため、バグ回避用に populate メソッドも追加。
参考元サイト:とあるSEのリマインダー
MapViewでItemizedOverlayでアイテムが設定されていないとNullpointer Exceptionが発生
 

Overlay Item 追加メソッド

Overlay Item を追加するためのメソッドを追加。

  1. public void addOverlay(OverlayItem overlay) {
  2.     mOverlays.add(overlay);
  3.     populate();
  4. }

 

createItem メソッドと size メソッドのオーバーライド

自動生成された createItem メソッドと size メソッドを以下のように変更。

  1. @Override
  2. protected OverlayItem createItem(int i) {
  3.     return mOverlays.get(i);
  4. }
  5.  
  6. @Override
  7. public int size() {
  8.     return mOverlays.size();
  9. }

 

タップイベントを拾うための準備

タップイベントを拾うために、コンストラクタに Context の参照を追加。

  1. private Context mContext;
  2.  
  3. public HelloItemizedOverlay(Drawable defaultMarker, Context context) {
  4.     super( boundCenterBottom(defaultMarker) );
  5.     mContext = context;
  6.     populate(); // Android のバグ回避用
  7. }

 

タップイベント処理
  1. @Override
  2. protected boolean onTap(int index) {
  3.     OverlayItem item = mOverlays.get(index);
  4.     AlertDialog.Builder dialog = new AlertDialog.Builder(mContext);
  5.     dialog.setTitle(item.getTitle());
  6.     dialog.setMessage(item.getSnippet())
  7.     dialog.show();
  8.     return true;
  9. }

 

HelloGoogleMaps.java

ここで元になる MapActivity (ここでは、HelloGoogleMaps とする)クラスへ戻る。
 

アイコンの準備

MapView 上に Overlay Item として表示する画像を準備する。
上記 Android Developers サイトにロボットの画像があり、
「持ってなかったら、これを使っていいよ」と書いてある。

 
そして、「何なら自分のプロジェクトのリソースフォルダに D&D するといいよ」とも書いてある。
試しにやってみると、左のようなダイアログが出て、ちゃんと保存できた。
が、3jxz5leh.bmp というファイル名になった。
元々は androidmarker.png というファイル名。

ビットマップファイルに自動で変換してくれた、っていうことかしら。

 

onCreate メソッドに追加
  1. List<Overlay> mapOverlays = mapView.getOverlays();
  2. Drawable drawable = this.getResources().getDrawable(R.drawable.androidmarker);
  3. HelloItemizedOverlay itemizedoverlay = new HelloItemizedOverlay(drawable, this);

 

マーカー配置例

いよいよ具体的にマーカーを配置する手法。
onCreate メソッドに更に追加

  1. GeoPoint point = new GeoPoint(19240000,-99120000);
  2. OverlayItem overlayitem = new OverlayItem(point, "Hola, Mundo!", "I'm in Mexico City!");

マーカーを表示したい位置で GeoPoint インスタンスを生成し
それを、タイトルやメッセージと共に Overlay Item インスタンスへ渡す。
 
onCreate メソッドに更に追加

  1. itemizedoverlay.addOverlay(overlayitem);
  2. mapOverlays.add(itemizedoverlay);

最後に、今作った Overlay Item インスタンスを HelloItemizedOverlay インスタンスへ追加し
その HelloItemizedOverlay インスタンスを MapView の Overlay コレクションへ追加する。
 

完成例

 

HelloItemizedOverlay.java
  1. package com.example.sample;
  2.  
  3. import java.util.ArrayList;
  4.  
  5. import android.app.AlertDialog;
  6. import android.content.Context;
  7. import android.graphics.drawable.Drawable;
  8.  
  9. import com.google.android.maps.ItemizedOverlay;
  10. import com.google.android.maps.OverlayItem;
  11.  
  12. public class HelloItemizedOverlay extends ItemizedOverlay {
  13.  
  14.     private ArrayList<OverlayItem> mOverlays = new ArrayList<OverlayItem>();
  15.     private Context mContext;
  16.  
  17.     public HelloItemizedOverlay(Drawable defaultMarker, Context context) {
  18.         super( boundCenterBottom(defaultMarker) );
  19.         mContext = context;
  20.         populate(); // Android のバグ回避用
  21.     }
  22.  
  23.     @Override
  24.     protected OverlayItem createItem(int i) {
  25.  
  26.         return mOverlays.get(i);
  27.     }
  28.  
  29.     @Override
  30.     public int size() {
  31.  
  32.         return mOverlays.size();
  33.     }
  34.  
  35.     public void addOverlay(OverlayItem overlay) {
  36.  
  37.         mOverlays.add(overlay);
  38.         populate();
  39.     }
  40.  
  41.     @Override
  42.     protected boolean onTap(int index) {
  43.  
  44.         OverlayItem item = mOverlays.get(index);
  45.         AlertDialog.Builder dialog = new AlertDialog.Builder(mContext);
  46.         dialog.setTitle(item.getTitle());
  47.         dialog.setMessage(item.getSnippet());
  48.         dialog.show();
  49.  
  50.         return true;
  51.     }
  52. }

 

HelloGoogleMaps.java
  1. package com.example.sample;
  2.  
  3. import java.util.List;
  4.  
  5. import android.graphics.drawable.Drawable;
  6. import android.os.Bundle;
  7. import android.util.Log;
  8. import android.view.Window;
  9.  
  10. import com.google.android.maps.GeoPoint;
  11. import com.google.android.maps.MapActivity;
  12. import com.google.android.maps.MapView;
  13. import com.google.android.maps.Overlay;
  14. import com.google.android.maps.OverlayItem;
  15.  
  16. public class HospitalMap2 extends MapActivity {
  17.  
  18.     private MapView mapView; // MapView
  19.  
  20.     @Override
  21.     public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
  22.  
  23.         super.onCreate(savedInstanceState);
  24.         requestWindowFeature(Window.FEATURE_NO_TITLE);
  25.  
  26.         // MapView のインスタンスを生成
  27.         mapView = new MapView(this, getResources().getString(R.string.map_key));
  28.         mapView.setEnabled(true);
  29.         mapView.setClickable(true);
  30.         mapView.setBuiltInZoomControls(true); // ズームボタンを有効
  31.         mapView.getController().setZoom(11); // ズーム度の初期値を設定
  32.         setContentView(mapView);
  33.  
  34.         List<Overlay> mapOverlays = mapView.getOverlays();
  35.         Drawable drawable = this.getResources().getDrawable(R.drawable.androidmarker);
  36.         HelloItemizedOverlay itemizedoverlay = new HelloItemizedOverlay(drawable, this);
  37.  
  38.         GeoPoint point = new GeoPoint(19240000, -99120000);
  39.         OverlayItem overlayitem = new OverlayItem(point, "Hola, Mundo!", "I'm in Mexico City!");
  40.  
  41.         itemizedoverlay.addOverlay(overlayitem);
  42.         mapOverlays.add(itemizedoverlay);
  43.     }
  44.  
  45.     @Override
  46.     protected boolean isRouteDisplayed() {
  47.         return false;
  48.     }
  49. }
Android | 2011-04-25 (月) 17:41:15 |

繰り返し処理

Posted by muchag | Android | 2011-04-24 (日) 19:41:17

 

  1. // データの読み込み
  2. Cursor cursor = db.query("sample", null, null, null, null, null, null);
  3. if (cursor.getCount() != 0) {
  4.  
  5.     boolean isEof = cursor.moveToFirst();
  6.     while (isEof) {
  7.        
  8.         String name = cursor.getString( cursor.getColumnIndex("name") );
  9.  
  10.         isEof = cursor.moveToNext();
  11.     }
  12. }
  13.  
  14. // Cursor の開放
  15. cursor.close();
Android | 2011-04-24 (日) 19:41:17 |

Devices ビュー

Posted by muchag | Android | 2011-04-24 (日) 14:12:59

DDMS パースペクティブに標準装備。








スクリーンショット



 

⑧ スクリーンショット

エミュレータの画面のスクリーンショット関連。
[リフレッシュ] 再読み込み
[rotate] 画像を反時計回りに 90° 回転してくれる
[保管] スクリーンショットを名前を付けて保存
[コピー] スクリーンショットをクリップボードへコピー
[終了] ダイアログを閉じる

Android | 2011-04-24 (日) 14:12:59 |

エミュレータに緯度・経度を設定

Posted by muchag | Android | 2011-04-24 (日) 3:12:07

エミュレータに任意の場所の緯度・経度を設定することができる。

DDMS パースペクティブにはデフォルトで配置されている
Emulator Control ビュー。

これの [Location Controls]-[手操作] で
緯度・経度を設定できる。

「送信」でエミュレータに設定。

エミュレート中に変更可能。

Android | 2011-04-24 (日) 3:12:07 |

指定場所の緯度・経度を取得

Posted by muchag | Firefox,Google Chrome,JavaScript | 2011-04-24 (日) 1:24:51

Google Map に感動すること早数年。
こんな機能があるとは知らなかった。

@IT:Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(16)
地図/位置情報/GPSを使うAndroidアプリを作るには

Firefox および Google Chrome に付随する機能。

ブラウザで Google Map を開き
住所なりランドマークにて場所を指定する。

もしマップ上のマーカーが画面中央にないときは
マーカーをクリックすると出てくるポップアップの
[その他]-[ここにズーム] で、マーカーがほぼ画面中央にくる。

目的の場所が画面中央に表示されたら、アドレスバーに

  1. javascript:void(prompt('',gApplication.getMap().getCenter()));

と入力して Enter キーを押下すると
 
このようにダイアログが開き
指定した場所の緯度と経度が表示される。

通天閣の緯度・経度は
緯度:34.652556109944385
経度:135.50633668899536
らしい。

 
と、ここまで書いておいたが
実際に利用してみたらはまっている自分に気がついた。
 

誤動作に注意

何かというと、サンプルコードを見てみるとわかるが
緯度・経度について、実際に利用するときは
100万倍(* 1e6)して int に変換して利用する。

逆に言えば、100万倍したときに小数点が残ってはいけないのだ。

上記のように
緯度:34.652556109944385
経度:135.50633668899536
こういう結果が得られたときは、小数第6位まで の概数にして利用する。
緯度:34.652556
経度:135.506336

Firefox,Google Chrome,JavaScript | 2011-04-24 (日) 1:24:51 |

ビルド・ターゲットの変更

Posted by muchag | Android | 2011-04-23 (土) 12:40:41

新しいプロジェクトを作成するときに「ビルド・ターゲット」を設定する。
新規プロジェクトの立ち上げ

これをプロジェクト作成後に変更する手法。

[プロジェクト]-[プロパティー] か
プロジェクト名を右クリックで
[プロパティー] を選択。

 
左ペインで [Android] を選択すると
ビルド・ターゲット一覧が出てくるので
ここで希望するターゲットにチェックを付けて
OK すれば完了。

Android | 2011-04-23 (土) 12:40:41 |

AVD -> ターゲットの追加

Posted by muchag | Android | 2011-04-22 (金) 20:56:29

AVD には、ターゲットを追加できる。

端末個別にエミュレーションしたい場合に有効。

罠?w

[ウインドウ]-[Android SDK および AVD マネージャー] より
AVD マネージャを起動できるが、
どうやら今回の場合、これは罠のようだ・・・。

というのも、後々「failed to install」なんて言われる。

 
SS を撮ってあったはずなのに、見つからない。 😥

サイトを見回ると、SDK のインストール時に同じようなダイアログが出ることがあるらしく
これは、アンチウイルスソフトが原因のようだ。

しかし、今回は違う。
メッセージ内容で覚えているのは
「インストール先フォルダが使用中なので、インストールできないよ。
フォルダを使用しているアプリケーションを全部終了したらOKしてね」
みたいだった。

でもね・・・動いているのはブラウザと Eclipse のみ。
まぁ、そりゃ Eclipse は使っているだろうけどさ。
これを終了したら、ターゲットの追加ができないでしょ・・・。

と思っていたら、
実は、AVD マネージャを起動するのに別の手法があった。

Android\android-sdk-windows\tools\android.bat

このファイルから AVD マネージャを起動することができた。

つまり、やっぱり Eclipse も閉じないといけなかったらしい。
 

ターゲットの追加

そういうわけで、ここからが本番。

 
① 左ペインの「Available packages」を選択。

② ダイアログ下部の「Add Add-on Site…」をクリック。

 
出てきたダイアログに当該ターゲットの repository.xml ファイル配布元 URL を記入。

左図では、Xperia arc の repository.xml ファイルへの URL 。

OK をクリックすると、

 
もとの画面に戻る。

ここで、中央ペインに「User Add-ons」が追加されているので展開すると
期待していたものが出てくるはず。
① それにチェックをつける。

② 右下の「Install Selected」をクリック。

 
① 左ペインにある当該ターゲットを選択。

② 真ん中下辺りにあるラジオボタンで「Accept」を選択。

③ 「Install」をクリック。

 
一通り作業が終わったら「Close」をクリック。

 
マネージャで左ペインで「Virtual devices」が選択されていることを確認して
「New」をクリックする。

そうすると左図ダイアログが出るので
「Target」のところのドロップダウンメニューを広げると
目的のターゲットが追加されていることがわかる。

 

repository.xml ファイル配布元
Sony Ericsson
Xperia arc

http://developer.sonyericsson.com/edk/android/repository.xml
 
参考元サイト:とあるソニー好きなエンジニアの日記 Xperia arcの開発を始めてみよう

Android | 2011-04-22 (金) 20:56:29 |

バッチファイルの作成

Posted by muchag | コマンドプロンプト | 2011-04-22 (金) 12:16:48

ん~、恐ろしく長い年月(恐らく20年以上)を経て
やっとこの話に着手することができた。

まぁ、避けてきただけなんだけど・・・。

でも、やってみたらなんていうことはない。
まぁ、ほんの基礎の基礎の基礎の基礎の基礎くらだとしても
わかりやすくて、簡単であった。

要は、コマンドプロンプトで入力することを
ファイルにまとめて記述するだけ。

  1. @echo off
  2. cd "C:\Documents and Settings\username\My Documents\Downloads\ASM_2_30\"
  3. java -jar asm.jar -a

(Java へのパスは通し済み)

Android 端末のスクリーンショットを撮影するための
Java プログラム「ASM」を走らせるコマンド。

テキストエディタにこれだけ記述し
「.bat」という拡張子で保存するだけ。
楽ちーん♪
 

注意点
@echo off

1行目は実行ログを表示させない命令。

そして、その命令自身も表示させないために @ をつける。
 

ファイル名、パス

ファイル名やパスを記述するに当たって
それらにスペースが含まれる場合は、
それらを (ダブルクォーテーション)で括る。

と、あちこちのサイトで解説されていた気がするのだが
ダブルクォーテーションなしでも動作した・・・。
最近のは進化したのかな。

また、パスはフルパスでないと反応しなかった。
 

pause

上記サンプルだと、バッチファイル実行後
コマンドプロンプトは処理が終わり次第勝手に閉じる。

もし勝手に閉じさせたくないなら
末尾に pause という命令を付け加える。
 

バッチファイルの置き場所

デスクトップに配置したバッチファイルは機能した。
My Documents/Batch Files/asm.bat も機能した。

ところが、別ドライブに配置したバッチファイルは機能しなかった。

現在のところ原因不明。

コマンドプロンプト | 2011-04-22 (金) 12:16:48 |

Xpreria arc (実機) でデバッグ

Posted by muchag | Android | 2011-04-21 (木) 0:42:58

実記デバッグを試みようとして苦労したこと・・・。

初めての Android 端末なので、トンチンカンな話が多いかも。

USB ドライバのインストール

USB ケーブルで PC に接続して
PC に端末を認識させる作業。

一般的な端末なら

android-sdk-windows/google-usb_driver/

(SDK r08)
この辺りからいけるらしいのだが
Xperia は先代の時から、勝手な振る舞いらしく
端末から直インストールなのだそうだ。

ところが、どうにもならずに困った。

最終的にはインストールできたので、
一応最初から順に。
 

端末の設定

いつもの [設定] から

 
[アプリケーション] に入る。

 
まず [提供元不明のアプリ] にチェックをつける。
あ、これはアプリデバッグ用の設定なので
アプリ作成と関係がない場合はいらないと思う。

次に [開発] に入る。

 
[USB デバッグ] にチェックをつけたら2つ戻る。
これもアプリデバッグ用設定。

 
[Sony Ericsson] に入る。

 
[接続] に入る。

 
[USB 接続モード] をクリックする。

 
と、左のようなダイアログが出るので
[ファイル転送モード(MSC)] を選択する。

あちこちのサイトで、[メディア転送モード(MTP)] でも
USB ドライバのインストールができるようなことが書いてあるが
私は、ここで [ファイル転送モード(MSC)] に変更することで
インストールできた。

 

PC と端末の連携

端末を PC に USB コードでつなぐと
PC Companion のインストールを促すダイアログが出るので
インストールすると、USB ドライバも自動的にインストールされる。

という情報があったが、私は [ファイル転送モード(MSC)] にするまで
ドライバがインストールされなかった。

ドライバが無事にインストールされると
左の図のように、デバイスマネージャに
「Sony Ericsson sa0102 ADB Interface Driver」
と表示される。

 
[メディア転送モード(MTP)] にしている間は MTP Device と表示されていた
エクスプローラでの表示も、左のように、いち外付けメディアとして
リムーバブルディスク と表示されるようになった。

 
そして!
他のサイトで紹介されていたこの画面に
ようやく辿り着けた。

画面の指示に従って操作を続けると・・・

 
Xperia arc (SO-01C) へ接続済み の文字が!
ここまで長かった。

 

実機でデバッグ

ここでもちょいとトラブル。

エミュレータの起動(デバッグ)
ここのように [デバッグの構成]-[ターゲット] で「手操作」と設定していると
デバッグ時に、次のような「Android Device Chooser」というダイアログが表示される。
左図は成功後の SS なのでちゃんと実機が表示されているが
最初は表示されていなかった。

再現性を確かめていないので、何が原因か確かなことは言えないが
どうもエミュレータを起動中だったのが原因らしい。

エミュレータを終了後に「Android Device Chooser」表示させたら
ちゃんと実機も表示された。

Android | 2011-04-21 (木) 0:42:58 |
次ページへ »