event

Posted by muchag | Google Maps JavaScript API V3 | 2011-07-22 (金) 22:21:39

Google マップに対してユーザがことを起こすと
event オブジェクトが生成される。

Google Code:Google Maps JavaScript API V3 のイベント

種類
  • 状態変化イベント
  • ユーザイベント

API クラス毎に様々なイベントが用意されている。

Google Code:Google Maps JavaScript API V3 リファレンス
 

受け取り

addListener(instance:Object, eventName:string, handler:Function)

Google Code:Google Maps JavaScript API V3 リファレンス MapsEventListener オブジェクトの仕様

第1引数:イベントを受け取るオブジェクト
第2引数:イベント名称
第3引数:イベント処理メソッド
 

  1. /* Map オブジェクトの zoom 値が変更されるイベント */
  2. google.maps.event.addListener(map, 'zoom_changed', function() {
  3.     setTimeout(moveToDarwin, 3000);
  4. });
  5.  
  6. /* Marker オブジェクトが click されるイベント */
  7. google.maps.event.addListener(marker, 'click', function() {
  8.     map.setZoom(8);
  9. });

 

プロパティ
latLng

イベントが発生した位置のカーソルの緯度/経度。

  1. /* Map オブジェクトの zoom 値が変更されるイベント */
  2. google.maps.event.addListener(map, 'click', function(event) {
  3.     var latlng = event.latLng; /* ← クリックされた場所の緯度・経度 */
  4. });
  5.  
  6. /* Marker オブジェクトが click されるイベント */
  7. google.maps.event.addListener(marker, 'click', function(event) {
  8.     var latlng = event.latLng; /* ← クリックされたマーカーの緯度・経度 */
  9. });

 
他にも event オブジェクトのプロパティはあるらしいのだが
ブラウザ依存だそうで、ブラウザによって異なる。

そのため使い辛いようだ。

よって、上述の latLng プロパティですら

  1. var latlng = event.latLng;
  2.  
  3. とはせずに
  4.  
  5. var latlng = this.getPosition();

という記述を奨める記事があった。
おやじプログラマー日記:「GoogleMap API V3」 の使い方その4(イベント)

Google Maps JavaScript API V3 | 2011-07-22 (金) 22:21:39 |

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment