XAMMP に別 PC からアクセスする際の設定

Posted by muchag | Windows,XAMPP | 2011-12-24 (土) 17:59:13

久し振りに別 PC にアクセスしてみたら
表示されない・・・orz

どうも Windows ファイアウォールの問題らしい。

【環境】
[Windows] XP SP3
[XAMPP] 1.7.3

以前のときは、Windows 2K だったから問題なかったのかなぁ。
というわけで、備忘録を。

  1. [コントロールパネル]-[Windows ファイアウォール]
  2. [例外] タブ
  3. [プログラムの追加]
  4. [参照] から Apache の実行ファイルを選択
    xampp/apache/bin/httpd.exe
  5. [OK]
  6. [OK]
Windows,XAMPP | 2011-12-24 (土) 17:59:13 |

Web 用の保存で余白を出さない手法

Posted by muchag | Illustrator | 2011-12-24 (土) 17:46:00


Illustrator で「Web およびデバイス用に保存」を行うと
周囲に1pxくらいの余白が勝手に付く。

これは相当困った機能だと思っていたけど
解決方法を発見したのでメモ。

【環境】
[Illustrator] CS5
症状

Illustrator で「Web およびデバイス用に保存」を行うと
周囲に1pxくらいの余白が勝手に付く。

と、この記事を書こうとして再現しようと思ったら
今度は余白が付かない・・・どうなってんのかしら・・・。

なので、SSはまた今度。
 

解決方法
  1. 長方形ツールを選択
  2. 保存したいサイズの長方形を作成
  3. その長方形を選択
  4. [オブジェクト]-[アートボード]-[アートボードに変換] から
    当該長方形をアートボードにしてしまう
  5. [ファイル]-[Web およびデバイス用に保存]
  6. 右ペイン中央にある [画像サイズ] タブを選択
  7. [アートボードサイズでクリップ] にチェックを付けて [適用]
  8. 後は好みのタイプを設定して [保存]
Illustrator | 2011-12-24 (土) 17:46:00 |

TeraTermMacro

Posted by muchag | Tool | 2011-12-10 (土) 15:05:04

鯖の再起動など、何度も同じ作業をするようなものは
TeraTerm の Macro 機能を利用すると便利♪

リファレンス:TTL コマンドリファレンス

作成

TeraTerm の Macro 機能を利用するためには
TTL ファイルを作成する必要がある。
 

エディタ

それには TeraTerm 付属の TTLEditor を利用する。
 

文法

Tera Termマクロ:マクロの文法
こちらで一覧表を見つけた。

後、実際に作業してみて必要と思われたメモ。

  • 数値と文字列の型変換
    • 数値と文字列はちゃんと型区別がある
    • 数値 → 文字列 int2str コマンドを利用
    • 文字列 → 数値 str2int コマンドを利用

 

接続

鯖との接続には connect コマンドを利用する。
TTL コマンドリファレンス:connect

リファレンスを見ると具体的な記述法が数多く載っている。

が、繰り返し利用するものは変数に格納したいので
SOURCEFORGE.JP Magazine:Tera Termマクロ活用入門(2):リモートマシンを自在に操作する
を参考にして、プレインテキストを利用するバージョン。

  1. hostname = ***.***.***.***  ; IPアドレス(DNSでもOK?)
  2. username = 'hoge'
  3. password = 'password'
  4. ;keyfile = 'path'
  5.  
  6. msg = hostname
  7. strconcat msg ':22 /ssh /2 /auth='
  8. strconcat msg password
  9. strconcat msg ' /user='
  10. strconcat msg username
  11. strconcat msg ' /passwd="'
  12. strconcat msg password
  13. strconcat msg '"'
  14. connect msg

 
これで接続に成功。
 

shell コマンドの実行

sendln(SENDLN) コマンドを利用。

shell コマンドだけでなく、パスワードなどの入力値にも対応。

つまり、コンソール画面で自分が打ち込む文言を sendln で対応。
 

文字列の結合

strconcat コマンドを利用。

利用法は前述「接続」の例を参照。
 

構文
if

VB とほぼ同じ。
elseif, endif スペースなし。
= は1つ。

  1. if index = 1 then
  2.     sendln 'ls'
  3. elseif index > 2 then
  4.     sendln 'pwd'
  5. else
  6.     sendln 'cd /home'
  7. endif

 

for

趙簡略化。

  1. for index 1 5
  2.     sendln 'ls'
  3. next

 
まぁ ひとまずはこんな感じ。
 

実行

TTLEditor にて作成した TTL ファイルをダブルクリックするだけ。
 

関連付け

初回は TTL ファイルと TeraTerm の関連付けが行われていない場合がある。
(インストール時に関連付けしているか否かで決まるようだ)

その場合は、ダブルクリック後に
TeraTerm のインストールディレクトリにある
ttpmacro.exe に関連付ける。
参考元サイト:SOURCEFORGE.JP Magazine Tera Termマクロ活用入門(1):各種ログインを自動化する
 

参考元サイト

SOURCEFORGE.JP Magazine:Tera Termマクロ活用入門(1):各種ログインを自動化する

Tool | 2011-12-10 (土) 15:05:04 |

GD ライブラリ -> 画像のリサイズ

Posted by muchag | Library & PlugIn & AddIn,PHP | 2011-12-05 (月) 19:36:25

GD ライブラリにて画像のリサイズを行う手法。

imagecopyresampled

下の imagecopyresized に比べて良品質。

bool imagecopyresampled ( resource $dst_image , resource $src_image , int $dst_x , int $dst_y , int $src_x , int $src_y , int $dst_w , int $dst_h , int $src_w , int $src_h )
再サンプリングを行いイメージの一部をコピー、伸縮する

PHP Manual:imagecopyresampled

 

imagecopyresized

bool imagecopyresized ( resource $dst_image , resource $src_image , int $dst_x , int $dst_y , int $src_x , int $src_y , int $dst_w , int $dst_h , int $src_w , int $src_h )
画像の一部をコピーしサイズを変更する

PHP Manual:imagecopyresized

Library & PlugIn & AddIn,PHP | 2011-12-05 (月) 19:36:25 |

GD ライブラリ -> 画像の保存 or 出力

Posted by muchag | Library & PlugIn & AddIn,PHP | 2011-12-05 (月) 19:21:10

GD ライブラリにて画像保存または出力を行う手法。

GIF 形式

bool imagegif ( resource $image [, string $filename ] )

PHP Manual:imagegif

 

JPEG 形式

ImageJpeg
 

PNG 形式

bool imagepng ( resource $image [, string $filename [, int $quality [, int $filters ]]] )

PHP Manual:imagepng

Library & PlugIn & AddIn,PHP | 2011-12-05 (月) 19:21:10 |

GD ライブラリ -> ImageJpeg

Posted by muchag | Library & PlugIn & AddIn,PHP | 2011-12-05 (月) 19:14:08

GD ライブラリにて JPEG 画像品質を制御する手法。

bool imagejpeg ( resource $image [, string $filename [, int $quality ]] )
画像をブラウザあるいはファイルに出力する

PHP Manual:imagejpeg

第1引数:imagecreatetruecolor() のような画像作成関数が返す画像リソース
第2引数:ファイルの保存先のパス。省略可
第3引数:画像品質。0 ~ 100。デフォルト 75。省略可

  1. // 空の画像を作成し、テキストを追加します
  2. $im = imagecreatetruecolor(120, 20);
  3. $text_color = imagecolorallocate($im, 233, 14, 91);
  4. imagestring($im, 1, 5, 5,  'A Simple Text String', $text_color);
  5.  
  6. // content type ヘッダを、ここでは image/jpeg と設定します
  7. header('Content-Type: image/jpeg');
  8.  
  9. // 画像を出力します
  10. imagejpeg($im);
  11.  
  12. // メモリを開放します
  13. imagedestroy($im);

 

ファイルサイズの最大値を指定して、それ以内に抑える手法

tabris:GDによるJPG画像圧縮

Library & PlugIn & AddIn,PHP | 2011-12-05 (月) 19:14:08 |

GD ライブラリ -> 合成

Posted by muchag | Library & PlugIn & AddIn,PHP | 2011-12-05 (月) 19:03:33

GD ライブラリにて画像合成を行う手法。

合成
  1. // ベース空画像の作成
  2. $imgBase = ImageCreateTrueColor(320, 240);
  3.  
  4. // 合成したい画像1を指定
  5. $imgFirst = ImageCreateFromPng('images/first.png');
  6. // 合成したい画像1をベース画像に合成
  7. ImageCopy($imgBase, $imgFirst, 0, 0, 0, 0, 320, 240);
  8.  
  9. // 合成したい画像2を指定
  10. $imgSecond = ImageCreateFromPng('images/second.png');
  11. // 合成したい画像1をベース画像に合成
  12. ImageCopy($imgBase, $imgSecond, 0, 0, 0, 0, 320, 240);

 

bool imagecopy ( resource $dst_im , resource $src_im , int $dst_x , int $dst_y , int $src_x , int $src_y , int $src_w , int $src_h )
画像の一部をコピーする

PHP Manual:imagecopy

第1引数:コピー先の画像リンクリソース
第2引数:コピー元の画像リンクリソース
第3引数:コピー先の x 座標
第4引数:コピー先の y 座標
第5引数:コピー元の x 座標
第6引数:コピー元の y 座標
第7引数:コピー元の幅
第8引数:コピー元の高さ

Library & PlugIn & AddIn,PHP | 2011-12-05 (月) 19:03:33 |

GD ライブラリ

Posted by muchag | Library & PlugIn & AddIn,PHP | 2011-12-05 (月) 18:44:27

GD ライブラリは PHP にて画像処理を行うことができるライブラリ。

PHP Manual:画像処理 (GD)

インストール

今のところ、ありがたいことに
既にインストールされている環境ばかりなので
インストール作業が必要になったら書くことにする。

Library & PlugIn & AddIn,PHP | 2011-12-05 (月) 18:44:27 |

自動リンク解除

Posted by muchag | PukiWiki | 2011-12-03 (土) 14:34:32

PukiWiki はとっても便利。

が、ときにはこれが邪魔になることもあるね~。

今回はその1つ、単語に勝手にページ作成用のリンクを貼ってくれる機能。

Memcached? のように
専門用語っぽいものには、ページ作成用のリンクが自動的に付加されちゃう。

前々から、これや嫌だなぁ と思っていたけれども
検索キーワードが上手く見つけられず
本日ようやく解決策を発見。

PukiWiki 公式? 質問箱4/91

pukiwiki.ini.php
  1. /////////////////////////////////////////////////
  2. // _Disable_ WikiName auto-linking
  3. $nowikiname = 0;

この値を 1 にしてやると、自動リンクが付加されなくなる。

PukiWiki | 2011-12-03 (土) 14:34:32 |