MySQL

Posted by muchag | Java,MySQL |
初回投稿:2019-11-05 (火) 22:15:47 | 最終更新:2019-11-06 (水) 19:36:04


GitHub:nkjmlab/nkjmlab-utils-jpdatum

【環境】
MySQL: 8.0.18
Eclipse:Pleiades All in One JAVA 2019-09 R (4.13.0)
Java: 1.8.0_221
ドライバ
入手先
MySQL 公式

あちこちの記事で、ドライバの入手先として
公式:MySQL Community Downloads Connector/J
を挙げていたけど、どうやって DL してよいのかわからなかった。

同ページに、Recommended Windows Download: と書いてあるから
MySQL インストールディレクトリに同梱されているのかと思ったけど
エクスプローラで、mysql-connector-java で検索してみたものの、ヒットせず。

Maven Repository

仕方がないので
Maven Repository:MySQL Connector/J 8.0.18
こちらの、Files:jar (2.2MB) から DL した。

2019-11-05 現在
mysql-connector-java-8.0.18.jar

配置&参照
[project]\WebContent\WEB-INF\lib\mysql-connector-java-8.0.18.jar

として配置。

ビルド・パス の設定。

接続

数多くサンプルがある中、下記が見やすかったので
不要な部分を削除して、そのままいただきました。
TASK NOTES:JavaでMySQLに接続してデータ操作をする(2015-04-14)


import java.sql.*;

public class MySQLConnector {
    public static void main(String[] args) {
        Connection con = null;
        try {
            // MySQLに接続
            con = DriverManager.getConnection("jdbc:mysql://localhost:3306/test", "root", "");
            System.out.println("MySQLに接続できました。");
        } catch (SQLException e) {
            System.out.println("MySQLに接続できませんでした。");
        } finally {
            if (con != null) {
                try {
                    con.close();
                } catch (SQLException e) {
                    System.out.println("MySQLのクローズに失敗しました。");
                }
            }
        }
    }
}
取得

Statement stm = con.createStatement();
String sql = "select * from programing";
ResultSet rs = stm.executeQuery(sql);

while(rs.next()){
    int id = rs.getInt("id");
    String name = rs.getString("name");
    System.out.println("取得結果 -> " + id + ":" + name);
}
更新

Statement stm = con.createStatement();
String sql = "insert into programing values(4, 'Python'), (5, 'Go')";
int result = stm.executeUpdate(sql);
System.out.println("更新件数は" + result + "です。");
参考サイト

TASK NOTES:JavaでMySQLに接続してデータ操作をする(2015-04-14)
→とても見やすく、コードは、ほぼそのまま真似させていただきました。

Posted by muchag | Java,MySQL |
初回投稿:2019-11-05 (火) 22:15:47 | 最終更新:2019-11-06 (水) 19:36:04

USB デバッグ(Android 4.2 以降)

Posted by muchag | Android |
初回投稿:2016-04-11 (月) 20:48:19 | 最終更新:2017-02-26 (日) 20:55:20

久しぶりに、Android で USB デバッグを行おうとしたら、
なんと! 「USB デバッグ」という項目がない!!

有効にする方法

Android 4.2 以降では、USB デバッグを始める特別な方法があるらしい。

[設定]-[端末情報](タブレットの場合は、[タブレット情報])
[ビルド番号] を連続7回タップ。(途中からカウントダウンが始まる)
「これでデベロッパーになりました!」と表示されたら
[設定]-[開発者向けオプション] という項目が増えているので
[USB デバッグ] をタップして有効化。

無効にする方法
/data/data/com.android.settings/shared_prefs/development.xml

を削除すればよいとのことだけど、未試行。

参考サイト

AndMem:Android端末を「デバッグモード」(USBデバッグ)に設定する

Posted by muchag | Android |
初回投稿:2016-04-11 (月) 20:48:19 | 最終更新:2017-02-26 (日) 20:55:20

SC-02F

Posted by muchag | Android |
初回投稿:2015-02-25 (水) 0:15:09 | 最終更新:2015-02-25 (水) 0:15:09

F-02E を落としてしまい、ケータイ補償サービスでもらった代替機。

【環境】
端末:SC-02F(Galaxy J)
Android:4.4.2
本体情報

SAMSUNG:GALAXY J SC-02F
docomo:GALAXY J SC-02F サポート情報
Wikipedia:SC-02F
 

アプリケーション
アナログ時計

Google play:Simple アナログ時計 [秒針対応ウィジェット]
Google play:シンプルなアナログ時計ウィジェット無料 目覚まし時計アラーム
 

ビューア

Google play:Perfect Viewer
 

ファイラー

Google play:X-plore File Manager
 

ボイスレコーダー

Google play:PCM録音
 

使い方
壁紙

[設定]-[デバイス]-[壁紙] から変更。

Posted by muchag | Android |
初回投稿:2015-02-25 (水) 0:15:09 | 最終更新:2015-02-25 (水) 0:15:09

Address

Posted by muchag | Android |
初回投稿:2012-01-15 (日) 23:16:54 | 最終更新:2012-01-15 (日) 23:26:06

xAL (eXtensible Address Language) という方式に則った簡易住所フォーマット(クラス?)ということらしい。

Android Developers:Address

東京タワー(緯度:35.656749、経度:139.745332)で実験

  1. TextView textview = (TextView)findViewById(R.id.textview);
  2.  
  3. // GeoCoder のインスタンスを生成
  4. Geocoder geocoder = new Geocoder(context, Locale.getDefault());
  5. // 逆ジオコーディングにより、住所候補を取得
  6. List<Address> listAddress = geocoder.getFromLocation(35.656749, 139.745332, 1); // 最後の引数 1 は検索結果数。1~5 で指定
  7.  
  8. if (!listAddress.isEmpty()){
  9.  
  10.     // 最初の変換候補を取得
  11.     Address address = listAddress.get(0);
  12.  
  13.     textview.setText(address.toString());
  14. }

取得結果(見やすく改行してある)

  1. Address[
  2.     addressLines=[
  3.         0:"日本",
  4.         1:"東京都港区芝公園4丁目6-1"
  5.     ],
  6.     feature=1,
  7.     admin=東京都,
  8.     sub-admin=null,
  9.     locality=港区,
  10.     thoroughtfare=4丁目,
  11.     postalCode=null,
  12.     countryCode=jp,
  13.     countryName=日本,
  14.     hasLatitude=true,
  15.     latitude=35.656749,
  16.     hasLongitude=true,
  17.     longitude=139.745332,
  18.     phone=null,
  19.     url=null,
  20.     extras=null
  21. ]

 
これを東京駅(緯度:35.681382、経度:139.766084)で実験すると
以下の結果が返ってくる。

  1. Address[
  2.     addressLines=[
  3.         0:"日本",
  4.         1:"〒100-0005",
  5.         2:"都道407号線"
  6.     ],
  7.     feature=都道407号線,
  8.     admin=null,
  9.     sub-admin=null,
  10.     locality=null,
  11.     thoroughtfare=null,
  12.     postalCode=null,
  13.     countryCode=jp,
  14.     countryName=日本,
  15.     hasLatitude=true,
  16.     latitude=35.681382,
  17.     hasLongitude=true,
  18.     longitude=139.766084,
  19.     phone=null,
  20.     url=null,
  21.     extras=null
  22. ]
Posted by muchag | Android |
初回投稿:2012-01-15 (日) 23:16:54 | 最終更新:2012-01-15 (日) 23:26:06

Tomcat 上で実行

Posted by muchag | Eclipse,Java Servlet & JSP |
初回投稿:2011-10-20 (木) 18:30:56 | 最終更新:2011-10-20 (木) 18:30:56

Web アプリケーションを Eclipse から Tomcat 上で実行する手順。

プロジェクト・エクスプローラで当該プロジェクト名を右クリック。
[実行]-[1 サーバーで実行]

実行させるサーバーをクリックして次へ。

実行させたいプロジェクトを右ペインへ移動させ
アクティブにしてから完了。

Posted by muchag | Eclipse,Java Servlet & JSP |
初回投稿:2011-10-20 (木) 18:30:56 | 最終更新:2011-10-20 (木) 18:30:56

war ファイルのインポート

Posted by muchag | Eclipse,Java Servlet & JSP |
初回投稿:2011-10-20 (木) 18:26:17 | 最終更新:2011-10-20 (木) 18:26:17

.war というファイルがあるようだ。
プロジェクトを圧縮したものらしい。

jar との区別がまだついていない。

今回は Strusts2 付属の .war ファイルのインポートを試みる。

インポート

プロジェクト・エクスプローラ内で右クリック。

[インポート]-[war ファイル] から
[参照] で .war ファイルを選択。

プロジェクト・エクスプローラ内に
当該プロジェクトが出現するので
プロジェクト名を右クリックして
[プロパティー]

左ペインの [Java コンパイラー] を選択。
[JDK 準拠]-[コンパイラー準拠レベル] が 1.6 以上であることを確認。

左ペインの [Java のビルド・パス] を選択。
[ライブラリー] タグで [外部 JAR の追加] から
servlet-api.jar を追加して「適用」。
(これは Tomcat の lib ディレクトリにある)

左ペインの [Tomcat] を選択。
[全般] タブで
「Tomcat プロジェクト」にチェックを入れる。
「コンテキスト名」を入力。(任意?)
「Webアプリケーション・ルートとするサブディレクトリー」に「/WebContent」と入力。

[開発用クラスローダーのクラスパス] タブで
「開発用クラスローダーを有効にする」にチェックを入れる。
先ほど追加した「servlet-api.jar」以外の全てにチェックを入れる。

そして、OK。

プロジェクト・エクスプローラ内の当該プロジェクト名を右クリック。
[Tomcat プロジェクト]-[コンテキストの定義を更新]

Tomcat を起動。

http://localhost:8080/struts2 にアクセス。

参考元サイト:メモ eclipseからstruts2のサンプルを動かしてみる

Posted by muchag | Eclipse,Java Servlet & JSP |
初回投稿:2011-10-20 (木) 18:26:17 | 最終更新:2011-10-20 (木) 18:26:17

Windows 7 で全文検索

Posted by muchag | Java Servlet & JSP,Windows |
初回投稿:2011-10-11 (火) 17:55:07 | 最終更新:2011-10-11 (火) 17:55:07

Windows 7 に触れ始めて一週間。
全文検索を OS 標準でできることを知った。

検索

[スタート] を開くと、一番下に
「プログラムとファイルの検索」とある。

ここでもいいし、エクスプローラの右上にも検索用のコーナーがある。
 

インデックス

検索をするには、前以てディレクトリを追加してインデックスしておくと速い。

[コントロールパネル]-[インデックスのオプション] から

 
[変更] をクリックして

 
ツリーから目的のディレクトリを選択する。

 

ディレクトリ指定
エクスプローラの場合

エクスプローラを開いて、目的のディレクトリ(フォルダ)を選択すると
自動的に右上の検索バーに「○○○の検索」となる。

そこに文字列を入力して検索すると
インデックスするかどうか聞いてくるので、判断する。
 

全文検索

先ほどのインデックスのオプションから
[詳細設定] に入り

 
① [ファイルの種類] タブを選び

② 目的の拡張子をクリック

③ [このファイルのインデックスの作成方法]
  -[プロパティとファイルのコンテンツのインデックスを作成する]
 

拡張子の追加

JSP の .jsp などのファイルは拡張子が未登録なので
全文検索と同じダイアログを出して
一番下の [新しい拡張子を一覧に追加] から
.(ドット) なしで登録する。

Posted by muchag | Java Servlet & JSP,Windows |
初回投稿:2011-10-11 (火) 17:55:07 | 最終更新:2011-10-11 (火) 17:55:07

Servlet & JSP Index

Posted by muchag | Java Servlet & JSP |
初回投稿:2011-10-07 (金) 14:30:49 | 最終更新:2019-11-06 (水) 23:35:23

Java Web アプリケーション部門。

丸っきりの書きかけ項目は Not found になる。

序章
  1. 基本ルール
  2. バージョン確認
  3. 導入
  4. (古い且つ意味不明な記事)

ライブラリ
がい~ん!(はまったこと)
  1. 解決済み(たぶん)
  2. 未解決
参考

公式

Posted by muchag | Java Servlet & JSP |
初回投稿:2011-10-07 (金) 14:30:49 | 最終更新:2019-11-06 (水) 23:35:23

導入

Posted by muchag | Struts 2.2.x |
初回投稿:2011-10-07 (金) 14:29:23 | 最終更新:2011-10-07 (金) 14:29:23
DL

公式の ダウンロードページ より DL 。

Posted by muchag | Struts 2.2.x |
初回投稿:2011-10-07 (金) 14:29:23 | 最終更新:2011-10-07 (金) 14:29:23

Struts 2.2.x Index

Posted by muchag | Struts 2.2.x |
初回投稿:2011-10-07 (金) 12:44:34 | 最終更新:2011-10-20 (木) 15:31:11

Java Web アプリケーション作成用のフレームワーク。

2011-10-20 現在

  • 2.2.x
  • 2.0.x
  • 1.3.x

と3系統あるようだ。
参考元サイト:掃出し口 3日かけてStruts2のHelloWorldを実行してみた。

ひとまずは 2.2.x 系を試してみる。

丸っきりの書きかけ項目は Not found になる。

全体設定
  1. インストール(導入)

 

がい~ん!(はまったこと)
  1. 解決済み(たぶん)
  2. 未解決

 

参考

公式

入門

CodeZine:Struts 2入門(1)~基本形で理解する仕組みと構造~
@IT:@いう間にWebアプリを作れる「Struts 2」入門

Posted by muchag | Struts 2.2.x |
初回投稿:2011-10-07 (金) 12:44:34 | 最終更新:2011-10-20 (木) 15:31:11
次ページへ »