インストール

Posted by muchag | CakePHP,Eclipse | 2011-05-12 (木) 23:53:47

つい2,3日前に Symfony をインストールして
結構大変だった。

CakePHP はどうかしらん。

【環境】
[CakePHP] 1.3.8
DL

github より
最新安定版 1.3.8.zip を DL 。
(2011-05-12現在)
 

インストール

DL してきた zip ファイルを好きなフォルダに展開して終了。

む? メッサ簡単・・・。

どうやら、CakePHP は、プロジェクト毎にパッケージを1回展開すればよいみたい。

もちろん、根幹部分の共有も可能。
それは追々。
 

ディレクトリ構成

今回は Eclipse をエディタ・デバッガとして利用するのを前提としているので
Symfony のときに合わせて配置。

展開して出てきたフォルダを、今回の練習プロジェクト名 sample と改称し

J:\Eclipse_PDT\cakeprojects\myapp(プロジェクト名)

として。

フォルダ構成はこんな感じ。

myapp
◇┣ app
◇┃◇┣ config
◇┃◇(フォルダいっぱい省略)
◇┃◇┗ webroot
◇┣ cake
◇┃◇┣ config
◇┃◇(フォルダいっぱい省略)
◇┃◇┗ tests
◇┣ plugins
◇┣ vendors
◇┃◇┗ shells
◇┣ .gitignore
◇┣ .htaccess
◇┣ index.php
◇┗ README

 

Web サーバーの設定

XAMPP の Apache に VirtualHost の設定を追加する。

XAMPP ディレクトリ\apache\conf\extra\httpd-vhosts.conf
  1. # Be sure to only have this line once in your configuration
  2. NameVirtualHost 127.0.0.1:8080
  3. # This is the configuration for your project
  4. Listen 127.0.0.1:8080
  5. <VirtualHost 127.0.0.1:8080>
  6.     DocumentRoot "J:\Eclipse_PDT\cakeprojects\myapp\app\webroot"
  7.     DirectoryIndex index.php
  8.     <Directory "J:\Eclipse_PDT\cakeprojects\myapp\app\webroot">
  9.         AllowOverride All
  10.         Deny from All
  11.         Allow from 127.0.0.1
  12.     </Directory>
  13. </VirtualHost>

6,8行目のパスを自分の環境に合わせて webroot までのパスに書き換える。

Symfony のときと違い、Alias の設定はいらないようだ。
 

Home の表示

先ほど VirtualHost で設定したので
http://localhost:8080/
が CakePHP のホーム URL となる。

おー!
まだ色々と警告が出ているけど
ひとまずは無事に表示された。 😎

 

DB の設定

CakePHP フォルダ\config\database.php.default

をコピーして database.php リネーム。
 

CakePHP フォルダ\config\database.php
  1. var $default = array(
  2.     'driver' => 'mysql',
  3.     'persistent' => false,
  4.     'host' => 'localhost',
  5.     'login' => 'user',
  6.     'password' => 'password',
  7.     'database' => 'database_name',
  8.     'prefix' => '',
  9.     'encoding' => 'utf8'
  10. );

こちらを自分の環境に合わせて編集。
84行目は、私が追加した。
 

Security の設定

Security.salt とは、パスワードの暗号化等の際に使用される暗号みたいなもの。

一旦決めて、運用を始めたら 変更してはいけない
既に運用中のものに CakePHP を導入する際は、以前のものに合わせる 必要がある。

と参考サイトにはあるは、「運用開始」とは、いつを指すのだろうか・・・。
きっと変更した時点で認識され、そこから開始なんだろうなぁ。

他にも Security.cipherSeed というのが増えたらしく、こちらも書き換える。

CakePHP フォルダ\config\core.php
  1. /**
  2.  * A random string used in security hashing methods.
  3.  */
  4.     Configure::write('Security.salt', '(適当な半角英数字文字列)');
  5.  
  6. /**
  7.  * A random numeric string (digits only) used to encrypt/decrypt strings.
  8.  */
  9.     Configure::write('Security.cipherSeed', '(適当な半角数字文字列)');

 

パーミッションの設定
app ディレクトリ\tmp

のパーミッションを 777 などとし書き込み可能に。
 

再度 Home の表示

これだ!
1,2,3!

見事オールグリーン。 😎

 
参考元サイト:Awaresoft CakePHP + eclipse開発環境のセットアップ

CakePHP,Eclipse | 2011-05-12 (木) 23:53:47 |

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment