XAMPP 1.7.3 へインストール

Posted by muchag | OpenPNE 3.x | 2012-04-30 (月) 21:24:53

XAMPP 1.8.1 へインストール
こちらの方が新しい記事。
 
まずはローカルへのインストールから。

【環境】
[XAMPP] 1.7.3
[symfony] 1.4
[OpenPNE] 3.8.0

OpenPNE3.8 セットアップ手順 に従って作業。
 

DL

http://www.openpne.jp/pne-downloads/ より github へ移動し、ソースを DL 。

ZIP ファイルを DL してきた。
2012-04-30 現在
openpne-OpenPNE3-OpenPNE-3.8.0-0-g8c3a808.zip
 

インストール
配置
XAMPP ディレクトリ/htdocs

と同階層へ配置。

ディレクトリ名を適宜変更。
 

設定ファイル
OpenPNE3 ディレクトリ/config/OpenPNE.yml.sample
OpenPNE3 ディレクトリ/config/ProjectConfiguration.class.php.sample

以上2ファイルをコピーして .sample の部分をファイル名から消去し、設定ファイルを作成。
 

OpenPNE3 ディレクトリ/config/OpenPNE.yml
base_url
  1. # SNS の URL
  2. # URL of the SNS
  3. base_url: "http://localhost/openpne3"

 

DB:テーブルプレフィクス
  1. # テーブル名のプレフィックス (例: table_prefix: "op_")
  2. # Table name prefix (e.g: table_prefix: "op_")
  3. table_prefix: ""
  4. table_prefix: "op_"

推奨通り 190行目を op_ に設定。
 

symfony コマンド

私は PHP へのパスを通していないので、
手順書にちょっと手を加えて、PHP へのフルパスから記述。

  1. >I:\xampp\php\php.exe symfony openpne:install

* 使用する DBMS (mysql, pgsql, sqlite から選択。ただし mysql 以外は未サポート)
* データベース名
* データベースへの接続用ユーザ名
* データベースへの接続用パスワード(未入力可)
* データベースサーバのホスト名(localhost など)
* データベースサーバのポート番号(未入力可)
* (DBMS に MySQL を選択し、サーバホスト名に localhost を指定した場合)使用するソケットへのパス(未入力可)

手順書には上記順序で記載されていたが
実際は
* 使用する DBMS
* データベースへの接続用ユーザ名
* データベースへの接続用パスワード(未入力可)
* データベースサーバのホスト名(localhost など)
* データベースサーバのポート番号(未入力可)
* データベース名
* 使用するソケットへのパス(未入力可)
の順で入力。

最後に (Y/n) で聞かれるので、y を入力して Enter を叩くと
ズラズラとログが流れ
>> installer installation is completed!
と表示され、インストールが完了する。
 

開発環境用ファイルを削除
  1. >I:\xampp\php\php.exe symfony project:clear-controllers

 

設定
OpenPNE 3.x | 2012-04-30 (月) 21:24:53 |

OpenPNE 2.x Index

Posted by muchag | OpenPNE 2.x | 2012-04-30 (月) 20:39:42

WordPress やら XOOPS やら、CMS はすごいな~と思っていたけど
まさか SNS 構築用のオープンソースプロジェクトまであるとは。。。

 
 
では~ スタート~!!
 

OpenPNE 2.x Index

丸っきりの書きかけ項目は Not found になる。

序章
  1. インストール

 

参考

公式

その他各参考サイトについては、各エントリーにて。

OpenPNE 2.x | 2012-04-30 (月) 20:39:42 |

Ruby Index

Posted by muchag | Ruby | 2012-04-22 (日) 19:56:01

Ruby Index

丸っきりの書きかけ項目は Not found になる。

序章
  1. 開発環境の整備
    1. インストール

 

ライブラリ
  1. Mechanize

 

参考
Ruby | 2012-04-22 (日) 19:56:01 |

文字コード

Posted by muchag | Ruby | 2012-04-22 (日) 19:13:32

【環境】
Ruby : 1.9.3-p194

インストールが無事終了し
遊んでみると早速エラー。

invalid multibyte char (US-ASCII)

Ruby では、1.9 より言語指定を厳しくしたらしい。
そこで、ソースの先頭に

  1. # -*- encoding: utf-8 -*-
  2.  
  3. # encoding: utf-8

いずれかをつけてやることで解決。

マジックコメント と呼ばれるものらしい。
 

自動付記

上記マジックコメントを自動付記してくれるライブラリがあるようだ。
s21g:ruby-1.9.xで自動的にmagic-commentをつける
 

参考サイト

屑プログラマの憂鬱:Ruby1.9にしたら invalid multibyte char (US-ASCII)

Ruby | 2012-04-22 (日) 19:13:32 |

インストール

Posted by muchag | Ruby on Rails | 2012-04-22 (日) 19:02:41

まずは、お試し。

【環境】
[OS] Windows XP SP3
[Ruby] 1.9.3-p194

Rubyインストール 作業中の
Development Kit のインストール
の後で以下を実行。

インストール

2012-04-22 現在、最新版は 3.2.3 。

  1. > gem install rails --version="~> 3.2.3" --no-ri --no-rdoc
  2. Fetching: i18n-0.6.0.gem (100%)
  3. Fetching: multi_json-1.3.2.gem (100%)
  4. ********************************************************************************
  5.   MultiJson.encode is deprecated and will be removed in the next major version.
  6.   Use MultiJson.dump instead.
  7.  
  8.   MultiJson.decode is deprecated and will be removed in the next major version.
  9.   Use MultiJson.load instead.
  10.  
  11.   MultiJson.engine is deprecated and will be removed in the next major version.
  12.   Use MultiJson.adapter instead.
  13.  
  14.   MultiJson.engine= is deprecated and will be removed in the next major
  15.   version. Use MultiJson.use instead.
  16.  
  17.   MultiJson.default_engine is deprecated and will be removed in the next major
  18.   version. Use MultiJson.default_adapter instead.
  19.  
  20. ********************************************************************************
  21.  
  22. Fetching: activesupport-3.2.3.gem (100%)
  23. Fetching: builder-3.0.0.gem (100%)
  24. Fetching: activemodel-3.2.3.gem (100%)
  25. Fetching: rack-1.4.1.gem (100%)
  26. Fetching: rack-cache-1.2.gem (100%)
  27. Fetching: rack-test-0.6.1.gem (100%)
  28. Fetching: journey-1.0.3.gem (100%)
  29. Fetching: hike-1.2.1.gem (100%)
  30. Fetching: tilt-1.3.3.gem (100%)
  31. Fetching: sprockets-2.1.2.gem (100%)
  32. Fetching: erubis-2.7.0.gem (100%)
  33. Fetching: actionpack-3.2.3.gem (100%)
  34. Fetching: arel-3.0.2.gem (100%)
  35. Fetching: tzinfo-0.3.33.gem (100%)
  36. Fetching: activerecord-3.2.3.gem (100%)
  37. Fetching: activeresource-3.2.3.gem (100%)
  38. Fetching: mime-types-1.18.gem (100%)
  39. Fetching: polyglot-0.3.3.gem (100%)
  40. Fetching: treetop-1.4.10.gem (100%)
  41. Fetching: mail-2.4.4.gem (100%)
  42. Fetching: actionmailer-3.2.3.gem (100%)
  43. Fetching: thor-0.14.6.gem (100%)
  44. Fetching: rack-ssl-1.3.2.gem (100%)
  45. Fetching: railties-3.2.3.gem (100%)
  46. Fetching: bundler-1.1.3.gem (100%)
  47. Fetching: rails-3.2.3.gem (100%)
  48. Successfully installed i18n-0.6.0
  49. Successfully installed multi_json-1.3.2
  50. Successfully installed activesupport-3.2.3
  51. Successfully installed builder-3.0.0
  52. Successfully installed activemodel-3.2.3
  53. Successfully installed rack-1.4.1
  54. Successfully installed rack-cache-1.2
  55. Successfully installed rack-test-0.6.1
  56. Successfully installed journey-1.0.3
  57. Successfully installed hike-1.2.1
  58. Successfully installed tilt-1.3.3
  59. Successfully installed sprockets-2.1.2
  60. Successfully installed erubis-2.7.0
  61. Successfully installed actionpack-3.2.3
  62. Successfully installed arel-3.0.2
  63. Successfully installed tzinfo-0.3.33
  64. Successfully installed activerecord-3.2.3
  65. Successfully installed activeresource-3.2.3
  66. Successfully installed mime-types-1.18
  67. Successfully installed polyglot-0.3.3
  68. Successfully installed treetop-1.4.10
  69. Successfully installed mail-2.4.4
  70. Successfully installed actionmailer-3.2.3
  71. Successfully installed thor-0.14.6
  72. Successfully installed rack-ssl-1.3.2
  73. Successfully installed railties-3.2.3
  74. Successfully installed bundler-1.1.3
  75. Successfully installed rails-3.2.3
  76. 28 gems installed

 

参考サイト

Ruby on Rails with OIAX:Ruby on Rails 3.2 を Windows にインストールする手順をかなり丁寧に説明してみました

Ruby on Rails | 2012-04-22 (日) 19:02:41 |

Mechanize

Posted by muchag | Ruby on Rails | 2012-04-22 (日) 17:33:48

話には聞いていた スクレイピング定番のライブラリらしい。

【環境】
[Ruby] 1.9.3-p194
[Rails] 3.2.3
インストール
  1. > gem install mechanize
  2. Fetching: net-http-digest_auth-1.2.gem (100%)
  3. Fetching: net-http-persistent-2.6.gem (100%)
  4. Fetching: nokogiri-1.5.2-x86-mingw32.gem (100%)
  5. Fetching: ntlm-http-0.1.1.gem (100%)
  6. Fetching: webrobots-0.0.13.gem (100%)
  7. Fetching: unf_ext-0.0.4-x86-mingw32.gem (100%)
  8. Fetching: unf-0.0.5.gem (100%)
  9. Fetching: domain_name-0.5.3.gem (100%)
  10. Fetching: mechanize-2.4.gem (100%)
  11. Successfully installed net-http-digest_auth-1.2
  12. Successfully installed net-http-persistent-2.6
  13. Successfully installed nokogiri-1.5.2-x86-mingw32
  14. Successfully installed ntlm-http-0.1.1
  15. Successfully installed webrobots-0.0.13
  16. Successfully installed unf_ext-0.0.4-x86-mingw32
  17. Successfully installed unf-0.0.5
  18. Successfully installed domain_name-0.5.3
  19. Successfully installed mechanize-2.4
  20. 9 gems installed
  21. Installing ri documentation for net-http-digest_auth-1.2...
  22. Installing ri documentation for net-http-persistent-2.6...
  23. Installing ri documentation for nokogiri-1.5.2-x86-mingw32...
  24. unable to convert "\xE5" to UTF-8 in conversion from ASCII-8BIT to UTF-8 to Windows-31J for CHANGELOG.ja.rdoc, skipping
  25. unable to convert "\xE9" to UTF-8 in conversion from ASCII-8BIT to UTF-8 to Windows-31J for README.ja.rdoc, skipping
  26. unable to convert "\xE8" to UTF-8 in conversion from ASCII-8BIT to UTF-8 to Windows-31J for CHANGELOG.rdoc, skipping
  27. unable to convert "\xE2" to UTF-8 in conversion from ASCII-8BIT to UTF-8 to Windows-31J for ext/nokogiri/xml_node_set.c, skipping
  28. Installing ri documentation for ntlm-http-0.1.1...
  29. Installing ri documentation for webrobots-0.0.13...
  30. Installing ri documentation for unf_ext-0.0.4-x86-mingw32...
  31. Installing ri documentation for unf-0.0.5...
  32. Installing ri documentation for domain_name-0.5.3...
  33. Installing ri documentation for mechanize-2.4...
  34. unable to convert "\xE3" to UTF-8 in conversion from ASCII-8BIT to UTF-8 to Windows-31J for CHANGELOG.rdoc, skipping
  35. Installing RDoc documentation for net-http-digest_auth-1.2...
  36. Installing RDoc documentation for net-http-persistent-2.6...
  37. Installing RDoc documentation for nokogiri-1.5.2-x86-mingw32...
  38. unable to convert "\xE5" to UTF-8 in conversion from ASCII-8BIT to UTF-8 to Windows-31J for CHANGELOG.ja.rdoc, skipping
  39. unable to convert "\xE9" to UTF-8 in conversion from ASCII-8BIT to UTF-8 to Windows-31J for README.ja.rdoc, skipping
  40. unable to convert "\xE8" to UTF-8 in conversion from ASCII-8BIT to UTF-8 to Windows-31J for CHANGELOG.rdoc, skipping
  41. unable to convert "\xE2" to UTF-8 in conversion from ASCII-8BIT to UTF-8 to Windows-31J for ext/nokogiri/xml_node_set.c, skipping
  42. Installing RDoc documentation for ntlm-http-0.1.1...
  43. Installing RDoc documentation for webrobots-0.0.13...
  44. Installing RDoc documentation for unf_ext-0.0.4-x86-mingw32...
  45. Installing RDoc documentation for unf-0.0.5...
  46. Installing RDoc documentation for domain_name-0.5.3...
  47. Installing RDoc documentation for mechanize-2.4...
  48. unable to convert "\xE3" to UTF-8 in conversion from ASCII-8BIT to UTF-8 to Windows-31J for CHANGELOG.rdoc, skipping

また文字コードっぽいエラー。。。

このとき RubyGems と Rails のヴァージョンが古いとエラーになるそうな。
RubyStudyRoom:WWW::Mechanizeをインストール

Ruby on Rails | 2012-04-22 (日) 17:33:48 |

NetBeans に Ruby プロジェクトを追加

Posted by muchag | Ruby on Rails | 2012-04-22 (日) 17:14:18

【環境】
[Ruby] 1.9.3-p194
既存プロジェクトを追加

参考サイトでは、新規プロジェクトを追加するよりも
既存プロジェクトを追加する方が推奨されている。

NetBeansは「統合開発環境(IDE)」ですが、あらゆることをIDE内でやろうとしない方が無難です。
新規Railsアプリの生成、コントローラ・モデルなどの生成、マイグレーションの実行などのタスクはターミナル(コマンドプロンプト)でやる方が早いし間違いも少ない。
私は基本的に高機能なテキストエディタとしてNetBeansを使っています。

まずは、先輩のアドバイスを素直に聞いて進めてみる。

インストール のときに練習で作成した foo プロジェクトを登録してみる。
[ファイル]-[新規プロジェクト]

  1. プロジェクトを選択
    1. [カテゴリ]-[Ruby]
    2. [プロジェクト]-[Ruby on Rails Application with Existing Sources]
  2. Name and location
    1. [Project Folder] を設定
    2. [Project Name] を設定

メニューを選択し、[プロジェクト(P)]から4番目の「Ruby on Rails Application with Existing Sources」

Ruby on Rails | 2012-04-22 (日) 17:14:18 |

NetBeans へ Ruby プラグインのインストール

Posted by muchag | Ruby on Rails | 2012-04-22 (日) 16:45:09

Eclipse ベースの IDE もあるようだけど
どうも NetBeans が主流のようなので、まずはこちらでチャレンジ!

【環境】
[Ruby] 1.9.3-p194
インストール

NetBeans より DL 。
この際、参考サイトに従って「すべて」のヴァージョンを選択。
2012-04-22 現在
NetBeans IDE 7.1.1
netbeans-7.1.1-ml-windows.exe
 

プラグインの入手

http://jruby.org.s3.amazonaws.com/downloads/community-ruby/community-ruby_7_1_preview1.zip
より DL 。
community-ruby_7_1_preview1.zip

適当な場所へ展開。
 

NetBeans へ登録

— ここから引用
そして、NetBeans 7.1を起動して、以下の手順でプラグインをインストールします。

  1. メニューから[ツール]→[プラグイン]を選択
  2. [ダウンロード済み]タブを選択
  3. [プラグインの追加]ボタンをクリック
  4. ZIPファイルを展開したディレクトリの下のupdatesディレクトリにある、すべての.nbmファイルを選択(計25個)
  5. [OK]ボタンをクリック ← [開く] ボタンだった
  6. [インストール]ボタンをクリック
  7. [次へ]ボタンをクリック
  8. [すべてのライセンス契約条件に同意する]をチェック
  9. [インストール]ボタンをクリック
  10. 「次のプラグインは署名されていますが信頼されていません」という警告が出たら[続行]ボタンをクリック
  11. [完了]ボタンをクリック

ここでNetBeansが再起動されます。
— ここまで引用
 

参考サイト

Ruby on Rails with OIAX:NetBeans 7.1にRuby on Railsプラグインをインストールする手順

Ruby on Rails | 2012-04-22 (日) 16:45:09 |

インストール

Posted by muchag | Ruby | 2012-04-22 (日) 15:22:16

まずは、お試し。

【環境】
[OS] Windows XP SP3
[Ruby] 1.9.3-p194
インストール

RubyInstaller for Windows より
rubyinstaller-1.9.3-p194.exe
を DL 。
 
「Add Ruby executables to your PATH」にチェック。
どうやら環境変数へ自動で設定してくれるようだ。

 

確認

インストール後、コマンドプロンプトで確認。
 

環境変数
  1. > path
  2. PATH=C:\Ruby193\bin

おー ちゃんと環境変数に追加されている。
 

Ruby のヴァージョン
  1. > ruby -v
  2. ruby 1.9.3p194 (2012-04-20) [i386-mingw32]

 

RubyGems のヴァージョン
  1. > gem -v
  2. 1.8.23

 

更新
RubyGems の更新
  1. > gem update --system
  2. Latest version currently installed. Aborting.

 

Rake の更新
  1. > gem update rake
  2. Updating installed gems
  3. Nothing to update

 

Development Kit のインストール

RubyInstaller for Windows より
Development Kit の
DevKit-tdm-32-4.5.2-20111229-1559-sfx.exe を DL 。(2012-04-22現在)

ダブルクリックで展開先を聞かれる。
参考サイトに従って C:\DevKit としてみた。
 

環境変数への登録

展開したディレクトリの中にバッチファイルがあるので

  1. > \DevKit\devkitvars
  2. Adding the DevKit to PATH...

 

Rails のインストール

Railsインストール はこのタイミング?
 

動作確認
  1. > gem install json --no-ri --no-rdoc
  2. Fetching: json-1.6.6.gem (100%)
  3. Building native extensions.  This could take a while...
  4. Successfully installed json-1.6.6
  5. 1 gem installed

 

作業フォルダの作成

作成場所はお好みで。

  1. > cd /d j:\
  2. > mkdir ws_ruby

 

動作確認用の新規アプリケーションの作成
  1. J:\>cd ws_ruby
  2.  
  3. J:\ws_ruby>rails new foo --skip-bundle
  4.       create
  5.       create  README.rdoc
  6.       create  Rakefile
  7.       create  config.ru
  8.       create  .gitignore
  9.       create  Gemfile
  10.       create  app
  11.       create  app/assets/images/rails.png
  12.       create  app/assets/javascripts/application.js
  13.       create  app/assets/stylesheets/application.css
  14.       create  app/controllers/application_controller.rb
  15.       create  app/helpers/application_helper.rb
  16.       create  app/mailers
  17.       create  app/models
  18.       create  app/views/layouts/application.html.erb
  19.       create  app/mailers/.gitkeep
  20.       create  app/models/.gitkeep
  21.       create  config
  22.       create  config/routes.rb
  23.       create  config/application.rb
  24.       create  config/environment.rb
  25.       create  config/environments
  26.       create  config/environments/development.rb
  27.       create  config/environments/production.rb
  28.       create  config/environments/test.rb
  29.       create  config/initializers
  30.       create  config/initializers/backtrace_silencers.rb
  31.       create  config/initializers/inflections.rb
  32.       create  config/initializers/mime_types.rb
  33.       create  config/initializers/secret_token.rb
  34.       create  config/initializers/session_store.rb
  35.       create  config/initializers/wrap_parameters.rb
  36.       create  config/locales
  37.       create  config/locales/en.yml
  38.       create  config/boot.rb
  39.       create  config/database.yml
  40.       create  db
  41.       create  db/seeds.rb
  42.       create  doc
  43.       create  doc/README_FOR_APP
  44.       create  lib
  45.       create  lib/tasks
  46.       create  lib/tasks/.gitkeep
  47.       create  lib/assets
  48.       create  lib/assets/.gitkeep
  49.       create  log
  50.       create  log/.gitkeep
  51.       create  public
  52.       create  public/404.html
  53.       create  public/422.html
  54.       create  public/500.html
  55.       create  public/favicon.ico
  56.       create  public/index.html
  57.       create  public/robots.txt
  58.       create  script
  59.       create  script/rails
  60.       create  test/fixtures
  61.       create  test/fixtures/.gitkeep
  62.       create  test/functional
  63.       create  test/functional/.gitkeep
  64.       create  test/integration
  65.       create  test/integration/.gitkeep
  66.       create  test/unit
  67.       create  test/unit/.gitkeep
  68.       create  test/performance/browsing_test.rb
  69.       create  test/test_helper.rb
  70.       create  tmp/cache
  71.       create  tmp/cache/assets
  72.       create  vendor/assets/javascripts
  73.       create  vendor/assets/javascripts/.gitkeep
  74.       create  vendor/assets/stylesheets
  75.       create  vendor/assets/stylesheets/.gitkeep
  76.       create  vendor/plugins
  77.       create  vendor/plugins/.gitkeep
  78.  
  79. J:\ws_ruby>cd foo

–skip-bundle オプションを付けると、アプリケーションソースコードの生成後に bundle install コマンドを実行しません。このコマンドは、Rails アプリケーションが依存するパッケージをインストールしてくれるものですが、本稿ではインストール作業を一歩一歩進めるため、独立した手順として実行することにします。

 

依存パッケージのインストール
  1. > bundle install

参考サイトに従って、上記を試してみたが
足りないものが多く、事前処理をたくさん要求された。

  1. > gem install rake -v '0.9.2.2'
  2. > gem install coffee-script-source -v '1.3.1'
  3. > gem install execjs -v '1.3.0'
  4. > gem install coffee-script -v '2.2.0'
  5. > gem install rdoc -v '3.12'
  6. このときは文字コードエラーらしきものが4つくらい出た・・・ひとまずはみなかったことに。
  7.  
  8. > gem install coffee-rails -v '3.2.2'
  9. > gem install jquery-rails -v '2.0.2'
  10. > gem install sass -v '3.1.16'
  11. > gem install sass-rails -v '3.2.5'
  12. > gem install sqlite3 -v '1.3.6'
  13. > gem install uglifier -v '1.2.4'
  14.  
  15. そして、ついに・・・
  16. Your bundle is complete! Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.

 

簡単なユーザー管理機能の作成
  1. > rails g scaffold user name:string email:string
  2.       invoke  active_record
  3.       create    db/migrate/20120422061855_create_users.rb
  4.       create    app/models/user.rb
  5.       invoke    test_unit
  6.       create      test/unit/user_test.rb
  7.       create      test/fixtures/users.yml
  8.        route  resources :users
  9.       invoke  scaffold_controller
  10.       create    app/controllers/users_controller.rb
  11.       invoke    erb
  12.       create      app/views/users
  13.       create      app/views/users/index.html.erb
  14.       create      app/views/users/edit.html.erb
  15.       create      app/views/users/show.html.erb
  16.       create      app/views/users/new.html.erb
  17.       create      app/views/users/_form.html.erb
  18.       invoke    test_unit
  19.       create      test/functional/users_controller_test.rb
  20.       invoke    helper
  21.       create      app/helpers/users_helper.rb
  22.       invoke      test_unit
  23.       create        test/unit/helpers/users_helper_test.rb
  24.       invoke  assets
  25.       invoke    coffee
  26.       create      app/assets/javascripts/users.js.coffee
  27.       invoke    scss
  28.       create      app/assets/stylesheets/users.css.scss
  29.       invoke  scss
  30.       create    app/assets/stylesheets/scaffolds.css.scss
  31.  
  32. > rake db:migrate
  33. ==  CreateUsers: migrating ====================================================
  34. -- create_table(:users)
  35.    -> 0.0781s
  36. ==  CreateUsers: migrated (0.0781s) ===========================================

 

アプリケーションの起動
  1. > rails s
  2. => Booting WEBrick
  3. => Rails 3.2.3 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
  4. => Call with -d to detach
  5. => Ctrl-C to shutdown server
  6. [2012-04-22 15:21:19] INFO  WEBrick 1.3.1
  7. [2012-04-22 15:21:19] INFO  ruby 1.9.3 (2012-04-20) [i386-mingw32]
  8. [2012-04-22 15:21:19] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=1472 port=3000

ここまで表示された時点で鯖が起動したらしい。
ファイアウォールの警告が出たので「ブロックを解除する」とした。
 

動作確認

・ブラウザで http://localhost:3000/users を開きます。
・「Listing users」という見出しを持つページが表示されます。
・「New User」リンクをクリックします。
・「Name」欄にあなたの名前、「Email」欄にあなたのメールアドレスを入力し、「Create User」ボタンをクリックします。
・ページの上部に「User was successfully created.」と表示されれば OK です。

おおお~、この通りに動いた~♪
 

参考サイト

Ruby on Rails with OIAX:Ruby on Rails 3.2 を Windows にインストールする手順をかなり丁寧に説明してみました

Ruby | 2012-04-22 (日) 15:22:16 |

Ruby on Rails Index

Posted by muchag | Ruby on Rails | 2012-04-22 (日) 1:44:17

話には聞いていた Ruby on Rails
Ruby は日本発の言語だそうな。
オリンピックと同じ、サッパリわからなくても、何となく嬉しい♪

CakePHP は、RoR を参考にしているとか書いてあるところがあったなぁ。
まぁ、まずは触ってみますか。

Ruby on Rails Index

丸っきりの書きかけ項目は Not found になる。

序章
  1. 開発環境の整備
    1. インストール
    2. NetBeas
      1. Ruby プラグインのインストール
      2. Ruby プロジェクトを追加

 

参考
Ruby on Rails | 2012-04-22 (日) 1:44:17 |
次ページへ »