Flash Builder 4 -> 文字列と XML の相互変換

Posted by muchag | ActionScript 3.0,Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-18 (日) 4:06:39 | 最終更新:2010-07-25 (日) 2:40:56

文字列から XML オブジェクトへ
  1. var myXML:XML = new XML(String);

このように文字列を XML コンストラクタの引数にするだけ。

但し、XML の属性値、名前、テキスト値はすべて String データ型で表現されているので
後々数値として利用する場合は Number() 関数等で変換してから利用すること。
 

XML オブジェクトから文字列へ

XML オブジェクトまたはXMLList オブジェクトを文字列に変換する場合は
toString メソッド、あるいは toXMLString メソッドを用いる。

両者の違いは、最下層ノードの時に出る。

  1. var myXML:XML =
  2.     <order>
  3.         <item id='1' quantity='2'>
  4.             <menuName>burger</menuName>
  5.             <price>3.95</price>
  6.         </item>
  7.     <order>;
  8.  
  9. trace(myXML.item[0].menuName.toXMLString());
  10.     // <menuName>burger</menuName>
  11. trace(myXML.item[0].menuName.toString());
  12.     // burger

最下層ノードのときだけは、toString メソッドだと当該ノードの値だけを抽出。

<参考元>
ActionScript 3.0 のプログラミング > ActionScript 3.0 の基本データ型およびコアクラス > XML の操作 > XML の型変換

Posted by muchag | ActionScript 3.0,Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-18 (日) 4:06:39 | 最終更新:2010-07-25 (日) 2:40:56

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment