CLI -> 基本

Posted by muchag | MySQL,コマンドプロンプト | 2015-05-22 (金) 11:41:07

MySQL のコマンドラインからの操作。

【環境】
MySQL:5.5.27
XAMPP:1.8.3
開始

私は MySQL を XAMPP から利用しているので
MySQL も XAMPP 内にある。

コマンドプロンプトを開いたら、下記3種の利用方法がある。

  • そのまま記述(環境変数を登録している場合)
  • MySQL\bin まで cd
  • フルパスで記述
コマンドラインツールの起動
  1. $ mysql -u ユーザ名 -p

これでパスワードの入力を促されるので
パスワードを入力し、認証が通ったら
ツールを利用できるようになる。

  1. mysql>

プロンプトが上記のようになれば、起動成功。

パスワードも含めて起動
  1. $ mysql -u ユーザ名 -pパスワード

-p オプション指定の直後にパスワードを記述する。
スペースを開けずに記述する ところがミソ。

データベースを指定して起動
  1. $ mysql -u ユーザ名 -D データベース名 -p
データベースの選択
  1. mysql> use データベース名
テーブル一覧表示
  1. mysql> show tables
終了
  1. mysql> quit
  2.  
  3. または
  4.  
  5. mysql> \q
書式
文末

SQL 文の最後に ;(セミコロン)を付けること。
なぜって、下記のようにカスケード記述ができるから?

カスケード記述

長い SQL 文を分割して入力できる。

  1. mysql> SELECT a, b, c, d, e FROM table_a, table_b WHERE table_a.id = table_b.table_a_id AND table_a.id = 1;
  2.  
  3. // 途中で Enter キーを押下すると、継続して SQL 文を記述できる
  4. mysql> SELECT a, b, c, d, e(Enter)
  5.     -> FROM table_a, table_b(Enter)
  6.     -> WHERE table_a.id = table_b.table_a_id(Enter)
  7.     -> AND table_a.id = 1;

というわけで、文末にセミコロンを付けないと、永遠に -> が出てくる。 🙄

メモ
コマンドエイリアス
コマンド エイリアス
quit \q
MySQL,コマンドプロンプト | 2015-05-22 (金) 11:41:07 |

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment