Flash Builder 4 -> DropDownList

Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-21 (水) 22:18:20 | 最終更新:2010-07-25 (日) 2:22:08

DropDownList
spark.components

 

dataProvider

まだ触り初めでよく分からない。

ひとまず XMLListCollection に挑戦。

Tree コンポーネントのときとは違いデータに階層がないせいか、XML だと上手くできなかった。
Flash Builder 4 -> Tree

そこで今回は XMLList スタートにすることで希望通りの結果を得られた。

  1. var myXMLList:XMLList = new XMLList(event.result);
  2. myDropDownList.dataProvider = new XMLListCollection(myXMLList);

 

prompt

prompt プロパティは、selectedIndex = -1 のときに表示されるテキスト。
つまり、ユーザが触れる前なので、ユーザへ誘導文言に使える。

  1. myDropDownList.prompt = "1つだけだよ!";

 

selectedIndex

selectedIndex プロパティは、選択状態にある行番号(0 スタート)を表す。
未選択の場合は -1 。
 

デフォルト値を設定
  1. myDropDownList.selectedIndex = 3;

これで行番号3番(つまり4行目)を選択状態にできる。

  1. for (var i:int = 0; i < myXMLList.length(); i++) {
  2.     if (myXMLList[i].@id == myID) {
  3.         myDropDownList.selectedIndex = i;
  4.     }
  5. }[/as3onfx4]
  6.  
  7. これで変数に合う行を選択行にできる。
  8.  
  9. <div class="flow1">selectedItem</div>
  10. <span class="emphasis_b">selectedItem</span> プロパティには、DropDownList において選択されている箇所のオブジェクトが入っている。
  11.  
  12. dataProvider が XMLListCollection なら、そのノード情報が格納されている。
  13. [as3onfx4]var item:Object = myDropDownList.selectedItem;
  14. var id = item.@id; // 属性値の受け取り方
  15. var hoge = item.hoge; // 子ノードの受け取り方

よって、Tree コンポーネント同様に、上記のようにして情報を受け取ることができる。

Posted by muchag | Flash Builder 4 |
初回投稿:2010-07-21 (水) 22:18:20 | 最終更新:2010-07-25 (日) 2:22:08

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment