jQuery Easing Plugin

Posted by muchag | jQuery,Library & PlugIn & AddIn | 2016-03-05 (土) 10:49:20


jQuery Easing Plugin (version 1.3)
最終更新日:2013-01-31

【環境】
jQuery: 1.11.3
jquery.easing.: 1.3
概要

アニメーション動作パターン集。

jQuery が持つアニメーション動作パターンを拡張してくれる。

DL

jQuery Easing Plugin (version 1.3) の Download より
jquery.easing.1.3.js のリンクをクリック。

一覧

Easing Function 早見表

jQuery,Library & PlugIn & AddIn | 2016-03-05 (土) 10:49:20 |

jsTree

Posted by muchag | jQuery,Library & PlugIn & AddIn | 2015-10-28 (水) 14:21:48

ひさびさにツリーメニューを実装しようと思って
Treeview を設置してみたけど、動かない。。。
更新も止まっているようだし、他のプラグインを探してみたら良さそうなのがあった。 😯
採用するかどうかはわからないけど、使い方をメモ。

コード中に出てくる vakata って何かと思ってたけど
作者の HN でした。
GitHub:vakata

【環境】
jsTree:3.2.1
jQuery:1.11.3
DL

公式 の Download ボタンより DL。
2015-10-28 現在
vakata-jstree-3.2.1-0-g8ea6ce7.zip

ファイル配置
  1. DL したファイルを解凍
  2. 中身の dist ディレクトリを js ディレクトリへ配置
  3. 配置した dist ディレクトリを jstree にリネーム

中には CSS ファイルや画像ファイルもあるので、本来なら分けるべきかもしれないけど、ここで完結させる。
なぜなら、テーマ名を設定するだけで、テーマの変更をできるようになっているから。
でも、その割には CSS ファイルへの参照はちゃんと記述しないとダメ。。。

利用
前提
  1. <link rel="stylesheet" type="text/css" href="./css/jstree.min.css">
  2. <script type="text/javascript" src="./js/jquery-1.11.3.min.js"></script>
  3. <script type="text/javascript" src="./js/jstree.min.js"></script>
リストタグ
  1. <script>
  2. $(document).ready(function(){
  3.       $('#tree').jstree();
  4. });
  5. </script>
  6.  
  7. <div id="tree">
  8. <ul>
  9.     <li>階層1
  10.     <ul>
  11.         <li>階層2</li>
  12.     </ul>
  13.     </li>
  14. </ul>
  15. </div>

注意
階層リストの場合、書式に注意。
下記タイプA、タイプB、どちらでもリスト表示をできるけど
jsTree は、タイプB で記述しないと認識しない。

  1. // タイプA
  2. <ul>
  3.     <li>階層1</li>
  4.     <ul>
  5.         <li>階層2</li>
  6.     </ul>
  7. </ul>
  8.  
  9. // タイプB
  10. <ul>
  11.     <li>階層1
  12.     <ul>
  13.         <li>階層2</li>
  14.     </ul>
  15.     </li>
  16. </ul>

私は今までタイプAで書くのが普通だったんだけど
もしかして、正式はタイプBなのかしら。。。汗

XML データ
JSON データ
注意

ツリー項目に a タグを付けてリンクを貼ろうとしたけど
どうも表示が変になる。

  1. <li>Content <a href="#">Edit</a></li>

としても、Edit だけが表示される。

dnd の研究にノードオブジェクトの中身を覗いてみたけど
jsTree が表示用に a タグを利用しているようで
リンクを貼りたければ、click イベントで制御するしかなさそう。

設定書式

プラグインも含めた設定の例。

  1. $(document).ready(function(){
  2.     $('#jstree').jstree({
  3.         // 基本設定
  4.         'core' : {
  5.             'themes' : {
  6.                 'variant' : 'large'
  7.             }
  8.         },
  9.         // プラグイン毎の設定
  10.         'checkbox' : {
  11.             'keep_selected_style' : false
  12.         },
  13.         // 利用するプラグインを列挙?
  14.         'plugins' : [ 'wholerow', 'checkbox' ]
  15.     });
  16. });
  17. </script>

こんな感じ。
他のプラグインと同じ~。 😯

‘plugins’ で、On にしたいプラグインを列挙し
プラグイン毎の設定で、各プラグインの設定変更をする。

設定変更がなければ、プラグイン各個の設定は記述しなくて良い。

core(基本設定)
themes
  1. $(document).ready(function(){
  2.     $('#jstree').jstree({
  3.         "core" : {
  4.             'themes' : {
  5.                 // 独自テーマを利用したい場合は、当該ディレクトリ名文字列を指定?
  6.                 'name' : false,
  7.                 // 独自テーマを利用したくて、.js ファイルと別階層に置きたい場合に true を指定?
  8.                 'url' : false,
  9.                 // url を true にしたときだけ有効。テーマの場所を記述?
  10.                 'dir' : false,
  11.                 // ツリー罫線を表示するか否か
  12.                 'dots' : true,
  13.                 // ノード(フォルダ)アイコンを表示するか否か
  14.                 'icons' : true,
  15.                 // 1行おきに背景色を付けて縞々にするか否か
  16.                 'stripes' : false,
  17.                 // CSS クラス('large', 'small', 'responsive')があるっぽい
  18.                 // false でデフォルトなんだろうけど、どれかわからない
  19.                 'variant' : false,
  20.                 // 小さい画面の時は ture って書いてある気がするけど、true にしてみても、違いがわからない
  21.                 'responsive' : false,
  22.             }
  23.         }
  24.     });
  25. });
check_callback

ユーザーによるツリーの変更を許可するか否か。
デフォルトは false。

  1. $(document).ready(function(){
  2.     $('#jstree').jstree({
  3.         "core" : {
  4.             'check_callback' : false,
  5.         }
  6.     });
  7. });
関数指定

true か false か、状況によって変化させるために
関数を指定することができる。

  1. $(document).ready(function(){
  2.     $('#jstree').jstree({
  3.         "core" : {
  4.             'check_callback' : function (operation, node, node_parent, node_position, more) {
  5.                 if ((operation === 'move_node' || operation === 'copy_node') && (node_parent.id === '#')) return false;
  6.             },
  7.         }
  8.     });
  9. });
jstree.js
  1. * __Examples__
  2. *
  3. *   $('#tree').jstree({
  4. *       'core' : {
  5. *           'check_callback' : function (operation, node, node_parent, node_position, more) {
  6. *               // operation can be 'create_node', 'rename_node', 'delete_node', 'move_node' or 'copy_node'
  7. *               // in case of 'rename_node' node_position is filled with the new node name
  8. *               return operation === 'rename_node' ? true : false;
  9. *           }
  10. *       }
  11. *   });
引数
jstree.js
  1. * @name check(chk, obj, par, pos)
  2. * @param  {String} chk the operation to check, can be "create_node", "rename_node", "delete_node", "copy_node" or "move_node"
  3. * @param  {mixed} obj the node
  4. * @param  {mixed} par the parent
  5. * @param  {mixed} pos the position to insert at, or if "rename_node" - the new name
  6. * @param  {mixed} more some various additional information, for example if a "move_node" operations is triggered by DND this will be the hovered node
  7. * @return {Boolean}
  • 引数
    • operation(String)
      • ソース説明の通り。5種
    • node(Object)
      • オブジェクト
    • node_parent(Object)
      • 移動先の親オブジェクト
    • node_position(integer)
    • more(Object)
      • core
      • is_foreign
      • is_multi
      • origin(Object)
        • 恐らく移動前のツリー全体の情報が格納されている
        • 参考記事の more.ref.data.type の使い方不明
よくわからないオブジェクト連鎖

stackoverflow:JsTree v3.0 drag and drop plugin. Reference target node upon dropping
こちらに書かれている下記コードにおける
more.ref.data.type
が、何をどう辿っているのか不明。

  1. if (more.ref.data.type === "folder") {
  2.     return true;
  3. }
  1. console.log(more.ref.data.type);
TypeError: more.ref is undefined
タイミング

チェックは常に行っているらしく
上記のように指定することで、ドラッグ中に
root 直下へは、移動先候補 ▶ のマークが出なくなった。

data(Ajax)

こちらを設定しておくことで、ページ読み込み時に
そちらを読みにいく。

  1. $(document).ready(function(){
  2.     $('#jstree').jstree({
  3.         "core" : {
  4.             'data' : {
  5.                 'url' : function (node){
  6.                             if (node.id === '#') {
  7.                         return "http://localhost:9000/getCourses/" ;
  8.                             }
  9.                             else
  10.                         return "http://localhost:9000/getCourses/" + node.id;
  11.                             }
  12.                         },
  13.                 'data' : function (node) {
  14.                             return { 'id' : node.id };
  15.                         }
  16.             }
  17.         }
  18.     });
  19. });

こちらは下記サイトのコードをいただいてきたが
あちこちでこのような書き方がされている。
answer uxu:jstree html and json

どうもデフォルトでは、node.id がルートの # になっていて
ルートの情報を取得して表示。
後はノードを選択する度に、そのノードの ID を送り、その配下の情報を取得し表示。
という仕様になっているっぽい。

変更の通信ではない?

プラグイン

jsTree という名前の jQuery プラグインに実装されている
プラグイン(追加機能)。

一覧

公式:Plugins?

  1. 'plugins' : [
  2.     'checkbox',
  3.     'contextmenu',
  4.     'dnd',
  5.     'massload',
  6.     'search',
  7.     'sort',
  8.     'state',
  9.     'types',
  10.     'unique',
  11.     'wholerow',
  12.     'changed',
  13.     'conditionalselect'
  14. ]
checkbox
設定
  1. $(document).ready(function(){
  2.     $('#jstree').jstree({
  3.         'checkbox' : {
  4.             // 選択された行に背景色をつけるか否か
  5.             'keep_selected_style' : true
  6.         }
  7.         'plugins' : [ 'checkbox' ]
  8.     });
  9. });
contextmenu

contextmenu

dnd(Drag and Drop)

dnd(Drag and Drop)

search
設定

JSFIDDLE:http://jsfiddle.net/53cvtbv9/1/

  1. $(document).ready(function(){
  2.     $('#jstree').jstree({
  3.         'plugins' : [ 'search' ]
  4.     });
  5. });
  1. <div><?php echo __('Search : '); ?><input type="text" class="search-input" /></div>
  2.  
  3. <script>
  4. $(document).ready(function() {
  5.     $(".search-input").keyup(function() {
  6.         var searchString = $(this).val();
  7.         $(selectorTree).jstree('search', searchString);
  8.     });
  9. });
  10. <script>
unique

単一ノード直下の重複チェック。

設定
  1. $(document).ready(function(){
  2.     $('#jstree').jstree({
  3.         'unique' : {
  4.             // 大文字小文字の区別をするか否か
  5.             'case_sensitive' : false,
  6.             // 重複した場合の名称を hoge -> hoge (2) のように変更する
  7.             'duplicate' : false,
  8.         }
  9.         'plugins' : [ 'unique' ]
  10.     });
  11. });
イベントリスナー

イベントリスナー

メソッド
書式

複数あるっぽい。

  1. $('#jstree').jstree('select_all'); // うまくいった
  2. $('#jstree').select_all(true); // 未試行
一覧
  1. // 選択系
  2. $('#jstree').jstree('select_all'); // 全選択
  3. $('#jstree').jstree('check_all'); // 全選択
  4. $('#jstree').jstree('deselect_all'); // 全選択解除
  5.  
  6. $('#jstree').jstree('select_node', node.id); // 個別選択
  7. $('#jstree').jstree('deselect_node', node.id); // 個別選択解除
  8.  
  9. // オープン系
  10. $('#jstree').jstree('open_all'); // 全開く
  11. $('#jstree').jstree('close_all'); // 全閉じる
  12. // 後はパターンで考えてましょう。。。
本体解析
this

全部でないかもしれないけど、本体コード中に現れる this は
カスタマイズの際には $(selectorTree).jstree(true) に読みかえればよいかも?

Loading

本体の Ajax 通信を利用せずに、独自の通信ロジックにしたら
Loading 表示のやり方がわからなかった。

独自にした理由

どこの例を見ても、’data’ : のところが、{ “id” : node.id } となっていて、それ以外のデータの渡し方がわからなかったから
当該ノードだけを更新するわけでなくて、ツリー全体を更新しているから

本体解析

うまい例を見つけられなかったので、本体を見てみた。

jstree.js
  1. refresh : function (skip_loading, forget_state) {
  2.  
  3.     __snip__
  4.  
  5.     if(!skip_loading) {
  6.         this.element.html("<"+"ul class='"+c+"' role='group'><"+"li class='jstree-initial-node jstree-loading jstree-leaf jstree-last' role='treeitem' id='j"+this._id+"_loading'><i class='jstree-icon jstree-ocl'></i><"+"a class='jstree-anchor' href='#'><i class='jstree-icon jstree-themeicon-hidden'></i>" + this.get_string("Loading ...") + "</a></li></ul>");
  7.         this.element.attr('aria-activedescendant','j'+this._id+'_loading');
  8.     }
  9.  
  10.     __snip__
  11. }

どうやら、ここで表示しているらしい。

本体の HTML を一旦 Loading 用に書き換えちゃってるのね~。

refresh

それで、いくつか refresh メソッドを試してみたけど表示されなかった。

  1. $(selectorTree).jstree(true).trigger('refresh');
  2.  
  3. // create で試したけど、当該ノードが消えただけ
  4. // refresh をかけたわけだから、create に前に戻るので当たり前
  5. $(selectorTree).jstree(true).refresh();
Loading 表示

上記の HTML の内、わからないところとか、不必要と思われる箇所を少しだけ除いて
無理くり下記のようにしてみたら、ツリー全体を Loading 画像で置き換えることができた。

  1. var htmlLoading = '<ul class="jstree-container-ul jstree-children" role="group">'
  2. + '<li class="jstree-initial-node jstree-loading jstree-leaf jstree-last" role="tree-item">'
  3. + '<i class="jstree-icon jstree-ocl"></i>'
  4. + '<a class="jstree-anchor" href="#">'
  5. + '<i class="jstree-icon jstree-themeicon-hidden"></i>Loading ...'
  6. + '</a>'
  7. + '</li>'
  8. + '</ul>';
  9.  
  10. $('#jstree').jstree(true).element.html(htmlLoading);
refresh

そのまんま。
読み込んだときの状態に戻す。

  1. $(selectorTree).jstree(true).refresh();
  2.  
  3. $(selectorTree).jstree(true).refresh(false, false);

第1引数:skip_loading。Loading 表示をスキップするか否か
第2引数:forget_state。現状を記憶するか否か

参考サイト

株式会社アンフィニ 技術ブログ:【javascript】jQueryプラグイン jsTreeの紹介
海外製ライブラリ・Web API ドキュメントの翻訳ページ:jsTreeドキュメント日本語訳

jQuery,Library & PlugIn & AddIn | 2015-10-28 (水) 14:21:48 |

UI -> dialog

Posted by muchag | jQuery | 2015-04-07 (火) 16:53:37

ダイアログウィジェット。

jQuery UI:Dialog Widget

ボタン要素
テキスト
  1. buttons: {
  2.     'AAA': function( event ) {
  3.         if ( $( event.target ).text() == 'AAA' ) {
  4.             $( event.target ).text( 'XXX' );
  5.         }
  6.         else if ( $( event.target ).text() == 'XXX' ) {
  7.             $( event.target ).text( 'AAA' );
  8.         }
  9.     },
  10.     'キャンセル': function() {
  11.         $( this ).dialog( 'close' );
  12.     }
  13. },

これで、ボタンをクリックする毎にテキストを入れ替えることができた。
けど、ボタンのサイズが。。。ちっちゃくなっちゃった。。。

参考サイト

StackTrace jQuery UI API 1.8.4 日本語リファレンス:Dialog
→ボタンテキストの取得はこちらを参考にさせていただいた
js STUDIO:Dialog
jQuery UI の使い方:dialog(options)
Qiita:Dialogのボタンそれぞれにclassを設定する
→ボタンのオプション指定について、他とは異なった書式が紹介されている

jQuery | 2015-04-07 (火) 16:53:37 |

UI -> 概要

Posted by muchag | jQuery | 2015-04-07 (火) 16:43:17

jQuery のユーザーインターフェース担当。

jQuery UI

DL

jQuery UI:Download Builder
ここから、全体、もしくは必要機能に絞った DL ができる。

テーマ

ユーザーインターフェースのテーマが、デフォルトで24種類用意されている。

jQuery UI:ThemeRoller
ここの左ペインにある ThemeRoller。
Roll Your Own タブでカスタマイズができる。
Gallary タブで、デフォルト24種類を一覧できる。

jQuery | 2015-04-07 (火) 16:43:17 |

.each()

Posted by muchag | jQuery | 2015-04-05 (日) 21:56:46

エレメント集合の1つ1つに順番にアクセスするメソッド。

jQuery:.each()

【環境】
jQuery:1.11.2
書式
  1. <ul>
  2.   <li>foo</li>
  3.   <li>bar</li>
  4. </ul>
  1. $( "li").each(function(index) {
  2.   console.log(index + ": " + $(this).text());
  3. });

 

continue, break

continue → return true
break → return false

地潜の日記:jQuery の each() の continue / break は・・・

jQuery | 2015-04-05 (日) 21:56:46 |

jquery.combobox.js

Posted by muchag | jQuery,Library & PlugIn & AddIn | 2015-04-03 (金) 10:15:30

選択、入力ともにできるコンポーネントが欲しくて
コンボボックスのやり方を調べてみた。

HTML5 になって、テキストボックスに候補を表示することができるようになったみたいだけど、オートコンプリート機能のためらしく、1文字入れるだけで候補が絞られちゃう。
仕方ないので、JavaScript で実現。
作者の方、ありがとうございます!

DL

SQL の窓:使いどころが難しいですが、入力をコンボボックス化する jQuery プラグインの実装が不便だったので、modify しました。
のリンクから
jquery.combobox.js
style.css
をいただいてきた。

導入

上記プラグインファイルと CSS ファイルを読み込む。

  1. <input type="text" id="hoge" />
  1. $( '#hoge' ).combobox([
  2.     '1',
  3.     '2',
  4.     '3',
  5. ]);

これで終わり!
かんた~ん♪

jQuery,Library & PlugIn & AddIn | 2015-04-03 (金) 10:15:30 |

pjax(defunkt) -> フォームの値の受け渡し

Posted by muchag | jQuery,Library & PlugIn & AddIn,困ったTT | 2015-02-18 (水) 12:44:50

フォームの値の受け渡しについて。

【環境】
jQuery:2.1.3
pjax(defunkt):1.9.4
GET

GET 渡しはすんなりできた。

  1. var url = 'index.php';
  2. var data = {
  3.     name : $( 'input[name = "name"]' ).val(),
  4.     value : $( 'input[name = "value"]' ).val()
  5. };
  6. $.pjax({
  7.     url: url,
  8.     type: 'GET',
  9.     data: data,
  10.     container: '#container',
  11. });
  1. // print_r( $_GET ); 結果
  2. Array
  3. (
  4.     [name] => hoge
  5.     [value] => 1
  6. )

 

JSON

dataType を json にしても、結果は同じ。

  1. $.pjax({
  2.     url: url,
  3.     type: 'GET',
  4.     data: data,
  5.     dataType: 'json',
  6.     container: '#container',
  7. });

 

JSONP

dataType を jsonp にすると、2つばかり $_GET の値が増えた。。。

  1. $.pjax({
  2.     url: url,
  3.     type: 'GET',
  4.     data: data,
  5.     dataType: 'jsonp',
  6.     container: '#container',
  7. });
  1. // print_r( $_GET ); 結果
  2. Array
  3. (
  4.     [callback] => jQuery21309920695357463317_1424227516871
  5.     [name] => hoge
  6.     [value] => 1
  7.     [_] => 1424227516872
  8. )

まぁ、JSON と JSONP のお勉強は今度ということで。 🙄
 

POST
  1. var url = 'index.php';
  2. var data = {
  3.     name : $( 'input[name = "name"]' ).val(),
  4.     value : $( 'input[name = "value"]' ).val()
  5. };
  6. $.pjax({
  7.     url: url,
  8.     type: 'POST',
  9.     data: data,
  10.     container: '#container',
  11. });
  1. // print_r( $_POST ); 結果
  2. Array
  3. (
  4. )

$_POST を取得できていない。
そして通信時間が長くなった。

dataType を text にしても、結果は同じ。
 

serialize()

data を serialize() にしても結果は同じ。

  1. var url = 'index.php';
  2. $.pjax({
  3.     url: url,
  4.     type: 'POST',
  5.     data: $( 'form' ).serialize(),
  6.     container: '#container',
  7. });

 

JSON, JSONP

dataType を json にしたら、通信すら行われなくなった。
JSONP にしても、通信は行われない。

  1. $.pjax({
  2.     url: url,
  3.     type: 'GET',
  4.     data: data,
  5.     dataType: 'json',
  6.     container: '#container',
  7. });

 
困った
仕方ないので、今回は GET で対応。

jQuery,Library & PlugIn & AddIn,困ったTT | 2015-02-18 (水) 12:44:50 |

フォームの値処理

Posted by muchag | jQuery | 2015-02-17 (火) 18:55:45

フォームの値の取得と設定。
一覧サイトをめっけたので、参考サイトのみ。

参考サイト

JavaScript好き:jQueryにおけるフォーム値の取得と設定

jQuery | 2015-02-17 (火) 18:55:45 |

タブメニュー 横その1

Posted by muchag | jQuery | 2015-02-17 (火) 18:10:40

横並びのタブメニューその1。

【環境】
jQuery:1.11.2
HTML
  1. <div id="tab">
  2. <ul>
  3.     <li>tab_1</li>
  4.     <li>tab_2</li>
  5.     <li>tab_3</li>
  6. </ul>
  7. </div>

 

CSS
  1. #tab ul li {
  2.     float: left;
  3.     height:20px;
  4.     margin:0px 0px 0px 10px;
  5.     padding:5px 15px 5px 15px;
  6.     border:1px solid #ddd;
  7.     color: #999;
  8.     background-color:#ddd;
  9.     cursor:pointer;
  10. }
  11. #tab ul li.selected {
  12.     color: #000;
  13.     background-color:#fff;
  14.     cursor:default;
  15. }

 

jQuery
  1. $( '#tab ul' ).on( 'click', 'li', function() {
  2.     $( 'li.selected' ).removeClass( 'selected' );
  3.     $( this ).addClass( 'selected' );
  4. })
  5.  
  6. $( '#tab ul li' ).first().trigger( 'click' );

 
ソースはほぼ参考サイトからいただいてきた。
 

参考サイト

jQuery 入門:タブメニュー(1)

jQuery | 2015-02-17 (火) 18:10:40 |

.first()

Posted by muchag | jQuery | 2015-02-17 (火) 17:50:13

エレメントセットの中の最初のエレメントを拾ってくるメソッド。

jQuery:.first()

【環境】
jQuery:1.11.2
書式

.first()

Reduce the set of matched elements to the first in the set.
勝手意訳:合致するエレメントセットから、セット内の最初のオブジェクトを捕まえる

引数:なし
返り値:jQuery オブジェクト
 

  1. <ul>
  2.     <li>list item 1</li>
  3.     <li>list item 2</li>
  4.     <li>list item 3</li>
  5.     <li>list item 4</li>
  6.     <li>list item 5</li>
  7. </ul>
  1. $( "li" ).first().css( "background-color", "red" );

li というエレメントセット(5個)の最初のオブジェクト

  1. <li>list item 1</li>

を捕まえて CSS を設定する。
 
child 系ではないので、ul に対する first ではない。

jQuery | 2015-02-17 (火) 17:50:13 |
次ページへ »