draw9patch.bat

Posted by muchag | Android | 2011-05-03 (火) 23:06:09

9-patch とは
ボタン等の背景画像を中のコンテンツに合うように
Android が計算して拡大してくれるもの。
縮小には対応していない。

Photoshop を利用する方法

9Patch

draw9patch.bat を利用する方法

HTML でよく利用する飾り枠のイメージ。

①,③,⑦,⑨の四隅にはコーナー画像を配置し
②,④,⑥,⑧の四辺には罫線画像。
罫線画像は⑤に入るコンテンツのサイズに合わせて繰り返してくれる。

記事毎に飾り枠を付けているブログなんかもこの方式のはず。

これを自動でやってくれるのが 9-patch 。
但し、それには以下のような準備が必要。
 

Android/android-sdk-windows/tools/draw9patch.bat

これを起動すると

 
こんな画面になるので

 
[File]-[Open 9-patch…] から
用意した素材ファイルを開く。

 
開くとこんな感じの画面。
右ペインはプレビュー。

用意していた素材ファイルの外周に1ピクセル分追加されている。
この1ピクセルの幅のところに、マウスで印を付けていく。

左クリックで黒い印が付く。
黒い印を右クリックすると印が消える。

 
左辺と上辺の黒い印により
前述の9マスの仕切りとなる。

画面下部の「Show patches」にチェックを入れてやると
黒い印に合わせて9分割されていることがよくわかる。

 
右辺と下辺の黒い印により
中に配置するコンテンツの領域を設定する。

画面下部の「Show content」にチェックを入れてやると
右ペインのプレビューにコンテンツ領域が表示される。

 
以上、私自身はここまで試してみたが
もっとたくさん研究しておられる方のサイトを発見したのでメモ。
明日の鍵:9patchを覚えよう!
 

起動しない

私の環境では残念ながら最初は draw9patch.bat が起動しなかった。
ダブルクリックをすると
左図のような画面が出て、すぐ消えてしまう。

 
で、グーグル先生に質問をしたところ
解決策が載っていた。
Android draw9patch throws NoClassDefFoundError

上記リンク先の Answer にある通り

swing-worker-1.1.jar

を DL して

Android\android-sdk-windows\tools\lib

に入れたら、無事に起動した。
 

参考サイト

TechBooster:チュートリアル:9patchで画像を作る
アシアルブログ:AndroidにおけるLauncherアイコン、背景画像の作り方

Android | 2011-05-03 (火) 23:06:09 |

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment