PHP5 でクラスの利用 -> 関数とクラスの違い

Posted by muchag | PHP |
初回投稿:2008-01-22 (火) 17:07:01 | 最終更新:2010-07-25 (日) 18:00:28

今回、いよいよ念願の PHP5 の環境を手に入れたのを機会に、
かねてよりの懸案事項であった「オブジェクト指向」に少しだけチャレンジしてみよっかな!

◆まず初めに、以前から気になっていた「関数とクラスの違い」について
個人的には、両者の違いを今一把握できずに足踏みしていた。「パラメータを引き渡して、結果を得る」という点だけ考えれば機能は同じ。
では、何をもって使い分ければよいのか…

今回、この状況を打破すべくググってみると… おー 明快な回答をめっけた!

  データ
保持
データ
処理
変数 ×
関数 ×
クラス
オブジェクト

参考元サイト:最上瞬光 クラスと関数・変数の違い

意味は理解していたけど、こうやって表にしてみるとイメージが深まる。(頭ワル!)
自らの頭の悪さを反省しつつ、つらつら考えてみると
「値を保持し続けられる」
ということは…

例えば
$id とか $sql のような、1つのページで使いまわしそうな変数
を再利用するのに便利、っていうこと?

ん~ やっぱり頭が悪いらしい。
ま~ 使ってみると実感が湧くのかも。
以後の記事に乞うご期待!

2008/01/23 追記

クラスを利用するメリットを検索していたら、よい感じのところを見つけた
PHPのclass、オブジェクト指向プログラミングに関する質問です

Posted by muchag | PHP |
初回投稿:2008-01-22 (火) 17:07:01 | 最終更新:2010-07-25 (日) 18:00:28

Illustrator で、透過処理

Posted by muchag | Illustrator |
初回投稿:2008-01-15 (火) 17:27:36 | 最終更新:2010-07-25 (日) 5:58:59

1.[ファイル]-[Web用に保存] を選択。
2.右側の設定で

[透明部分] にチェックを入れる。
[PNG-24] を指定する。

Posted by muchag | Illustrator |
初回投稿:2008-01-15 (火) 17:27:36 | 最終更新:2010-07-25 (日) 5:58:59

さくらレンタルサーバでの php, pear, pecl などの注意点

Posted by muchag | PHP,さくらインターネット |
初回投稿:2008-01-08 (火) 21:41:34 | 最終更新:2010-06-24 (木) 22:51:56

環境
さくらレンタルサーバ プレミアム
さくらレンタルサーバ ビジネス・プロ

先日、プレミアムの方のサーバコンパネで、PHP のバージョン選択ができるようになっていることに気が付いた。
PHP5 を使いたくて、散々悩んだ挙句にビジネス・プロを申し込んだ途端の出来事・・・ガーン。
ま、色々と勉強になるし、いっかw

さて、標記について、気が付いたことをメモ。
◆◆◆プレミアムでのシェルコマンドについて
TeraTerm ログインして、そのまま %pear などとコマンドを入れると、どうやら PHP4 用のコマンドになるっぽい。
たとえ、上記のサーバコンパネで PHP のバージョンを5に変更していても、だ。
なので、もし、PHP5 用のコマンドを使いたければ

  1. %/usr/local/php-5.2.5/bin/pear

とか

  1. %/usr/local/php-5.2.5/bin/pecl

とする必要があるみたい。
これって、デフォルトを PHP5 用に設定変更する方法があるのかな?

Posted by muchag | PHP,さくらインターネット |
初回投稿:2008-01-08 (火) 21:41:34 | 最終更新:2010-06-24 (木) 22:51:56

PDO -> インストール

Posted by muchag | PHP,困ったTT |
初回投稿:2008-01-07 (月) 23:43:50 | 最終更新:2011-04-17 (日) 19:00:50

PDO(PHP Data Object)は、PHP5 以上で利用可。
PHP5.1 以上では、標準搭載。
よって、利用しようと思ったら、php.ini の編集ですむらしい。

UNIX系の 場合
  1. extension=pdo.so
  2. extension=pdo_mysql.so (この行は、利用するDBにあわせて変更)

 

Windows の場合
  1. extension=php_pdo.dll
  2. extension=php_pdo_mysql.dll (この行は、利用するDBにあわせて変更)

 
もし、PDOのモジュールがインストールされていなければ、シェルコマンドから

  1. %pecl install pdo
  2. %pecl install pdo_mysql (この行は、利用するDBにあわせて変更)

<参考元>
PDOでサクサクDB開発

と、上記サイトにあったのだが・・・
pecl コマンド自体が使えない・・・
さぁ どうする@@

Posted by muchag | PHP,困ったTT |
初回投稿:2008-01-07 (月) 23:43:50 | 最終更新:2011-04-17 (日) 19:00:50

さくらへ PEAR をインストールする 2(ブラウザから)

Posted by muchag | PHP,さくらインターネット |
初回投稿:2008-01-07 (月) 21:50:19 | 最終更新:2015-12-16 (水) 16:29:01

前回の初挑戦のときは、グチャグチャになってしまった。
今回は大分整理できたと思う。
第2回挑戦の今回は、コマンドを一切用いずに、ブラウザからインストールする方法。

環境
さくらレンタルサーバ プレミアム
PHP 5.2.5 (いつのまにか、PHPのVersionを選択できるようになっていた・・・)

1.「go-pear.php」をゲット

http://pear.php.net/go-pear を、「go-pear.php」という名前でファイル保存する。
(あちこちの解説サイトに http://go-pear.org から と書いてあるが、このサイトは本日現在存在しない)

2.「go-pear.php」をUL

ftpソフト(ffftpなど)を用いて、上記のファイルをブラウザでアクセス可能な領域にアップロードする。
例:/home/(アカウント名)/www/install/go-pear.php

3.「go-pear.php」の属性を変更

アップロードした「go-pear.php」の属性を「755」または「705」にする。※どうせなら、ftpソフトの転送設定で、*.php の属性を「755」または「705」にしてしまう方が楽

4.ブラウザで go-pear.php にアクセスする。
5.インストール画面が現れるので、「Next >>」をクリックする。
6.項目設定

現れた1~11のテキストボックスのうち
1. Installation prefix は、Webからアクセスできないディレクトリを指定する。
私は

項目 設定例 備考
1. Installation prefix /home/(アカウント名)/(フォルダ名) 独自設定
2. Binaries directory $prefix/bin デフォルト
3. PHP code directory ($php_dir) $prefix/PEAR デフォルト
4. Documentation base directory $php_dir/docs デフォルト
5. Data base directory $php_dir/data デフォルト
6. Tests base directory $php_dir/tests デフォルト
7. Temporary files directory $prefix/temp デフォルト
8. PEAR Installer cache directory $php_dir/cache デフォルト
9. Cache TimeToLive 300 デフォルト
10. Filename of WebFrontend /home/(アカウント名)/www/(フォルダ名)/(ファイル名).php 独自設定
11. php.exe path, optional (CLI command tools) /usr/local/bin/php 独自設定

※3. PHP code directory ($php_dir) が、pear のインストール先になる。
※11. php.exe path, optional (CLI command tools) は、レンタルサーバによって異なるようだ。
さくらレンタールサーバの場合は、/usr/local/bin/php であると ここ に書いてある。

7.インストール終了

インストールが済むと、3行ほど 「Warning」 が出るが、そのまま以下へ進んでよいらしい。
※このときに、右を指している手のグラフィックに続いて 「Note:」 と書かれた場所に出てくるパスをメモ
上記の例でいくと /home/(アカウント名)/(PEARインストールフォルダ名)/PEAR になる

8.php.ini に設定

最後に php.ini へ、pear のパスを設定する。

include_path=".:/home/(アカウント名)/(PEARインストールフォルダ名)/PEAR"これで、テストで test.php を作成して以下のようなコードを書き

<? php
require_once 'HTTP/Request.php';
?>
サーバへULし、
php.ini を

include_path=".:/home/(アカウント名)/(PEARインストールフォルダ名)"
と編集後、
ブラウザからアクセスしてもエラーがでなくなった。

9.パッケージの追加

2008/01/07 現在
PEAR_Frontend_Web (version 0.7.1) にバグがあるようだ

公式サイトの指示通りに、バグを修正する必要がある。

(pearインストールフォルダ)/PEAR/pearfrontendweb.php

をローカルへDL。

テキストエディタ(xyzzy)などで、
pearfrontendweb.php の61行目
substr(dirname(__FILE__), 0, -strlen('PEAR/PEAR'))

substr(dirname(__FILE__), 0, -strlen('PEAR'))
と編集後、サーバへUL

9-1.パッケージインストール画面の表示

上表の10番で指定したファイルにアクセスする

9-2.パッケージをインストール

出てきたページの最下部にある 「Quick-install a package」 の
テキストボックスにPEARパッケージ名を入力して 「install」 ボタンをクリックするだけでインストール終了。

参考元サイト:コマンドプロンプトを使わないで、さくらへPEARをインストール(Go-PEAR使用)
参考元サイト:大八洲.NET

Posted by muchag | PHP,さくらインターネット |
初回投稿:2008-01-07 (月) 21:50:19 | 最終更新:2015-12-16 (水) 16:29:01

get_browser(ブラウザ判別)

Posted by muchag | PHP |
初回投稿:2008-01-03 (木) 20:25:46 | 最終更新:2010-07-25 (日) 18:05:08

PHP で、ユーザのブラウザを判別する方法として
get_browser
という関数がある。

これを利用するためには、
◆1.Browser Capabilities Project より
php_browscap.ini (本日現在、上から3つ目)
を DL する。

◆2.サーバ上の任意の場所へ UL

◆3.php.ini を編集する
[browscap]
browscap = “/home/(アカウント名)/(自分のフォルダ構成)/php_browscap.ini”
※例は、さくらインターネットの例

◆4.php コードで、
$platform = get_browser(null, true);
print_r($platform);

参考元サイト:PHPでブラウザ判別 – get_browser

Posted by muchag | PHP |
初回投稿:2008-01-03 (木) 20:25:46 | 最終更新:2010-07-25 (日) 18:05:08
« 前ページへ