このブログについて

Posted by muchag | 未分類 | 2007-03-01 (木) 2:33:38

このブログは、爺による「備忘録」です。
言葉の使い方をはじめ、間違っていることも多々あるかもしれません。
あくまでも「備忘録」ですので、これのブログを見て「怒っちゃやーよ!」

自己責任にて閲覧してくださいね
未分類 | 2007-03-01 (木) 2:33:38 |

my.cnf

Posted by muchag | MySQL | 2017-12-11 (月) 0:38:39

【環境】
MySQL: 5.7.18
追記
/etc/my.cnf

[mysqld]
character_set_server=utf8
default-storage-engine=InnoDB
innodb_file_per_table
group_concat_max_len=10000000

[ mysql] # ショートカットタグの都合で半角スペースを入れてある
default-character-set=utf8

[mysqldump]
default-character-set=utf8
innodb_file_per_table

公式:14.5.2 InnoDB File-Per-Table モード
よくわからないので、先輩の仰せの通りに。。。

group_concat_max_len

デフォルトが 1024 バイトって、UTF-8 だと、全角340文字くらいね。
大分少ないのね~

参考サイト

Qiita:apache php mysqlをインストール(yum)(2015-09-07)

MySQL | 2017-12-11 (月) 0:38:39 |

タイムゾーン

Posted by muchag | MySQL | 2017-12-10 (日) 23:47:19

【環境】
MySQL: 5.7.18
経緯

CakePHP3 を利用しているときに、下記エラーが出た。

SQLSTATE[HY000]: General error: 1298 Unknown or incorrect time zone: ‘Asia/Tokyo’

調べてみると、MySQL のタイムゾーン設定がなされていないとのこと。

mysql データベースを見ると、確かに空っぽだった。


mysql> select * from mysql.time_zone;
Empty set (0.00 sec)
手順
Linux 環境
コマンド

mysql_tzinfo_to_sql /usr/share/zoneinfo/ | mysql -u root mysql -p
Enter password:
Warning: Unable to load '/usr/share/zoneinfo//iso3166.tab' as time zone. Skipping it.
Warning: Unable to load '/usr/share/zoneinfo//zone.tab' as time zone. Skipping it.
Warning: Unable to load '/usr/share/zoneinfo//zone1970.tab' as time zone. Skipping it.
結果

3つ位失敗したみたいだけど、無事にタイムゾーンが mysql データベース time zone name テーブルへ登録された♪


select * from mysql.time_zone;
+--------------+------------------+
| Time_zone_id | Use_leap_seconds |
+--------------+------------------+
|            1 | N                |
|            2 | N                |
|            3 | N                |

            __ snip __

|         1778 | Y                |
|         1779 | Y                |
|         1780 | Y                |
+--------------+------------------+
1780 rows in set (0.00 sec)
参考サイト

有限会社 エス技研:MySQLのタイムゾーン(mysql_tzinfo_to_sql)の設定方法・XAMPP環境の解説も(2017-06-16)

MySQL | 2017-12-10 (日) 23:47:19 |

初期設定

Posted by muchag | CakePHP 3.x | 2017-12-10 (日) 23:20:05

【環境】
CakePHP: 3.5.6
app.php
/config/app.php
DB

DB 周りの設定。

  • host
  • usernama:MySQL のユーザ名
  • password:MySQL パスワード
  • database:当該アプリデータベース名(テスト用は、test_ プレフィクスを付ける)
  • timezone:Asia/Tokyo

'Datasources' => [
    'default' => [
        'className' => 'Cake\Database\Connection',
        'driver' => 'Cake\Database\Driver\Mysql',
        'persistent' => false,
        'host' => 'localhost',
        /**
         * CakePHP will use the default DB port based on the driver selected
         * MySQL on MAMP uses port 8889, MAMP users will want to uncomment
         * the following line and set the port accordingly
         */
        //'port' => 'non_standard_port_number',
        'username' => 'my_app',
        'password' => 'secret',
        'database' => 'test_myapp',
        'encoding' => 'utf8',
        'timezone' => 'UTC',

    'test' => [
        'className' => 'Cake\Database\Connection',
        'driver' => 'Cake\Database\Driver\Mysql',
        'persistent' => false,
        'host' => 'localhost',
        //'port' => 'non_standard_port_number',
        'username' => 'my_app',
        'password' => 'secret',
        'database' => 'test_myapp',
        'encoding' => 'utf8',
        'timezone' => 'UTC',
タイムゾーンエラー

タイムゾーンに Asia/Tokyo を設定したら
苦労して辿り着いた CakePHP3 のTOPページが姿を消し
エラーの画面になった。 X-P

SQLSTATE[HY000]: General error: 1298 Unknown or incorrect time zone: ‘Asia/Tokyo’

そして、MySQL への対応。
タイムゾーン

bootstrap.php
タイムゾーン

- date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');
+ date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');
CakePHP 3.x | 2017-12-10 (日) 23:20:05 |

バージョン情報

Posted by muchag | CakePHP 3.x | 2017-12-10 (日) 22:21:40

【環境】
CakePHP: 3.5.6
バージョン情報
/vendor/cakephp/cakephp/VERSION.txt

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// +--------------------------------------------------------------------------------------------+ //
// CakePHP Version
//
// Holds a static string representing the current version of CakePHP
//
// CakePHP(tm) : Rapid Development Framework (https://cakephp.org)
// Copyright (c) Cake Software Foundation, Inc. (https://cakefoundation.org)
//
// Licensed under The MIT License
// Redistributions of files must retain the above copyright notice.
//
// @copyright     Copyright (c) Cake Software Foundation, Inc. (https://cakefoundation.org)
// @link          https://cakephp.org
// @since         CakePHP(tm) v 0.2.9
// @license       https://opensource.org/licenses/mit-license.php MIT License
// +--------------------------------------------------------------------------------------------+ //
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
3.5.6

派手な枠に目を取られて
最終行に書いてあることに気がつくのに
1分位かかったw

CakePHP 3.x | 2017-12-10 (日) 22:21:40 |

CakeDC/Users -> インストール

Posted by muchag | CakePHP 3.x,Library & PlugIn & AddIn | 2017-12-10 (日) 22:10:28

CakeDC/Users は、ユーザのログイン、ログアウト、
管理画面など、ユーザ管理系を担ってくれるプラグイン。

GitHub:CakeDC/users

【環境】
CakePHP: 3.5.6
CakeDC/Users: 5.2.0
インストール

CakePHP インストールディレクトリまで移動して、composer にてインストール。


composer require cakedc/users
Using version ^5.2 for cakedc/users
./composer.json has been updated
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Package operations: 2 installs, 0 updates, 0 removals
  - Installing cakedc/auth (2.0.3): Downloading (100%)
  - Installing cakedc/users (5.2.0): Downloading (100%)
cakedc/users suggests installing league/oauth1-client (Provides Social Authentication with Twitter)
cakedc/users suggests installing league/oauth2-facebook (Provides Social Authentication with Facebook)
cakedc/users suggests installing league/oauth2-instagram (Provides Social Authentication with Instagram)
cakedc/users suggests installing league/oauth2-google (Provides Social Authentication with Google+)
cakedc/users suggests installing league/oauth2-linkedin (Provides Social Authentication with LinkedIn)
cakedc/users suggests installing google/recaptcha (Provides reCAPTCHA validation for registration form)
cakedc/users suggests installing robthree/twofactorauth (Provides Google Authenticator functionality)
Writing lock file
Generating autoload files
> Cake\Composer\Installer\PluginInstaller::postAutoloadDump

これで無事に、下記が生成された。

/vendor/cakedc/auth
/vendor/cakedc/users

と、思ったけど、Git から差分を見ると

/composer.json
/composer.lock

にしか、差分がない。。。
元から入っていたのかしら。。。

次回、インストール前を確認しよう。。。

プラグイン読み込み指定
/config/bootstrap.php

ファイル末尾に下記を追加。


Plugin::load('CakeDC/Users', ['routes' => true, 'bootstrap' => true]);
テーブル生成

bin\cake migrations migrate -p CakeDC/Users
using migration paths
 - C:\MyApp\vendor\cakedc\users\config\Migrations
using seed paths
 - C:\MyApp\vendor\cakedc\users\config\Seeds
Exception: Database driver Cake\Database\Driver\Mysql cannot be used due to a missing PHP extension or unmet dependency in [C:\MyApp\vendor\cakephp\cakephp\src\Database\Connection.php, line 176]
2017-12-11 01:31:21 Error: [Cake\Database\Exception\MissingExtensionException] Database driver Cake\Database\Driver\Mysql cannot be used due to a missing PHP extension or unmet dependency in C:\MyApp\vendor\cakephp\cakephp\src\Database\Connection.php on line 176
Exception Attributes: array (
  'driver' => 'Cake\\Database\\Driver\\Mysql',
)

えぇぇぇぇ!

どれだけ Google 先生に質問をしようが解決しない。。。

!!!
そ、そっか。
仮想マシン上で稼働させているんだから
インストールは、Windows からできても
cake コマンド実行は、Linux からやらないとだめよね。。。

馬鹿すぎる。。。


bin/cake migrations migrate -p CakeDC/Users
using migration paths
 - /var/www/html/myApp/vendor/cakedc/users/config/Migrations
using seed paths
 - /var/www/html/myApp/vendor/cakedc/users/config/Seeds
using environment default
using adapter mysql
using database myApp

 == 20150513201111 Initial: migrating
 == 20150513201111 Initial: migrated 0.0538s

 == 20161031101316 AddSecretToUsers: migrating
 == 20161031101316 AddSecretToUsers: migrated 0.0198s

All Done. Took 0.1739s
using migration paths
 - /var/www/html/myApp/vendor/cakedc/users/config/Migrations
using seed paths
 - /var/www/html/myApp/vendor/cakedc/users/config/Seeds
Writing dump file `/var/www/html/myApp/vendor/cakedc/users/config/Migrations/schema-dump-default.lock`...
Dump file `/var/www/html/myApp/vendor/cakedc/users/config/Migrations/schema-dump-default.lock` was successfully written

無事に users, social_accounts テーブルが出来上がりました!

CakePHP 3.x,Library & PlugIn & AddIn | 2017-12-10 (日) 22:10:28 |

VBoxManage

Posted by muchag | VirtualBox,Windows | 2017-12-10 (日) 21:43:10

【環境】
VirtualBox グラフィカルユーザーインターフェース: 5.1.24 r117012 (Qt5.6.2)
Windows: 10 Pro
list

Windows コマンドプロンプトより
VirtualBox の現在の設定や情報を取得できる。

vms

登録されている仮想マシン一覧。


"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" list vms
"VirtualMachineName1" {d8c214b5-df18-4cdf-9208-dd7b99fe1778}
"VirtualMachineName2" {48b8dabe-26af-450c-b549-21e226695f4b}
参考サイト

VirtualBox Mania:VBoxManage listコマンド

VirtualBox,Windows | 2017-12-10 (日) 21:43:10 |

インストール

Posted by muchag | phpMyAdmin | 2017-12-10 (日) 11:39:12

いつも大変お世話になっている phpMyAdmin。
この度、初めてインストール作業を行うことになりました。

公式:Bringing MySQL to the web

【環境】
phpMyAdmin: 4.7.6
DL

上記公式サイト右上の [Douwload 4.7.6] をクリックすると DL できる。

2017-12-10 現在
phpMyAdmin-4.7.6-all-languages.zip

ダウンロードページ

または、ダウンロードページ から、詳細な選択をすることも可能。

配置

DL した .zip ファイルを解凍して、任意のディレクトリへ配置。

今回は、アプリケーションディレクトリ直下へ配置した。

また、ディレクトリ名が長いので
phpMyAdmin-4.7.6-all-languages → pma とリネームした。

ログイン

Cookie を有効にしておかないと、ログインできない。

設定

必須ではない。

設定ファイルの配置
/pma/config.sample.inc.php

をコピーリネームして

/pma/config.inc.php

を配置。

デフォルト設定
/pma/libraries/config.default.php

これがデフォルトの設定らしい。

パスフレーズ

今回はローカル環境なので、適当に。


$cfg['blowfish_secret'] = 'hoge'; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */
大問題!

上記設定をしたら、pma 側で下記エラーが出だ。

phpMyAdmin – エラー
設定ファイルのパーミッションが正しくありません。誰でも書き込み可能になっています!

現在の VirtualBox を利用した仮想環境においては
config.inc.php に、パーミッションを設定できないので
こうなるらしい。

config.inc.php を削除しました。。。

ここまで

その他の config.inc.php については
ko-iya528:phpMyAdminのインストール(2017-10-26)

テーマ

phpMyAdmin は、テーマの概念があり
テーマを変更することで外観を変更することができる。

意義

テスト環境と本番環境において
取り違えによる大事故を起こさないためにも
テーマは設定しておこうね!

策定

色々とあるのかもしれないけど
公式:Themes
で、配布しているので、こちらから頂戴する。

今回は、4.7.6 なので、4.7 の中から選択。

4種類ある中から、Metro 2.6 にした。

DL

metro-2.6.zip というリンクから DL。

配置

DL してきた .zip ファイルを解凍して
出てきた metro ディレクトリをそのまま

/pma/themes

へ配置。

設定
pma

ホームページ
「外観の設定」
Theme:[metro] を選択

Metro のテーマ
/metro/layout.inc.php

にて、Metro テーマのテーマを選択できる。(ややこしいw)


/* Theme color scheme
 * Values: "teal", "redmond", "blueeyes", "mono", "win"
 * Set this value for the desired color scheme
 */

$scheme                                     = "win";
カスタマイズ
/metro/layout.inc.php

に、色設定があるので、そちらをカスタマイズ。


case "win":

    $GLOBALS['cfg']['NaviColor']                = '#EEEEEE';
    $GLOBALS['cfg']['NaviBackground']           = '#377796';	// ページ上部ナビゲーションバーの背景色
    $GLOBALS['cfg']['NaviBackgroundLight']      = '#428EB4';
    $GLOBALS['cfg']['NaviPointerColor']         = '#333333';
    $GLOBALS['cfg']['NaviPointerBackground']    = '#377796';
    $GLOBALS['cfg']['NaviDatabaseNameColor']    = '#333333';
    $GLOBALS['cfg']['NaviHoverBackground']      = '#428EB4';
    $GLOBALS['cfg']['MainColor']                = '#444444';
    $GLOBALS['cfg']['MainBackground']           = '#FFFFFF';
    $GLOBALS['cfg']['BrowsePointerColor']       = '#377796';
    $GLOBALS['cfg']['BrowseMarkerColor']        = '#000000';
    $GLOBALS['cfg']['BrowseWarningColor']       = '#D44A26';
    $GLOBALS['cfg']['BrowseSuccessColor']       = '#01A31C';
    $GLOBALS['cfg']['BrowseGrayColor']          = '#CCCCCC';
    $GLOBALS['cfg']['BrowseMarkerBackground']   = '#EEEEEE';
    $GLOBALS['cfg']['BorderColor']              = '#DDDDDD';
    $GLOBALS['cfg']['ButtonColor']              = '#FFFFFF';
    $GLOBALS['cfg']['ButtonBackground']         = '#377796';
    $GLOBALS['cfg']['ButtonHover']              = '#428EB4';
    $GLOBALS['cfg']['ThBackground']             = '#F7F7F7';
    $GLOBALS['cfg']['ThDisabledBackground']     = '#F3F3F3';
    $GLOBALS['cfg']['ThColor']                  = '#666666';
    $GLOBALS['cfg']['ThPointerColor']           = '#000000';
    $GLOBALS['cfg']['BgOne']                    = '#F7F7F7';
    $GLOBALS['cfg']['BgTwo']                    = '#FFFFFF';
    $GLOBALS['cfg']['BlueHeader']               = '#3A7EAD';	// 注意書きなどの背景色
    break;
phpMyAdmin | 2017-12-10 (日) 11:39:12 |

VirtualBox + CakePHP + Eclipse + xdebug

Posted by muchag | CakePHP 3.x,Eclipse,Library & PlugIn & AddIn,VirtualBox | 2017-12-09 (土) 21:31:49

【環境】
VirtualBox グラフィカルユーザーインターフェース: 5.1.24 r117012 (Qt5.6.2)
php: 7.1.5
CakePHP:3.4
Eclipse: 4.7
xdebug: 2.5.5
xdebug のインストール

yum --enablerepo=remi-php71 -y install php71-php-pecl-xdebug

例によって、標準以外のディレクリにインストールされるので、コピー。


find / -name 'xdebug.so'
/opt/remi/php71/root/usr/lib64/php/modules/xdebug.so
cp /opt/remi/php71/root/usr/lib64/php/modules/xdebug.so /usr/lib64/php/modules/xdebug.so
ll /usr/lib64/php/modules/ | grep xdebug
-rwxr-xr-x 1 root root  261560 12月  9 21:28 xdebug.so
設定
php.ini
/etc/php.ini

[xdebug]
zend_extension=xdebug.so
xdebug.default_enable = 1
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_autostart=1
xdebug.remote_host=192.168.56.1
Eclipse
実行構成
  1. [実行]-[実行構成]
  2. 「実行構成」ダイアログ
    1. 左ペイン
      1. [PHP Web アプリケーション] を選択
      2. 上部ツールボタンから [新規の起動構成]
    2. 右ペイン
      1. 名前:任意
      2. 「サーバー」タブ
        1. PHP サーバー:[新規]
        2. 「PHP サーバーの作成」ダイアログ
          1. 「新規 PHP サーバー」
            1. サーバー名:任意
            2. ベース URL:http://192.168.56.2
            3. [次へ]
          2. 「デバッガー設定」
            1. デバッガー:[XDebug]
            2. 右の [グローバル設定] リンクをクリック
            3. 「XDebug」ダイアログ
              1. リモート・セッション受信(JIT):[任意] を選択
              2. [OK]
            4. ポート:任意(php.ini で設定した値)
            5. [次へ]
          3. 「パス・マッピング」
            1. [追加]
            2. 「パスマッピングの追加」ダイアログ
            3. 「新規パス・マッピングの追加」
              1. サーバー上のパス:/var/www/html/hoge
              2. 「ファイル・システムのパス」を選択
              3. ファイル・システムのパス:[参照] から、Windows ローカルの index.php があるディレクトリを選択
              4. [OK]
          4. [完了]
        3. ファイル:[参照] から、Eclipse プロジェクトディレクトリ内の index.php を選択
        4. URL
          1. [自動生成] の✔を外す
          2. URL:右のテキストボックスに /index.php
    3. [実行]
デバッグ

[ウインドウ]-[設定]
「設定」ダイアログ
左ペイン [PHP]-[デバッグ]
右ペイン [最初の行でブレーク] の✔を外す

デバッグ実行

[デバッグ] ツールボタン(虫アイコン)で、直前のデバッグ構成を実行。
[デバッグ] ツールボタン(虫アイコン)右の▼から、デバッグ対象を選択して実行。

リモート・セッション

実は上記設定を最初に行ったときは、
左記のようなアラートが出た。

アラートの [here] からダイアログを開き
リモート・セッション受信(JIT):[任意] を選択したら、
無事にブレークポイントで止まってくれた♪

外部ブラウザ

スマートフォンサイトのエミュレーションであったり
デベロッパーツールを利用するために
Chrome 上でデバッグを行いたい場合は
スマートフォンサイト

CakePHP 3.x,Eclipse,Library & PlugIn & AddIn,VirtualBox | 2017-12-09 (土) 21:31:49 |

prism.js

Posted by muchag | Library & PlugIn & AddIn,WordPress | 2017-12-07 (木) 22:30:03

今度こそ、長年愛用してきた iG:Syntax Hiliter とおさらばすることになりそう。寂しい><
前回

公式:Prism

【環境】
PrismJS: 1.9.0
導入
設定

公式サイトの ダウンロードページ にて設定。

わけも分からず、欲張って入れたので
Total filesize: 146.01KB (96% JavaScript + 4% CSS)
あちゃーw

()内は、<code class=”language-xxxxx”> の xxxxx に設定すべき値。
公式:Supported languages

  • Compression level:
    • カスタマイズをしたいので、[Development version] を選択
  • Core
  • Themes
    • ダークテーマが好きなので、[Okaidia]
  • Languages
    • Markup(markup)
    • CSS(css)
    • C-like(clike)
    • JavaScript(javascript)
    • ActionScript(actionscript)
    • Apache Configuration(apacheconf)
    • AppleScript(applescript)
    • Bash(bash)
    • BASIC(basic)
    • Batch(batch)
    • C(c)
    • C#(csharp)
    • C++(cpp)
    • CoffeeScript(coffeescript)
    • Diff(diff)
    • Docker(docker)
    • Git(git)
    • Go(go)
    • Haskel(haskell)
    • HTTP(http)
    • Ini(ini)
    • Java(java)
    • JSON(json)
    • Less(less)
    • Markdown(markdown)
    • nginx(nginx)
    • Objective-C(objectivec)
    • PHP(php)
    • .properties(properties)
    • Python(python)
    • Ruby(ruby)
    • Sass (Sass)(sass)
    • Sass (Scss)(scss)
    • Scala(scala)
    • Smarty(smarty)
    • SQL(sql)
    • Stylus(stylus)
    • Swift(swift)
    • Textile(textile)
    • Twig(twig)
    • TypeScript(typescript)
    • VB.Net(vbnet)
    • vim(vim)
    • Wiki markup(wiki)
    • YAML(yaml)
  • Plugins
    • Line Highlight
    • Line Numbers
    • Autolinker
    • Show Language
    • JSONP Highlight
    • Highlight Keywords
    • Remove initial line feed
    • Command Line
    • Unescaped Markup
    • Toolbar
DL

ページ下部より .js と .css を個別に DL。

配置

テーマディレクトリ内に配置。

/theme_directory/css/prism.css
/theme_directory/js/prism.js
WordPress へ組み込み
/wp-includes/functions.php

へ、下記を追加。
nobbi LABO:WordPressでシンタックスハイライトならPrism.jsが軽量&多機能でベストチョイス(2017-03-27)


/*---------------------------------------------------------
 * Prism.jsの呼び出し
 ----------------------------------------------------------*/
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'startPrism' );
function startPrism() {

 	wp_enqueue_style( 'prism-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/css/prism.css' );
 	wp_enqueue_script( 'prism-script', get_stylesheet_directory_uri() . '/js/prism.js', array('jquery'), '20171206', true );
}
利用
書式

<pre>
<code>

</code>
</pre>

この中にコードを書くだけ。

メタ文字

HTML タグなどは、そのまま書くとおかしくなるので
調整が必要。

エスケープ(サニタイズ)

Syncer:HTML Escape / Unescape
mwSoft Tools:HTMLエスケープ(サニタイズ)ツール

スクリプト扱い

公式:Unescaped markup


<script type="text/plain" class="language-markup">
<p>Example</p>
</script>

と書かれていたけど、実際にやってみるとうまく表示されない。

コメント化

公式:Unescaped markup


<pre class="language-markup"><code><!--
<p>Example</p>
--></code></pre>

と書かれていたけど、実際にやってみるとうまく表示されない。

改行

個人的には、下記のように、code タグとコード本文は改行して記述したいのだけど


<pre class="line-numbers" data-language="HTML" data-start="" data-line="">
<code class="language-markup">
&lt;script type=&quot;text/plain&quot; class=&quot;language-markup&quot;&gt;
&lt;p&gt;Example&lt;/p&gt;
&lt;/script&gt;
</code>
</pre>

このように記述すると、下記のごとく、

  • 先頭行が空白
  • 最後尾に空白

という見た目になってしまう。



<script type="text/plain" class="language-markup">
<p>Example</p>
</script>

なので、

  • 公式:Remove initial line feed を導入することで先頭行を解決
  • code 閉じタグをコード本文の最後に続けることで最後尾を解決

<pre class="line-numbers" data-language="HTML" data-start="" data-line="">
<code class="language-markup">
&lt;script type=&quot;text/plain&quot; class=&quot;language-markup&quot;&gt;
&lt;p&gt;Example&lt;/p&gt;
&lt;/script&gt;</code>
</pre>
class

<code> へ class=”language-xxxxx” と指定。


<pre>
<code class="language-xxxxx">

</code>
</pre>

xxxxx に書くべきワードは、上述。

行番号
サンプル
クラスの設定方法

公式:Different markup

言語毎のサンプル

公式:Per language examples

カスタマイズ
言語表記

下記優先順位にて決定される。

  1. <pre data-language=”xxxxx”>
  2. var Languages に定義されている内容
  3. <code class=”language-xxxxx”>

<code class=”language-xxxxx”> の xxxxx の部分に
prism.js 内に定義されていない語句を書けば、
Plain Text と判断されて、文字色は白一色となり
言語名は、xxxxx がパスカライズされる。

文字サイズ

言語表記が小さいと感じたので、font-size を修正。


pre.code-toolbar > .toolbar a,
pre.code-toolbar > .toolbar button,
pre.code-toolbar > .toolbar span {
	color: #bbb;
	/* font-size: .8em; ← コメントアウト */
	padding: 0 .5em;
	background: #f5f2f0;
	background: rgba(224, 224, 224, 0.2);
	box-shadow: 0 2px 0 0 rgba(0,0,0,0.2);
	border-radius: .5em;
}
行ハイライト

.line-highlight {
	position: absolute;
	left: 0;
	right: 0;
	padding: inherit 0;
	margin-top: 1em; /* Same as .prism’s padding-top */

	background: hsla(24, 20%, 50%,.08);
-	background: linear-gradient(to right, hsla(24, 20%, 50%,.1) 70%, hsla(24, 20%, 50%,0));
+	background: linear-gradient(to right, rgba(255, 255, 0, .3) 70%, rgba(255, 255, 0, 0));

138行目。
hsla はピンとこないので、rgba に書き換えて、アルファ値を調整した。

文字色

諸々調整。

Library & PlugIn & AddIn,WordPress | 2017-12-07 (木) 22:30:03 |

AngularJS Eclipse 1.2.0

Posted by muchag | AngularJS,Eclipse,Library & PlugIn & AddIn | 2017-09-03 (日) 11:21:41

AngularJS 用プラグイン。

【環境】
Eclipse:Oxygen (4.7)
AngularJS Eclipse:1.2.0.201606160950
OS:Windows10 Pro 64bit
インストール

マーケットプレイスからインストール。

適用

プロジェクトのコンテキストメニュー
[構成]-[Convert to AngularJS Project…]

Term Plugin の
[モジュール] というダイアログが出るので [適用して閉じる]

設定
検証

プロジェクトのコンテキストメニュー
[プロパティー]

左ペン [検証]-[HTML 構文]
[プロジェクト固有の設定を可能にする] にチェック
[次の検証問題の重大度レベルを選択:]

要素

[不明なタグ名]-[無視]
[無効なタグ名]-[無視]

属性

[未定義の属性名]-[無視]
[未定義の属性値]-[無視]

[適用して閉じる]
[検証設定が変更されました] ダイアログがでるので [はい]

アウトライン

[ウィンドウ]-[ビューの表示]-[その他]
[JavaScript]-[Tern Outline]
で、専用アウトラインビューが開く。

参考サイト

Java Code Geeks:Eclipse IDE AngularJS Tutorial

AngularJS,Eclipse,Library & PlugIn & AddIn | 2017-09-03 (日) 11:21:41 |
次ページへ »