GitFlow for Visual Studio 2017

Posted by muchag | Git,Library & PlugIn & AddIn,Visual Studio | 2018-01-21 (日) 18:49:35

Visual Studio に GitFlow を導入するための機能拡張。

マーケットプレイス:GitFlow for Visual Studio 2017

【環境】
Visual C#: Community 2017
導入

上記ページから、.vsix ファイルを DL して開けば、
インストール作業が始まる。

その前に VS を閉じておくとスムーズ。

インストール後、チーム エクスプローラーのメニューに
「GitFlow」が追加される。

初期設定

「GitFlow」へ移動して [Initialize]
[OK]

運用

「GitFlow」へ移動
[Start Feature]
[Start Release]
[Start Hotfix]
[Other]

作成

[Start Feature]
Feature 名を入力
[Create Feature]

その他

[Finish Feature]
[Finish Release]
[Finish Hotfix]

Git,Library & PlugIn & AddIn,Visual Studio | 2018-01-21 (日) 18:49:35 |

さくら VPS -> Composer

Posted by muchag | Library & PlugIn & AddIn,PHP,さくらインターネット | 2018-01-16 (火) 22:41:44

【環境】
Composer: 1.6.2
php: 7.1.13
CentOS: 7.4.1708
さくらインターネット:VPS 2G プラン
インストール

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
All settings correct for using Composer
Downloading...

Composer (version 1.6.2) successfully installed to: /root/composer.phar
Use it: php composer.phar
起動

php composer.phar
Do not run Composer as root/super user! See https://getcomposer.org/root for details
   ______
  / ____/___  ____ ___  ____  ____  ________  _____
 / /   / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__  )  __/ /
\____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/
                    /_/
Composer version 1.6.2 2018-01-05 15:28:41

Usage:
  command [options] [arguments]

Options:
  -h, --help                     Display this help message
  -q, --quiet                    Do not output any message
  -V, --version                  Display this application version
      --ansi                     Force ANSI output
      --no-ansi                  Disable ANSI output
  -n, --no-interaction           Do not ask any interactive question
      --profile                  Display timing and memory usage information
      --no-plugins               Whether to disable plugins.
  -d, --working-dir=WORKING-DIR  If specified, use the given directory as working directory.
  -v|vv|vvv, --verbose           Increase the verbosity of messages: 1 for normal output, 2 for more verbose output and 3 for debug

Available commands:
  about                Shows the short information about Composer.
  archive              Creates an archive of this composer package.
  browse               Opens the package's repository URL or homepage in your browser.
  check-platform-reqs  Check that platform requirements are satisfied.
  clear-cache          Clears composer's internal package cache.
  clearcache           Clears composer's internal package cache.
  config               Sets config options.
  create-project       Creates new project from a package into given directory.
  depends              Shows which packages cause the given package to be installed.
  diagnose             Diagnoses the system to identify common errors.
  dump-autoload        Dumps the autoloader.
  dumpautoload         Dumps the autoloader.
  exec                 Executes a vendored binary/script.
  global               Allows running commands in the global composer dir ($COMPOSER_HOME).
  help                 Displays help for a command
  home                 Opens the package's repository URL or homepage in your browser.
  info                 Shows information about packages.
  init                 Creates a basic composer.json file in current directory.
  install              Installs the project dependencies from the composer.lock file if present, or falls back on the composer.json.
  licenses             Shows information about licenses of dependencies.
  list                 Lists commands
  outdated             Shows a list of installed packages that have updates available, including their latest version.
  prohibits            Shows which packages prevent the given package from being installed.
  remove               Removes a package from the require or require-dev.
  require              Adds required packages to your composer.json and installs them.
  run-script           Runs the scripts defined in composer.json.
  search               Searches for packages.
  self-update          Updates composer.phar to the latest version.
  selfupdate           Updates composer.phar to the latest version.
  show                 Shows information about packages.
  status               Shows a list of locally modified packages.
  suggests             Shows package suggestions.
  update               Upgrades your dependencies to the latest version according to composer.json, and updates the composer.lock file.
  upgrade              Upgrades your dependencies to the latest version according to composer.json, and updates the composer.lock file.
  validate             Validates a composer.json and composer.lock.
  why                  Shows which packages cause the given package to be installed.
  why-not              Shows which packages prevent the given package from being installed.
実行ファイルの移動

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

これで、直接 composer で利用できる。

おまけ
インストール時警告

実は上記インストール時に、下記2行目の警告が出ていた。


curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
PHP Warning:  Module 'intl' already loaded in Unknown on line 0
All settings correct for using Composer
Downloading...

Composer (version 1.6.2) successfully installed to: /root/composer.phar
Use it: php composer.phar

これは、php.ini で extension=intl.so をコメントアウトすることで消えたけど
CakePHP3 をインストールする際に intl は必要なはずなので、後ほど試す。

起動時警告

実は上記起動時に、下記2行目の警告が出ていた。


php composer.phar
Do not run Composer as root/super user! See https://getcomposer.org/root for details

あら、Composer って、root で利用してはいけないのね~。

実行ファイルを移動させて、一般ユーザに戻って利用したら
上記警告は出なくなった。

ちなみに、インストールを root でしたせいか
実行ファイルを移動しておかないと、php composer.phar では、実行できず


php composer.phar
Could not open input file: composer.phar

このように怒られた。。。

参考サイト

WinRoad徒然草:さくらのVPSサーバーにLaravelのインストール(2015-03-23)

VirtualBox + CakePHP + Eclipse + xdebug

Posted by muchag | CakePHP 3.x,Eclipse,Library & PlugIn & AddIn,VirtualBox | 2017-12-09 (土) 21:31:49

【環境】
VirtualBox グラフィカルユーザーインターフェース: 5.1.24 r117012 (Qt5.6.2)
php: 7.1.5
CakePHP:3.4
Eclipse: 4.7
xdebug: 2.5.5
xdebug のインストール

yum --enablerepo=remi-php71 -y install php71-php-pecl-xdebug

例によって、標準以外のディレクリにインストールされるので、コピー。


find / -name 'xdebug.so'
/opt/remi/php71/root/usr/lib64/php/modules/xdebug.so
cp /opt/remi/php71/root/usr/lib64/php/modules/xdebug.so /usr/lib64/php/modules/xdebug.so
ll /usr/lib64/php/modules/ | grep xdebug
-rwxr-xr-x 1 root root  261560 12月  9 21:28 xdebug.so
設定
php.ini
/etc/php.ini

[xdebug]
zend_extension=xdebug.so
xdebug.default_enable = 1
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_autostart=1
xdebug.remote_host=192.168.56.1
Eclipse
実行構成
  1. [実行]-[実行構成]
  2. 「実行構成」ダイアログ
    1. 左ペイン
      1. [PHP Web アプリケーション] を選択
      2. 上部ツールボタンから [新規の起動構成]
    2. 右ペイン
      1. 名前:任意
      2. 「サーバー」タブ
        1. PHP サーバー:[新規]
        2. 「PHP サーバーの作成」ダイアログ
          1. 「新規 PHP サーバー」
            1. サーバー名:任意
            2. ベース URL:http://192.168.56.2
            3. [次へ]
          2. 「デバッガー設定」
            1. デバッガー:[XDebug]
            2. 右の [グローバル設定] リンクをクリック
            3. 「XDebug」ダイアログ
              1. リモート・セッション受信(JIT):[任意] を選択
              2. [OK]
            4. ポート:任意(php.ini で設定した値)
            5. [次へ]
          3. 「パス・マッピング」
            1. [追加]
            2. 「パスマッピングの追加」ダイアログ
            3. 「新規パス・マッピングの追加」
              1. サーバー上のパス:/var/www/html/hoge
              2. 「ファイル・システムのパス」を選択
              3. ファイル・システムのパス:[参照] から、Windows ローカルの index.php があるディレクトリを選択
              4. [OK]
          4. [完了]
        3. ファイル:[参照] から、Eclipse プロジェクトディレクトリ内の index.php を選択
        4. URL
          1. [自動生成] の✔を外す
          2. URL:右のテキストボックスに /index.php
    3. [実行]
デバッグ

[ウインドウ]-[設定]
「設定」ダイアログ
左ペイン [PHP]-[デバッグ]
右ペイン [最初の行でブレーク] の✔を外す

デバッグ実行

[デバッグ] ツールボタン(虫アイコン)で、直前のデバッグ構成を実行。
[デバッグ] ツールボタン(虫アイコン)右の▼から、デバッグ対象を選択して実行。

リモート・セッション

実は上記設定を最初に行ったときは、
左記のようなアラートが出た。

アラートの [here] からダイアログを開き
リモート・セッション受信(JIT):[任意] を選択したら、
無事にブレークポイントで止まってくれた♪

外部ブラウザ

スマートフォンサイトのエミュレーションであったり
デベロッパーツールを利用するために
Chrome 上でデバッグを行いたい場合は
スマートフォンサイト

CakePHP 3.x,Eclipse,Library & PlugIn & AddIn,VirtualBox | 2017-12-09 (土) 21:31:49 |

prism.js

Posted by muchag | Library & PlugIn & AddIn,WordPress | 2017-12-07 (木) 22:30:03

今度こそ、長年愛用してきた iG:Syntax Hiliter とおさらばすることになりそう。
寂しい><
前回

公式:Prism

【環境】
PrismJS: 1.9.0
導入
設定

公式サイトの ダウンロードページ にて設定。

わけも分からず、欲張って入れたので
Total filesize: 146.01KB (96% JavaScript + 4% CSS)
あちゃーw

()内は、<code class=”language-xxxxx”> の xxxxx に設定すべき値。
公式:Supported languages

  • Compression level:
    • カスタマイズをしたいので、[Development version] を選択
  • Core
  • Themes
    • ダークテーマが好きなので、[Okaidia]
  • Languages
    • Markup(markup)
    • CSS(css)
    • C-like(clike)
    • JavaScript(javascript)
    • ActionScript(actionscript)
    • Apache Configuration(apacheconf)
    • AppleScript(applescript)
    • Bash(bash)
    • BASIC(basic)
    • Batch(batch)
    • C(c)
    • C#(csharp)
    • C++(cpp)
    • CoffeeScript(coffeescript)
    • Diff(diff)
    • Docker(docker)
    • Git(git)
    • Go(go)
    • Haskel(haskell)
    • HTTP(http)
    • Ini(ini)
    • Java(java)
    • JSON(json)
    • Less(less)
    • Markdown(markdown)
    • nginx(nginx)
    • Objective-C(objectivec)
    • PHP(php)
    • .properties(properties)
    • Python(python)
    • Ruby(ruby)
    • Sass (Sass)(sass)
    • Sass (Scss)(scss)
    • Scala(scala)
    • Smarty(smarty)
    • SQL(sql)
    • Stylus(stylus)
    • Swift(swift)
    • Textile(textile)
    • Twig(twig)
    • TypeScript(typescript)
    • VB.Net(vbnet)
    • vim(vim)
    • Wiki markup(wiki)
    • YAML(yaml)
  • Plugins
    • Line Highlight
    • Line Numbers
    • Autolinker
    • Show Language
    • JSONP Highlight
    • Highlight Keywords
    • Remove initial line feed
    • Command Line
    • Unescaped Markup
    • Toolbar
DL

ページ下部より .js と .css を個別に DL。

配置

テーマディレクトリ内に配置。

/theme_directory/css/prism.css
/theme_directory/js/prism.js
WordPress へ組み込み
/wp-includes/functions.php

へ、下記を追加。
nobbi LABO:WordPressでシンタックスハイライトならPrism.jsが軽量&多機能でベストチョイス(2017-03-27)


/*---------------------------------------------------------
 * Prism.jsの呼び出し
 ----------------------------------------------------------*/
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'startPrism' );
function startPrism() {

 	wp_enqueue_style( 'prism-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/css/prism.css' );
 	wp_enqueue_script( 'prism-script', get_stylesheet_directory_uri() . '/js/prism.js', array('jquery'), '20171206', true );
}
利用
書式

<pre>
<code>

</code>
</pre>

この中にコードを書くだけ。

メタ文字

HTML タグなどは、そのまま書くとおかしくなるので
調整が必要。

エスケープ(サニタイズ)

Syncer:HTML Escape / Unescape
mwSoft Tools:HTMLエスケープ(サニタイズ)ツール

スクリプト扱い

公式:Unescaped markup


<script type="text/plain" class="language-markup">
<p>Example</p>
</script>

と書かれていたけど、実際にやってみるとうまく表示されない。

コメント化

公式:Unescaped markup


<pre class="language-markup"><code><!--
<p>Example</p>
--></code></pre>

と書かれていたけど、実際にやってみるとうまく表示されない。

改行

個人的には、下記のように、code タグとコード本文は改行して記述したいのだけど


<pre class="line-numbers" data-language="HTML" data-start="" data-line="">
<code class="language-markup">
&lt;script type=&quot;text/plain&quot; class=&quot;language-markup&quot;&gt;
&lt;p&gt;Example&lt;/p&gt;
&lt;/script&gt;
</code>
</pre>

このように記述すると、下記のごとく、

  • 先頭行が空白
  • 最後尾に空白

という見た目になってしまう。



<script type="text/plain" class="language-markup">
<p>Example</p>
</script>

なので、

  • 公式:Remove initial line feed を導入することで先頭行を解決
  • code 閉じタグをコード本文の最後に続けることで最後尾を解決

<pre class="line-numbers" data-language="HTML" data-start="" data-line="">
<code class="language-markup">
&lt;script type=&quot;text/plain&quot; class=&quot;language-markup&quot;&gt;
&lt;p&gt;Example&lt;/p&gt;
&lt;/script&gt;</code>
</pre>
class

<code> へ class=”language-xxxxx” と指定。


<pre>
<code class="language-xxxxx">

</code>
</pre>

xxxxx に書くべきワードは、上述。

行番号
サンプル
クラスの設定方法

公式:Different markup

言語毎のサンプル

公式:Per language examples

カスタマイズ
言語表記

下記優先順位にて決定される。

  1. <pre data-language=”xxxxx”>
  2. var Languages に定義されている内容
  3. <code class=”language-xxxxx”>

<code class=”language-xxxxx”> の xxxxx の部分に
prism.js 内に定義されていない語句を書けば、
Plain Text と判断されて、文字色は白一色となり
言語名は、xxxxx がパスカライズされる。

文字サイズ

言語表記が小さいと感じたので、font-size を修正。


pre.code-toolbar > .toolbar a,
pre.code-toolbar > .toolbar button,
pre.code-toolbar > .toolbar span {
	color: #bbb;
	/* font-size: .8em; ← コメントアウト */
	padding: 0 .5em;
	background: #f5f2f0;
	background: rgba(224, 224, 224, 0.2);
	box-shadow: 0 2px 0 0 rgba(0,0,0,0.2);
	border-radius: .5em;
}
行ハイライト

.line-highlight {
	position: absolute;
	left: 0;
	right: 0;
	padding: inherit 0;
	margin-top: 1em; /* Same as .prism’s padding-top */

	background: hsla(24, 20%, 50%,.08);
-	background: linear-gradient(to right, hsla(24, 20%, 50%,.1) 70%, hsla(24, 20%, 50%,0));
+	background: linear-gradient(to right, rgba(255, 255, 0, .3) 70%, rgba(255, 255, 0, 0));

138行目。
hsla はピンとこないので、rgba に書き換えて、アルファ値を調整した。

文字色

諸々調整。

Library & PlugIn & AddIn,WordPress | 2017-12-07 (木) 22:30:03 |

AngularJS Eclipse 1.2.0

Posted by muchag | AngularJS,Eclipse,Library & PlugIn & AddIn | 2017-09-03 (日) 11:21:41

AngularJS 用プラグイン。

【環境】
Eclipse:Oxygen (4.7)
AngularJS Eclipse:1.2.0.201606160950
OS:Windows10 Pro 64bit
インストール

マーケットプレイスからインストール。

適用

プロジェクトのコンテキストメニュー
[構成]-[Convert to AngularJS Project…]

Term Plugin の
[モジュール] というダイアログが出るので [適用して閉じる]

設定
検証

プロジェクトのコンテキストメニュー
[プロパティー]

左ペン [検証]-[HTML 構文]
[プロジェクト固有の設定を可能にする] にチェック
[次の検証問題の重大度レベルを選択:]

要素

[不明なタグ名]-[無視]
[無効なタグ名]-[無視]

属性

[未定義の属性名]-[無視]
[未定義の属性値]-[無視]

[適用して閉じる]
[検証設定が変更されました] ダイアログがでるので [はい]

アウトライン

[ウィンドウ]-[ビューの表示]-[その他]
[JavaScript]-[Tern Outline]
で、専用アウトラインビューが開く。

参考サイト

Java Code Geeks:Eclipse IDE AngularJS Tutorial

AngularJS,Eclipse,Library & PlugIn & AddIn | 2017-09-03 (日) 11:21:41 |

EPP Marketplace Client

Posted by muchag | Eclipse,Library & PlugIn & AddIn | 2017-09-03 (日) 10:35:24

プラグイン配布所のクライアント。

【環境】
Eclipse:Oxygen (4.7)
EPP Marketplace Client:1.5.1.v20160929-1432
OS:Windows10 Pro 64bit
概要

Marketplace もプラグインなんだそうで
Oxygen インストール時には、存在しなかったので
手動で追加。

インストール

2017-09-03 現在
Oxygen 用マーケットプレイス配布ページ は、まだ存在しないようなので
Neon 用マーケットプレイス配布ページ からインストールした。

これによる不具合が起きませんように。。。

Eclipse,Library & PlugIn & AddIn | 2017-09-03 (日) 10:35:24 |

jQuery Easing Plugin

Posted by muchag | jQuery,Library & PlugIn & AddIn | 2016-03-05 (土) 10:49:20


jQuery Easing Plugin (version 1.3)
最終更新日:2013-01-31

【環境】
jQuery: 1.11.3
jquery.easing.: 1.3
概要

アニメーション動作パターン集。

jQuery が持つアニメーション動作パターンを拡張してくれる。

DL

jQuery Easing Plugin (version 1.3) の Download より
jquery.easing.1.3.js のリンクをクリック。

一覧

Easing Function 早見表

jQuery,Library & PlugIn & AddIn | 2016-03-05 (土) 10:49:20 |

インストール 1.8.1 キャッシュ 編

Posted by muchag | Library & PlugIn & AddIn,XAMPP | 2016-01-24 (日) 16:49:20

インストール 1.8.1

キャッシュ用ライブラリの導入。

【環境】
XAMPP for Windows: 1.8.1
APC
DL

APC:Win Web Dev より DL。
いっぱいあってよくわからないので
参考サイトの説明書に従った。

表記にtsとあるのはthread safe、ntsとあるのはnon thread safeという意味。ということでApacheはtsバージョン、IISはntsバージョンを使います。

OXY NOTES:XAMPP1.8.2にAPCとmemcachedを導入する方法

2016-01-24 現在
php_apc_3114_beta_php54_win7-2008.zip

配置
解凍

DL してきた ZIP ファイルを解凍すると

php_apc_3114_beta_php54_win7-2008.dll

というファイルが出てくる。

リネーム
php_apc.dll

と、リネーム。

配置
D:\xampp\php\ext

内へ配置。

php.ini

php.ini へ下記のように追記。

  1. extension=php_apc.dll ; added 2016-01-24
  1. [APC]
  2. ; added 2016-01-24
  3. apc.enabled = 1
  4. apc.shm_size = 32M
  5. apc.ttl = 0
  6. apc.user_ttl = 0
  7. apc.gc_ttl = 3600
  8. apc.stat = 1
Memcached
参考サイト

OXY NOTES:XAMPP1.8.2にAPCとmemcachedを導入する方法

Library & PlugIn & AddIn,XAMPP | 2016-01-24 (日) 16:49:20 |

YEdit

Posted by muchag | Eclipse,Library & PlugIn & AddIn | 2016-01-06 (水) 17:38:42

テーマを「ダーク」にしているせいか
YAML ファイル内容がグレー一色で暗いので、
こちらを試してみた。
GitHub:YEdit

【環境】
Eclipse:Mars.1 (4.5.1) PHP
OS:Windows7 SP1 64bit
インストール
  1. [ヘルプ]-[Eclipse マーケットプレース]
  2. Eclipse マーケットプレース
    1. 検索窓で「YEdit」
    2. [インストール]
  3. 選択されたフィーチャーの確認
    1. [確認]
  4. ライセンスのレビュー
    1. [使用条件の条項に同意します] を選択
    2. [完了]
関連付け
  1. [ウインドウ]-[設定]
  2. 左ペイン:[一般]-[エディター]-[ファイルの関連付け]
    1. ファイルの関連付け
      1. ファイルタイプ
        1. 選択。なければ [追加]
      2. 関連付けられたエディター
        1. 選択。なければ [追加]
    2. [OK]
書式設定
  1. [ウインドウ]-[設定]
  2. 左ペイン:[YEdit Preferences]-[「色」設定]
メモ
  • コメント:RGB(98, 98, 98)
  • キー:RGB(167, 236, 33)
  • Scalars:RGB(232, 198, 163)
  • 定数:RGB(167, 236, 33)、太字
  • アンカー:未設定
  • エイリアス:未設定
  • タグ:未設定
  • 文書:未設定
  • デフォルト:未設定
Eclipse,Library & PlugIn & AddIn | 2016-01-06 (水) 17:38:42 |

EGit -> ブランチ

Posted by muchag | Eclipse,Library & PlugIn & AddIn | 2015-12-08 (火) 19:04:16


Eclipse:EGit/User Guide Branching

【環境】
Eclipse:Mars.1 (4.5.1) PHP
EGit:4.1.1.201511131810-r
OS:Windows7 SP1 64bit
切り替え(checkout)

Eclipse:EGit/User Guide Checking out an existing Branch
→スタート地点が3通り載っている。

プロジェクトコンテキストメニュー

  1. [チーム]-[切り替え]-[(当該ブランチ)]
新規作成

Eclipse:EGit/User Guide Creating a New Local Branch
→スタート地点が3通り載っている。

プロジェクトコンテキストメニュー

  1. [チーム]-[切り替え]-[新規ブランチ]
  2. 新規ブランチの作成(Branch Creation Dialog
    1. ソース:変更したいときは [選択] *1
    2. ブランチ名:任意
    3. プッシュおよびプルのアップストリームを構成する
      1. プルを行う場合
        1. 現在、詳細不明。大体の意味を理解した上で、ひとまず下記の通り
        2. ◎アップストリームのコミットをローカル・ブランチにマージする
        3. ◯アップストリームにローカル・ブランチのコミットをリベースする
    4. 完了

*1:ソースの選択
ローカル、リモートから任意に選択できる

プッシュ

プロジェクトコンテキストメニュー

  1. [チーム]-[リモート]-[プッシュ]
  2. 宛先 Git リポジトリー
    1. ◎構成済みリモート・リポジトリー
      1. 当該リモート先を選択
    2. ◯カスタム URI
      1. 一時的なリポジトリを利用する際に用いる(Pushing to other Repositories
    3. [次へ] ※1
  3. プッシュ仕様指定
    1. 作成/更新仕様の追加
      1. ソース参照:選択(ソースを選択すると、宛先に同名ブランチが自動選択される)
      2. 宛先参照:選択
      3. [仕様の追加] これで、プッシュの仕様という欄に追加される
    2. 事前定義仕様の追加
      1. ここの欄は、プッシュ仕様をまとめて追加したいときに利用するみたい
      2. [構成済みプッシュ仕様の追加]
      3. [すべてのブランチ仕様を追加]
        1. 読んだまんま。全てのブランチをプッシュするプッシュ構成となる
      4. [すべてのタグ仕様の追加]
    3. [‘origin 構成に仕様を保管] にチェックをすると、次回以降、プッシュ仕様の設定をスキップできる?/li>
    4. [次へ] or [完了]
  4. プッシュ確認
    1. プッシュ内容を表示してくれる
    2. 完了
  5. プッシュ結果
    1. プッシュ結果を表示してくれる
    2. [OK]

※1:次のダイアログのプッシュ仕様を設定しない状態で、ここで [完了] とすると
Can’t connect to any repository:
というエラーになる。

マージ&リベース
マージ リベース
概略 各ブランチの履歴がそのまま残る 履歴が統合される
メリット コミットの改変が起こらない
操作が容易
履歴が一本化される
デメリット 履歴が複雑化する コミットの改変が起こる
操作が多少煩雑
適性 リモートをローカルへ統合するとき ローカルをリモートへ統合するとき
参考サイト

The Powerful Code:使い分けできていますか?マージ(merge)&リベース(rebase)再入門
→メリット&デメリットおよび適性が記述されており、大変わかりやすい説明でした。感謝!

マージ

branchA で開発していた新機能を master へマージするという前提。
マージ元:branchA
マージ先:master
とする。

  1. ブランチを master へ切り替える
  2. [チーム]-[マージ](プロジェクトコンテキストメニュー)
  3. Merge ‘master’
    1. ツリーからマージ元ブランチを選択(今回は [ローカル]-[branchA])
    2. マージ・オプション
      1. 現状意味不明なので、デフォルトのまま
      2. ◎コミット
      3. ◯コミットなし
      4. ◯スカッシュ
    3. 高速フォワード・オプション
      1. 現状意味不明なので、デフォルトのまま
      2. ◎高速フォワードの場合はブランチ位置のみ更新する
      3. ◯高速フォワードの場合はマージ・コミットを作成する
      4. ◯高速フォワードでない場合は失敗
    4. [マージ]
  4. マージ結果
    1. マージ結果を表示してくれる
    2. [OK]
コンフリクト解消

マージした結果、コンフリクト(競合)を起こすことがある。

コンフリクトを起こしているファイルを開く
コンフリクト内容を、両方残すなり、片方を残すなり、対処
ファイルを保存
[チーム]-[索引に追加(Add to index)] とすることで、コンフリクトマークが消える
コンフリクトを全て解消したらコミット
プッシュ

コンフリクト箇所

プロジェクトエクスプローラ
コンフリクトを起こしているファイルにマーク(赤い左右矢印?)が付く
当該ファイル

  1. <<<<<<< HEAD
  2.     // 元々あったコード
  3.     $hoge = 0;
  4. =======
  5.     // マージしたコード
  6.     $hoge = 1;
  7. >>>>>>> refs/heads/3.8.17.1
リセット

プロジェクトコンテキストメニュー

  1. プロジェクトコンテキストメニューから [チーム]-[切り替え] で、リセットしたいブランチをアクティブにする
  2. プロジェクトコンテキストメニューから [チーム]-[リセット]
  3. リセット: project_name
    1. ツリーから、上書きしたいブランチを選択
    2. リセット先:ツリーでブランチを選択することで自動入力
      1. 「リセット先」と書かれると、「リセットしたいブランチ」のように受け取れるけど、
        実際は「当該ブランチをリセットするために元とするブランチ」をセットする
    3. リセット・タイプ
      1. ◯ソフト(HEAD 更新)
      2. ◯混合(HEAD およびインデックス更新)
      3. ◎ハード(HEAD, index, and working tree updated)
        1. 何かも全て更地にしてコピー
    4. リセット
  4. 確認ダイアログ [はい]
直前のコミット状態まで戻す

ファイルのコンテキストメニュー
[置換]-[HEAD 改訂]

参考サイト
河西 高明 BLOG:Eclipse EGit で作業ファイルの変更を個別に元に戻す方法

Eclipse,Library & PlugIn & AddIn | 2015-12-08 (火) 19:04:16 |
次ページへ »