swfファイルのHTMLへの埋め込み

Posted by muchag | Flash,HTML,ガラケー | 2010-06-08 (火) 15:47:08
1.PCサイト

PCサイトについては、Flashでパブリッシュを行う際に
自動的にHTMLファイルを生成してくれるので
基本事項としての注意点はIE問題。

一般的にはobjectタグで埋め込むようだが
IEはそれだと認識しないので
embedタグを併記するというわけだ。

さて、応用としてJavaScriptライブラリの
SWFObject」を利用するパターンもある。
私も実際使っている。

現在は2.0系統になっていて1.0系統とは大きく異なっている。
内容をよく見て、どちらを選ぶかは自分次第だ。

2.0系統には手法が2通り用意されていて
その2≒1.0系統のようだ。

私が実際に使っているのは1.5なので
その手法のみ掲載。

こちら から1.5をDLする。

→解凍後、swfobject.jsをルートディレクトリ作成したjsフォルダ内にUL。
jsフォルダの位置を別のところにしたら、下のパスも随時変更。

→HTMLファイルのheadタグ内に

  1. <script type="text/javascript" src="/js/swfobject.js"></script>

→bodyタグ内に

  1. <div id="FlashExample">
  2.   Flashの再生に失敗したときに表示されるテキスト
  3. </div>
  1. <script type="text/javascript">
  2.    var so = new SWFObject("flash_example.swf", "hoge", "760", "570", "8", "#336699");
  3.    so.write("FlashExample");
  4. </script>

SWFObjectの引数は
(FlashURL, name(自由), 横サイズ, 縦サイズ, FlashPlayerのヴァージョン, 背景色)

以上で出来上がり~♪
ありがたやありがたや。

2.携帯サイト

携帯サイトへswfファイルの再生方法は2つある。

◆インライン再生
HTML文書中に動画オブジェクトとして埋め込みます。
ダイヤルボタンなどでの操作は一切使えません。

◆インタラクティヴ再生
独立したコンテンツとしてフラッシュを再生します。
ダイヤルボタンなどでの操作も出来ます。
・ソフトバンクではインタラクティヴ再生を単体再生と呼んでおります。

引用元:しらぎくのウェブサイト作成入門 携帯電話向けコンテンツでフラッシュを使うには。

そしてHTMLに埋め込む方法だが

インライン再生
  1. <object data="/scripts/sample/3535/sample3535.swf" type="application/x-shockwave-flash" width="180" height="90">
  2.   <param name="bgcolor" value="#000000">
  3.   </param><param name="loop" value="on">
  4.   </param><param name="quality" value="high">
  5. </param></object>

▼objectタグ
data
 SWFファイルのURLを指定します。相対パスでも絶対パスでも指定可能です。
 
type
SWFファイルのMimeTypeを示す文字列「application/x-shockwave-flash」を設定します。
 
width
 横サイズをピクセル値の数値で指定します。
 
height
 縦サイズをピクセル値の数値で指定します。
 
▼paramタグ
bgcolor
 背景色をカラーコードまたはカラーネームで指定します。
 bodyタグでの背景色指定やFlashで指定した背景色よりも優先されます。
 カラーコード例:#000000
 カラーネーム例:red
 
loop
 連続でループ再生するかどうかを「on」「off」で指定します。
 ※「true」「false」での指定はDoCoMoの505iシリーズ、506iシリーズ及びSoftbankでサポートされていません。
 
quality
 再生画質を「high」「medium」「low」のどれかで指定します。
 ※auではサポートされていません。

引用元:携帯サイトをつくろう ケータイFlashをHTMLページ上でインライン再生させるには

インタラクティヴ再生
  1. <object id="FLASH1" declare="declare" type="application/x-shockwave-flash" data="flash.swf">
  2.     <param name="loop" value="on" />
  3.     <param name="quiality" value="high" />
  4. </object>
  5. <a iswf="#FLASH1" href="alternate.html">フラッシュ(非対応端末では静止画像)を見る</a>

・フラッシュは flash.swf
・代替コンテンツは alternate.html
・フラッシュへのID FLASH1

引用元:しらぎくのウェブサイト作成入門 携帯電話向けコンテンツでフラッシュを使うには。

Flash,HTML,ガラケー | 2010-06-08 (火) 15:47:08 |

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment