XAMPP 1.7.3 へインストール

Posted by muchag | OpenPNE 3.x | 2012-04-30 (月) 21:24:53

XAMPP 1.8.1 へインストール
こちらの方が新しい記事。
 
まずはローカルへのインストールから。

【環境】
[XAMPP] 1.7.3
[symfony] 1.4
[OpenPNE] 3.8.0

OpenPNE3.8 セットアップ手順 に従って作業。
 

DL

http://www.openpne.jp/pne-downloads/ より github へ移動し、ソースを DL 。

ZIP ファイルを DL してきた。
2012-04-30 現在
openpne-OpenPNE3-OpenPNE-3.8.0-0-g8c3a808.zip
 

インストール
配置
XAMPP ディレクトリ/htdocs

と同階層へ配置。

ディレクトリ名を適宜変更。
 

設定ファイル
OpenPNE3 ディレクトリ/config/OpenPNE.yml.sample
OpenPNE3 ディレクトリ/config/ProjectConfiguration.class.php.sample

以上2ファイルをコピーして .sample の部分をファイル名から消去し、設定ファイルを作成。
 

OpenPNE3 ディレクトリ/config/OpenPNE.yml
base_url
  1. # SNS の URL
  2. # URL of the SNS
  3. base_url: "http://localhost/openpne3"

 

DB:テーブルプレフィクス
  1. # テーブル名のプレフィックス (例: table_prefix: "op_")
  2. # Table name prefix (e.g: table_prefix: "op_")
  3. table_prefix: ""
  4. table_prefix: "op_"

推奨通り 190行目を op_ に設定。
 

symfony コマンド

私は PHP へのパスを通していないので、
手順書にちょっと手を加えて、PHP へのフルパスから記述。

  1. >I:\xampp\php\php.exe symfony openpne:install

* 使用する DBMS (mysql, pgsql, sqlite から選択。ただし mysql 以外は未サポート)
* データベース名
* データベースへの接続用ユーザ名
* データベースへの接続用パスワード(未入力可)
* データベースサーバのホスト名(localhost など)
* データベースサーバのポート番号(未入力可)
* (DBMS に MySQL を選択し、サーバホスト名に localhost を指定した場合)使用するソケットへのパス(未入力可)

手順書には上記順序で記載されていたが
実際は
* 使用する DBMS
* データベースへの接続用ユーザ名
* データベースへの接続用パスワード(未入力可)
* データベースサーバのホスト名(localhost など)
* データベースサーバのポート番号(未入力可)
* データベース名
* 使用するソケットへのパス(未入力可)
の順で入力。

最後に (Y/n) で聞かれるので、y を入力して Enter を叩くと
ズラズラとログが流れ
>> installer installation is completed!
と表示され、インストールが完了する。
 

開発環境用ファイルを削除
  1. >I:\xampp\php\php.exe symfony project:clear-controllers

 

設定
OpenPNE 3.x | 2012-04-30 (月) 21:24:53 |

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment