USB デバッグ(Android 4.2 以降)

Posted by muchag | Android | 2016-04-11 (月) 20:48:19

久しぶりに、Android で USB デバッグを行おうとしたら、
なんと! 「USB デバッグ」という項目がない!!

有効にする方法

Android 4.2 以降では、USB デバッグを始める特別な方法があるらしい。

[設定]-[端末情報](タブレットの場合は、[タブレット情報])
[ビルド番号] を連続7回タップ。(途中からカウントダウンが始まる)
「これでデベロッパーになりました!」と表示されたら
[設定]-[開発者向けオプション] という項目が増えているので
[USB デバッグ] をタップして有効化。

無効にする方法
/data/data/com.android.settings/shared_prefs/development.xml

を削除すればよいとのことだけど、未試行。

参考サイト

AndMem:Android端末を「デバッグモード」(USBデバッグ)に設定する

Android | 2016-04-11 (月) 20:48:19 |

SC-02F

Posted by muchag | Android | 2015-02-25 (水) 0:15:09

F-02E を落としてしまい、ケータイ補償サービスでもらった代替機。

【環境】
端末:SC-02F(Galaxy J)
Android:4.4.2
本体情報

SAMSUNG:GALAXY J SC-02F
docomo:GALAXY J SC-02F サポート情報
Wikipedia:SC-02F
 

アプリケーション
アナログ時計

Google play:Simple アナログ時計 [秒針対応ウィジェット]
Google play:シンプルなアナログ時計ウィジェット無料 目覚まし時計アラーム
 

ビューア

Google play:Perfect Viewer
 

ファイラー

Google play:X-plore File Manager
 

ボイスレコーダー

Google play:PCM録音
 

使い方
壁紙

[設定]-[デバイス]-[壁紙] から変更。

Android | 2015-02-25 (水) 0:15:09 |

Address

Posted by muchag | Android | 2012-01-15 (日) 23:16:54

xAL (eXtensible Address Language) という方式に則った簡易住所フォーマット(クラス?)ということらしい。

Android Developers:Address

東京タワー(緯度:35.656749、経度:139.745332)で実験

  1. TextView textview = (TextView)findViewById(R.id.textview);
  2.  
  3. // GeoCoder のインスタンスを生成
  4. Geocoder geocoder = new Geocoder(context, Locale.getDefault());
  5. // 逆ジオコーディングにより、住所候補を取得
  6. List<Address> listAddress = geocoder.getFromLocation(35.656749, 139.745332, 1); // 最後の引数 1 は検索結果数。1~5 で指定
  7.  
  8. if (!listAddress.isEmpty()){
  9.  
  10.     // 最初の変換候補を取得
  11.     Address address = listAddress.get(0);
  12.  
  13.     textview.setText(address.toString());
  14. }

取得結果(見やすく改行してある)

  1. Address[
  2.     addressLines=[
  3.         0:"日本",
  4.         1:"東京都港区芝公園4丁目6-1"
  5.     ],
  6.     feature=1,
  7.     admin=東京都,
  8.     sub-admin=null,
  9.     locality=港区,
  10.     thoroughtfare=4丁目,
  11.     postalCode=null,
  12.     countryCode=jp,
  13.     countryName=日本,
  14.     hasLatitude=true,
  15.     latitude=35.656749,
  16.     hasLongitude=true,
  17.     longitude=139.745332,
  18.     phone=null,
  19.     url=null,
  20.     extras=null
  21. ]

 
これを東京駅(緯度:35.681382、経度:139.766084)で実験すると
以下の結果が返ってくる。

  1. Address[
  2.     addressLines=[
  3.         0:"日本",
  4.         1:"〒100-0005",
  5.         2:"都道407号線"
  6.     ],
  7.     feature=都道407号線,
  8.     admin=null,
  9.     sub-admin=null,
  10.     locality=null,
  11.     thoroughtfare=null,
  12.     postalCode=null,
  13.     countryCode=jp,
  14.     countryName=日本,
  15.     hasLatitude=true,
  16.     latitude=35.681382,
  17.     hasLongitude=true,
  18.     longitude=139.766084,
  19.     phone=null,
  20.     url=null,
  21.     extras=null
  22. ]
Android | 2012-01-15 (日) 23:16:54 |

Tomcat 上で実行

Posted by muchag | Eclipse,Java Servlet & JSP | 2011-10-20 (木) 18:30:56

Web アプリケーションを Eclipse から Tomcat 上で実行する手順。

プロジェクト・エクスプローラで当該プロジェクト名を右クリック。
[実行]-[1 サーバーで実行]

実行させるサーバーをクリックして次へ。

実行させたいプロジェクトを右ペインへ移動させ
アクティブにしてから完了。

Eclipse,Java Servlet & JSP | 2011-10-20 (木) 18:30:56 |

war ファイルのインポート

Posted by muchag | Eclipse,Java Servlet & JSP | 2011-10-20 (木) 18:26:17

.war というファイルがあるようだ。
プロジェクトを圧縮したものらしい。

jar との区別がまだついていない。

今回は Strusts2 付属の .war ファイルのインポートを試みる。

インポート

プロジェクト・エクスプローラ内で右クリック。

[インポート]-[war ファイル] から
[参照] で .war ファイルを選択。

プロジェクト・エクスプローラ内に
当該プロジェクトが出現するので
プロジェクト名を右クリックして
[プロパティー]

左ペインの [Java コンパイラー] を選択。
[JDK 準拠]-[コンパイラー準拠レベル] が 1.6 以上であることを確認。

左ペインの [Java のビルド・パス] を選択。
[ライブラリー] タグで [外部 JAR の追加] から
servlet-api.jar を追加して「適用」。
(これは Tomcat の lib ディレクトリにある)

左ペインの [Tomcat] を選択。
[全般] タブで
「Tomcat プロジェクト」にチェックを入れる。
「コンテキスト名」を入力。(任意?)
「Webアプリケーション・ルートとするサブディレクトリー」に「/WebContent」と入力。

[開発用クラスローダーのクラスパス] タブで
「開発用クラスローダーを有効にする」にチェックを入れる。
先ほど追加した「servlet-api.jar」以外の全てにチェックを入れる。

そして、OK。

プロジェクト・エクスプローラ内の当該プロジェクト名を右クリック。
[Tomcat プロジェクト]-[コンテキストの定義を更新]

Tomcat を起動。

http://localhost:8080/struts2 にアクセス。

参考元サイト:メモ eclipseからstruts2のサンプルを動かしてみる

Eclipse,Java Servlet & JSP | 2011-10-20 (木) 18:26:17 |

Windows 7 で全文検索

Posted by muchag | Java Servlet & JSP,Windows | 2011-10-11 (火) 17:55:07

Windows 7 に触れ始めて一週間。
全文検索を OS 標準でできることを知った。

検索

[スタート] を開くと、一番下に
「プログラムとファイルの検索」とある。

ここでもいいし、エクスプローラの右上にも検索用のコーナーがある。
 

インデックス

検索をするには、前以てディレクトリを追加してインデックスしておくと速い。

[コントロールパネル]-[インデックスのオプション] から

 
[変更] をクリックして

 
ツリーから目的のディレクトリを選択する。

 

ディレクトリ指定
エクスプローラの場合

エクスプローラを開いて、目的のディレクトリ(フォルダ)を選択すると
自動的に右上の検索バーに「○○○の検索」となる。

そこに文字列を入力して検索すると
インデックスするかどうか聞いてくるので、判断する。
 

全文検索

先ほどのインデックスのオプションから
[詳細設定] に入り

 
① [ファイルの種類] タブを選び

② 目的の拡張子をクリック

③ [このファイルのインデックスの作成方法]
  -[プロパティとファイルのコンテンツのインデックスを作成する]
 

拡張子の追加

JSP の .jsp などのファイルは拡張子が未登録なので
全文検索と同じダイアログを出して
一番下の [新しい拡張子を一覧に追加] から
.(ドット) なしで登録する。

Java Servlet & JSP,Windows | 2011-10-11 (火) 17:55:07 |

Servlet & JSP Index

Posted by muchag | Java Servlet & JSP | 2011-10-07 (金) 14:30:49

Java Web アプリケーション部門。

丸っきりの書きかけ項目は Not found になる。

全体設定
  1. 導入

 

がい~ん!(はまったこと)
  1. 解決済み(たぶん)
  2. 未解決

 

参考

公式

Java Servlet & JSP | 2011-10-07 (金) 14:30:49 |

導入

Posted by muchag | Struts 2.2.x | 2011-10-07 (金) 14:29:23
DL

公式の ダウンロードページ より DL 。

Struts 2.2.x | 2011-10-07 (金) 14:29:23 |

Struts 2.2.x Index

Posted by muchag | Struts 2.2.x | 2011-10-07 (金) 12:44:34

Java Web アプリケーション作成用のフレームワーク。

2011-10-20 現在

  • 2.2.x
  • 2.0.x
  • 1.3.x

と3系統あるようだ。
参考元サイト:掃出し口 3日かけてStruts2のHelloWorldを実行してみた。

ひとまずは 2.2.x 系を試してみる。

丸っきりの書きかけ項目は Not found になる。

全体設定
  1. インストール(導入)

 

がい~ん!(はまったこと)
  1. 解決済み(たぶん)
  2. 未解決

 

参考

公式

入門

CodeZine:Struts 2入門(1)~基本形で理解する仕組みと構造~
@IT:@いう間にWebアプリを作れる「Struts 2」入門

Struts 2.2.x | 2011-10-07 (金) 12:44:34 |

Web サイトを表示する

Posted by muchag | Android | 2011-07-15 (金) 0:40:19

Android アプリの中で Web サイトを表示する手法。

【環境】
[Android SDK Tools] revision 12
[API Level] 4
[デバッグ実機] Xperia arc
AndroidManifest.xml
AndroidManifest.xml
  1. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2. <manifest
  3.     xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
  4.     package="com.sample"
  5.     android:versionCode="1"
  6.     android:versionName="1.0">
  7.  
  8.     <uses-sdk android:minSdkVersion="4" />
  9.  
  10.     <application android:icon="@drawable/icon" android:label="@string/app_name">
  11.         <activity android:name=".WebTestActivity"
  12.                   android:label="@string/app_name">
  13.             <intent-filter>
  14.                 <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
  15.                 <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
  16.             </intent-filter>
  17.         </activity>
  18.  
  19.     </application>
  20.  
  21. +   <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"></uses-permission>
  22. </manifest>

 

XML ファイルを利用する場合
WebTest.java
  1. package com.sample;
  2.  
  3. import android.app.Activity;
  4. import android.os.Bundle;
  5. import android.webkit.WebView;
  6. import android.webkit.WebViewClient;
  7.  
  8. public class WebTestActivity extends Activity {
  9.     /** Called when the activity is first created. */
  10.     @Override
  11.     public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
  12.         super.onCreate(savedInstanceState);
  13.         setContentView(R.layout.main);
  14.  
  15. +       WebView webview = (WebView)findViewById(R.id.myWebView);
  16. +       webview.loadUrl("http://www.example.com/test.php");
  17.     }
  18. }
main.xml
  1. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2. <LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
  3.     android:orientation="vertical"
  4.     android:layout_width="fill_parent"
  5.     android:layout_height="fill_parent"
  6.     >
  7.  
  8. +   <WebView android:id="@+id/myWebView"
  9. +       android:layout_width="fill_parent"
  10. +       android:layout_height="fill_parent"
  11. +       />
  12. </LinearLayout>

 

XML ファイルを利用しない場合
  1. package com.sample;
  2.  
  3. import android.app.Activity;
  4. import android.os.Bundle;
  5. import android.webkit.WebView;
  6. import android.webkit.WebViewClient;
  7.  
  8. public class WebTestActivity extends Activity {
  9.     /** Called when the activity is first created. */
  10.     @Override
  11.     public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
  12.         super.onCreate(savedInstanceState);
  13.  
  14. +       WebView webview = new WebView(this);
  15. +       webview.loadUrl("http://www.yahoo.co.jp");
  16. +       setContentView(webview);
  17.     }
  18. }

 

WebViewClient

Android Developers:WebViewClient

何も勉強してないので、正しい用途はわからないけど
名前からして「ブラウザ」のような役割をするのかしら。

まぁ、事実実験結果もそんな感じだった。
 

WebViewClient なし

前述のサンプルコードは WebViewClient なし。
 
先ずアクティビティが起動して
(←マッチロだけど画像あり)

 
それからブラウザが起動するような動き。

左の画面では最初のうち読み込みプログレスバーも出る。

「戻る」ボタンで、元の真っ白なアクティビティに戻る。

 

WebViewClient あり
  1. package com.sample;
  2.  
  3. import android.app.Activity;
  4. import android.os.Bundle;
  5. import android.webkit.WebView;
  6. import android.webkit.WebViewClient;
  7.  
  8. public class WebTestActivity extends Activity {
  9.     /** Called when the activity is first created. */
  10.     @Override
  11.     public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
  12.         super.onCreate(savedInstanceState);
  13.  
  14.         WebView webview = new WebView(this);
  15. +       webview.setWebViewClient(new WebViewClient());
  16.         webview.loadUrl("http://www.yahoo.co.jp");
  17.         setContentView(webview);
  18.     }
  19. }

 
起動と同時に Web サイトが表示される。

 

差異

2段階 or 1段階以外にも、JavaScript の有効無効の差も出ている。

タイトルバー

「WebViewClient なし」では、Yahoo の表示画面にタイトルバーがないことを見ても
Web サイトを表示している画面では、既にアプリの手を離れているようだ。
 

JavaScript

私の実機「Xperia arc」の「ブラウザ」は
「JavaScript を有効」にしているので
「WebViewClient なし」では JavaScript に関するコメントは出ていない。

JavaScript を有効にするには

  1. webview.getSettings().setJavaScriptEnabled(true);

参考元サイト:Webブラウザビューチュートリアル

Android | 2011-07-15 (金) 0:40:19 |
次ページへ »