CentOS Index

Posted by muchag | CentOS | 2018-08-24 (金) 0:06:38

【環境】
CentOS: 7.4.1708
-> 7.5.1804

丸っきりの書きかけ項目は Not found になる。

基本
  1. インストール
    1. 7.5
  2. 初期処理
コマンド
  1. コマンド
    1. 検索
yum
  1. yum コマンド
Web Server
  1. Apache
    1. 2.4.6
      1. VirtualBox 編
      2. さくら VPS 編
      3. httpd.conf
Database
  1. MySQL
    1. 5.7.x
      1. my.cnf
    2. 8.0.13
      1. my.cnf
php
  1. remi リポジトリ
  2. php アップデート
  3. composer
    1. VirtualBox 編
    2. さくら VPS 編
  4. CakePHP3
    1. インストール
Node.js
  1. インストール
    1. 3回目
    2. 2回目(nvm。今のところこれがよさそう)
    3. 1回目
  2. パッケージ管理
    1. npm
    2. yarn
  3. webpack
    1. 2回目(+ TypeScript + Vue.js)
    2. 1回目
Tools
  1. EPEL
  2. remi
  3. vim
Tips
  1. crontab
  2. crontab(古い記事。CentOSですらない)
参考

その他各参考サイトについては、各エントリーにて。

CentOS | 2018-08-24 (金) 0:06:38 |

yum コマンド

Posted by muchag | CentOS | 2018-06-20 (水) 21:37:21

【環境】
CentOS: 7.4.1708
本体のアップデート

yum update
インストール、アップデート、削除

yum install mysql
yum update mysql
yum remove mysql

-y オプションを付けると、確認をスキップする
yum install -y mysql

スペース区切りで、一括インストール、アップデート可能
yum install mysql mysql-devel mysql-server mysql-utilities
yum update mysql mysql-devel mysql-server mysql-utilities
yum remove mysql mysql-devel mysql-server mysql-utilities

ワイルドカードも使える
yum install mysql*
yum update mysql*
yum remove mysql*

remove と erase は同機能。

確認

yum list mysql*

読み込んだプラグイン:・・・
・・・

インストール済みパッケージ
・・・

利用可能なパッケージ
・・・

フィルタリング
yum list | grep mysql*

インストール済みパッケージだけ表示
yum list installed mysql*


利用可能なパッケージだけ表示
yum list available mysql*
検索、詳細

検索
yum search mysql

詳細
yum info mysql
ログ閲覧

make 2>&1 | tee make.log

QA@IT:make installが失敗する(2004-11-03)
こちらで見つけたのでメモ。
今のところよくわかっていない。

参考サイト

Qiita:yumコマンド一覧(2018-05-13)

CentOS | 2018-06-20 (水) 21:37:21 |

さくら VPS -> httpd.conf

Posted by muchag | Apache,CentOS,さくらインターネット | 2018-01-18 (木) 21:36:04

【環境】
Apache: 2.4.6
CentOS: 7.4.1708
さくらインターネット:VPS 2G プラン
バックアップ

cp /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.bak
設定

vim /etc/httpd/conf/httpd.conf
User, Group

User と Group が apache になっていることを確認。


User apache
Group apache
管理者

管理者メールアドレスを設定。
今回はスキップ。


ServerAdmin root@localhost
ServerName, DocumentRoot, Directory

今回はドキュメントルートを変更するために VirtualHost を利用するので変更なし。


#ServerName www.example.com:80
DocumentRoot "/var/www/html"
<Directory "/var/www/html">
VirtualHost

ドキュメントルートを変更するために、VirtualHost を設定。
CakePHP3 用。


<VirtualHost xxx.xxx.xxx.xxx>
    ServerName www.hoge.com
    ServerAlias hoge.com
    DirectoryIndex index.html index.php
    AddDefaultCharset UTF-8
    DocumentRoot /var/www/my_app/webroot
    <Directory "/var/www/my_app/webroot">
      AllowOverride All
      Options FollowSymLinks
    </Directory>
</VirtualHost>
確認

httpd.conf 保存後、文法チェック。


apachectl configtest
Syntax OK
再起動

systemctl restart httpd
CakePHP 確認

上記設定後、hoge.com へブラウザで接続して、CakePHP のデフォルト画面が表示されれば OK。

試行錯誤
NameVirtualHost

Apache 2.4.x では、NameVirtualHost の設定は不要。
設定すると、いらないよ~と言われる。

AH00548: NameVirtualHost has no effect and will be removed in the next release /etc/httpd/conf/httpd.conf:355
FollowSymLinks

参考にさせていただいたサイトの中には、


- Options Indexes FollowSymLinks
+ Options FollowSymLinks -Indexes

このような記述が見受けられたけど

AH00526: Syntax error on line 364 of /etc/httpd/conf/httpd.conf:
Either all Options must start with + or -, or no Option may.

と怒られたので、-Indexes は削除。

Apache,CentOS,さくらインターネット | 2018-01-18 (木) 21:36:04 |

さくら VPS -> Composer

Posted by muchag | CentOS,Library & PlugIn & AddIn,PHP,さくらインターネット | 2018-01-16 (火) 22:41:44

【環境】
Composer: 1.6.2
php: 7.1.13
CentOS: 7.4.1708
さくらインターネット:VPS 2G プラン
インストール

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
All settings correct for using Composer
Downloading...

Composer (version 1.6.2) successfully installed to: /root/composer.phar
Use it: php composer.phar
起動

php composer.phar
Do not run Composer as root/super user! See https://getcomposer.org/root for details
   ______
  / ____/___  ____ ___  ____  ____  ________  _____
 / /   / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__  )  __/ /
\____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/
                    /_/
Composer version 1.6.2 2018-01-05 15:28:41

Usage:
  command [options] [arguments]

Options:
  -h, --help                     Display this help message
  -q, --quiet                    Do not output any message
  -V, --version                  Display this application version
      --ansi                     Force ANSI output
      --no-ansi                  Disable ANSI output
  -n, --no-interaction           Do not ask any interactive question
      --profile                  Display timing and memory usage information
      --no-plugins               Whether to disable plugins.
  -d, --working-dir=WORKING-DIR  If specified, use the given directory as working directory.
  -v|vv|vvv, --verbose           Increase the verbosity of messages: 1 for normal output, 2 for more verbose output and 3 for debug

Available commands:
  about                Shows the short information about Composer.
  archive              Creates an archive of this composer package.
  browse               Opens the package's repository URL or homepage in your browser.
  check-platform-reqs  Check that platform requirements are satisfied.
  clear-cache          Clears composer's internal package cache.
  clearcache           Clears composer's internal package cache.
  config               Sets config options.
  create-project       Creates new project from a package into given directory.
  depends              Shows which packages cause the given package to be installed.
  diagnose             Diagnoses the system to identify common errors.
  dump-autoload        Dumps the autoloader.
  dumpautoload         Dumps the autoloader.
  exec                 Executes a vendored binary/script.
  global               Allows running commands in the global composer dir ($COMPOSER_HOME).
  help                 Displays help for a command
  home                 Opens the package's repository URL or homepage in your browser.
  info                 Shows information about packages.
  init                 Creates a basic composer.json file in current directory.
  install              Installs the project dependencies from the composer.lock file if present, or falls back on the composer.json.
  licenses             Shows information about licenses of dependencies.
  list                 Lists commands
  outdated             Shows a list of installed packages that have updates available, including their latest version.
  prohibits            Shows which packages prevent the given package from being installed.
  remove               Removes a package from the require or require-dev.
  require              Adds required packages to your composer.json and installs them.
  run-script           Runs the scripts defined in composer.json.
  search               Searches for packages.
  self-update          Updates composer.phar to the latest version.
  selfupdate           Updates composer.phar to the latest version.
  show                 Shows information about packages.
  status               Shows a list of locally modified packages.
  suggests             Shows package suggestions.
  update               Upgrades your dependencies to the latest version according to composer.json, and updates the composer.lock file.
  upgrade              Upgrades your dependencies to the latest version according to composer.json, and updates the composer.lock file.
  validate             Validates a composer.json and composer.lock.
  why                  Shows which packages cause the given package to be installed.
  why-not              Shows which packages prevent the given package from being installed.
実行ファイルの移動

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

これで、直接 composer で利用できる。

アップデート

念の為、アップデート。


composer self-update
おまけ
インストール時警告

実は上記インストール時に、下記2行目の警告が出ていた。


curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
PHP Warning:  Module 'intl' already loaded in Unknown on line 0
All settings correct for using Composer
Downloading...

Composer (version 1.6.2) successfully installed to: /root/composer.phar
Use it: php composer.phar

これは、php.ini で extension=intl.so をコメントアウトすることで消えたけど
CakePHP3 をインストールする際に intl は必要なはずなので、後ほど試す。

起動時警告

実は上記起動時に、下記2行目の警告が出ていた。


php composer.phar
Do not run Composer as root/super user! See https://getcomposer.org/root for details

あら、Composer って、root で利用してはいけないのね~。

実行ファイルを移動させて、一般ユーザに戻って利用したら
上記警告は出なくなった。

ちなみに、インストールを root でしたせいか
実行ファイルを移動しておかないと、php composer.phar では、実行できず


php composer.phar
Could not open input file: composer.phar

このように怒られた。。。

参考サイト

WinRoad徒然草:さくらのVPSサーバーにLaravelのインストール(2015-03-23)

VBoxManage

Posted by muchag | VirtualBox,Windows | 2017-12-10 (日) 21:43:10

【環境】
VirtualBox グラフィカルユーザーインターフェース: 5.1.24 r117012 (Qt5.6.2)
Windows: 10 Pro
list

Windows コマンドプロンプトより
VirtualBox の現在の設定や情報を取得できる。

vms

登録されている仮想マシン一覧。


"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" list vms
"VirtualMachineName1" {d8c214b5-df18-4cdf-9208-dd7b99fe1778}
"VirtualMachineName2" {48b8dabe-26af-450c-b549-21e226695f4b}
参考サイト

VirtualBox Mania:VBoxManage listコマンド

VirtualBox,Windows | 2017-12-10 (日) 21:43:10 |

Windows10 の画面明るさ調整

Posted by muchag | Windows | 2016-05-20 (金) 15:49:35

【環境】
Windows: 10 Home 64bit
状況

Windows10 の画面はやたら明るい。

2台の PC で、モニタを共有しているので
モニタの明るさ調整は利用できない。

解決方法

Google 先生に質問してみたけど
モニタが PC と分離している場合には
(分離しているのが普通だと思うんだけどな~・・・)
明るさ調整機能がないとか。

なので、グラボのアプリを利用して調整。

デスクトップコンテキストメニュー
[NVIDIA コントロールパネル]
[ディスプレイ]-[デスクトップ カラー設定の調整]
[2. カラーの設定方法を選択します。]-[NVIDIA の設定を使用する]
ここで、[明るさ][コントラスト] を調整することで、少し落ち着いたけど
まだ目がチカチカしている気がする。。。

Windows | 2016-05-20 (金) 15:49:35 |

C ドライブの掃除

Posted by muchag | Windows | 2016-04-14 (木) 15:48:08

気がつけば、C ドライブの空き容量が、0.9G。
え?
何が起きた?
という事態になってから、あれこれ手を打ってきたけど
次回以降もあり得るので、メモ。

【環境】
Windows: Home 64bit SP1
状況

C ドライブは、SSD 128GB。

で、エクスプローラの C ドライブのプロパティで見ると
容量合計は、101GB。

アプリケーションのインストール先は
他のボリュームを指定するように心掛けてきたけど
どうしても C ドライブにもインストールされるものがあるので
膨張し続けている。

Windows ディレクトリ

と、思ったら、意外に Windows ディレクトリの容量が大きかった。
Windows ディレクトリだけで、40GBって。。。

合計容量

あれ?
でも、それでも、C ドライブ直下の全ディレクトリ合計値は
60GB みたい。

あれれ?
(今のところ意味不明)

対応策

今までに行ってきたものも含めて、C ドライブ容量削減手立てメモ。

ダウンロード

ダウンロードして利用する方に夢中になっていて
放置しているファイルがある。

アプリケーション(主にゲーム orz)のインストールファイルなんかは
恐ろしいサイズなので、この辺りを整理。

CBS

意外に場所を取っていたログファイル。

Windows Update が行われた際に、バックアップしてある情報らしい。

削除ではなく、移動が望ましい、との記事を見かけたので
別ボリュームへ退避。

Windows | 2016-04-14 (木) 15:48:08 |

コマンドプロンプト

Posted by muchag | Windows | 2015-05-01 (金) 17:14:37

レイアウト

コマンドプロンプトを利用していて、いつもmログ制限が困るなぁ
(実行結果がズラズラ並ぶと、最初の方は見られない)
と思っていたら、これを変更できる方法があった。

コマンドプロンプト ウィンドウ左上のアイコンをクリック。
[プロパティ]
[レイアウト] タブ
[画面バッファーのサイズ] から変更可能。

Windows | 2015-05-01 (金) 17:14:37 |

tree コマンド

Posted by muchag | Windows,コマンドプロンプト | 2015-03-18 (水) 23:51:59

ちょー便利なコマンドを発見!

【環境】
Windows:7 Home Premium 64bit SP1
状況

今まで、Wordpress へディレクトリ構成を投稿する度に
下記のような書き方をしていた。

(openpne)\plugins\opMyPlugin
◇┣ apps ← アプリケーション格納用
◇┣ lib ← プラグイン独自クラス格納用
◇┣ test
◇┃◇┣ bootstrap
◇┃◇┃◇┣ database.php
◇┃◇┃◇┣ functional.php
◇┃◇┃◇┗ unit.php
◇┃◇┣ fixtures
◇┃◇┃◇┗ test_data.yml
◇┃◇┣ functional
◇┃◇┃◇┣ mobile_frontend
◇┃◇┃◇┃◇┗ skeletonActionsTest.php
◇┃◇┃◇┗ pc_frontend
◇┃◇┃◇◇◇┗ skeletonActionsTest.php
◇┃◇┗ unit
◇┃◇┃◇┗ model
◇┃◇◇◇◇◇┗ SkeletonTest.php
◇┗ dependencies.yml.sample

非常に面倒くさい。。。
 

出力結果

あまりにも面倒なので、何かないか Google 先生へ質問したところ
tree コマンドなるものを見つけた♪

結果はこんな感じ。


├─config
│      filters.yml
│      routing.yml
│
└─modules
   └─like
       ├─actions
       │      actions.class.php
       │
       └─templates
               deleteSuccess.php
               listSuccess.php
               postSuccess.php
               searchSuccess.php

なんと便利な・・・。

ただ、Wordpress の場合は、スペースを抜かれてしまうので
iG:Syntax Hiliter に一役買ってもらって表示。
 

書式
当該ディレクトリ

取得したいディレクトリまで移動すれば、とてもシンプル。


tree

これでコマンドプロンプト上に表示される。
 

ディレクトリ指定

ディレクトリを指定したい場合は、下記の通り。


tree [path to directory]
ファイルも取得

ファイル名も取得したい場合は、オプションを付ける。


tree /f
テキスト保存

テキストファイルに落としたい場合は、下記のように。


tree > result.txt
保存場所を指定

テキストファイルの保存場所を指定したければ、フルパスで記述。


tree > [path to textfile]

tree C:\Users\[username]\Downloads /f > C:\Users\[username]\Documents\result.txt

これで、ダウンロードディレクトリの中身(ディレクトリとファイル)のツリーを
マイドキュメントに result.txt というファイル名で保存。
 

参考サイト

インストラクターのネタ帳
フォルダの階層構造をツリー状に−TREEコマンド
フォルダ構造・ファイル一覧をツリー状に−TREEコマンド

Windows,コマンドプロンプト | 2015-03-18 (水) 23:51:59 |

シンボリック リンク

Posted by muchag | Windows,コマンドプロンプト | 2015-01-01 (木) 15:09:53

長らくプロジェクトディレクトリと作業ディレクトリを分けていて、面倒だな~と思っていた。
今日、突然、「そうだ! シンボリック リンク を張ればいいんでないかしら」と思った。(遅

【環境】
[Windows] 7 Home SP1

グーグル先生に質問をしてみたところ

  • ハードリンク
  • ソフトリンク
    • ジャンクション
    • シンボリック リンク

という種類があるとのこと。

Windows では mklink というコマンドを使うらしい。

1回読んだだけでは、ピンとはこなかったけど
一応ちこっとだけ書き込み。
後々追記。
 

ハードリンク

1つの実態に複数のパスを登録するもの。
1つ目はもちろんデフォルトのパス。
その他に疑似パスを Windows へ登録しておくものみたい。

同一ボリューム上のファイルにのみ有効。
 

ソフトリンク
ジャンクション

同一PC上のフォルダにのみ有効。
 

シンボリック リンク

この機能が実装されたのはWindows Vista/Windows Server 2008以降。
管理者権限 で実行すること。

  1. // ファイルの場合
  2. $ mklink リンク ターゲット
  3.  
  4. // フォルダの場合
  5. $ mklink /D リンク ターゲット

※リンク=虚体、ターゲット=実体

注意点

リンク側を、先に Windows 上で作成してしまうとエラーになる。
ファイルを先に作るようなことはないかもしれないけど、フォルダも作っておいてはいけない。

 

スペース文字

パスを記述する際に、Program Files など、半角スペースの入ったディレクトリ名やらファイル名があると、コマンド実行時にエラーになる。
その時は、パスを “”(ダブルクォーテーション)で括ってやれば OK !

Linux 風

参考サイトを読む限り、下記で上手くいくと思ったんだけど
残念ながら、ダメ だった。。。

寧ろ、Windows 書式のままで読み込んだ。
ん~、前の時は、Windows 書式だとダメだった気がするんだけどな~。

サーバーOS:Linux
ローカルOS:Windows
というときに、パスの書式が異なるので困ることがある。

そういうときは、シンボリックリンクを利用して、Windows 書式を Linux 書式に変換することができる。
便利~♪

  1. // OK
  2. # mklink /d hoge C:\hoge
  3.  
  4. // NG
  5. # mklink /d hoge/moge C:\hoge

但し、/(スラッシュ)は使えないので、対象ディレクトリに名前を付けるイメージ。

参考サイト

+++ 上野メモ帳 +++:WindowsだけどLinux風のパスを使いたい(2010-10-20)

参考元サイト

Windowsでシンボリックリンクを作る
@IT:シンボリック・リンクとジャンクションとハードリンクの違い
 

2015-01-23 追記
削除
  1. // ファイルの場合(未検証)
  2. $ del リンク
  3.  
  4. // フォルダの場合
  5. $ rmdir リンク

※リンク=虚体

でも、普通にGUIで削除してよいらしい。。。(未検証)

Windows,コマンドプロンプト | 2015-01-01 (木) 15:09:53 |
次ページへ »